• 竹硬枕の紹介

    竹で出来た硬枕

    枕というと眠るために使う道具ですが、この硬枕は頸椎の歪みを矯正するために使用します。
    人間は直立二足歩行であり、頭が一番上にあり、頸椎で10kg前後の加重を支えることになります。
    横になっている時以外は、立っているときや座っているときも頸椎は圧迫を受けるので、故障を起こしやすい部分です。

    そこで硬枕を頸頭に当てて仰向けになり、歪んだ頸椎を矯正するのです。
    朝起きるまでの間まで、寝具として使っても良いですが、初めて使う方は、違和感があるかもしれません。
    そのような場合は、最初は10分程度など、短い時間使い、徐々に慣れさせていくと良いでしょう。
    もしも、最初に使ってみて、首の部分が痛いと感じるようであれば、タオルを敷くなどして使うと良いでしょう。

    首にフィットする硬枕を選ぶようにして、薬指に長さを目安に考えます。
    薬指の長さを目安として、薬指の長さが5cmだと、高さ5cm、直径10cm程度の竹の硬枕を使います。
    ただ素材が竹になっているので、完全な円ではなく、多少誤差が生じることもあります。

    最近は日本人の体格が変わってきており、指の長い方が増えてきています。
    そのために、薬指の長さで選んだら、少し枕が大きく、首にフィットしないという事もあります。
    実際に硬枕を使って横になってみたときに、目と耳が一直線上になるような大きさの硬枕が良いです。

    選ぶなら薬指よりも、少し小さいような硬枕を選ぶ方が良いかもしれません。
    購入して実際に使い、大きすぎると調節は出来ませんが、小さければタオルなどを敷くと、高さの調節が出来るので、自分の首にフィットする高さに出来ます。
    タオルを敷くと、枕にクッション性を持たせられる、滑り止めとなり使いやすくなるなどのメリットもあります。

    初めて硬枕を使う方は、首が圧迫されるので、痛みやしびれが発生します。
    使うときはベッドや布団の上でなく、床など枕を置いても沈まないようなところで使います。
    慣れないと硬枕を敷いて仰向けに眠るのが辛く、慣れるまでに半年や数年かかることも多いです。
    慣れると一晩使っても痛みもなく、普通の枕よりも快適に感じるようになります。

    硬枕を使うメリット

    硬枕を使う目的は、日頃から常に圧迫されて、脱臼などのおそれのある頸椎を矯正し、神経機能を改善することです。
    頸椎の中でも、脱臼しやすい1番、中央にある4番、一番下にある7番を整えてくれます。
    頸椎の歪みは、歯や顎の顎関節症とも関係しているので、このような症状を改善するにも効果的です。
    さらには4番の頸椎は、扁桃腺、目や鼻、歯の異常にも効果があります。
    頸椎が歪むと、体の歪みを誘発し、首や肩を歪めて、その部分の筋肉を圧迫することになるので、この硬枕を使って頸椎を矯正すると、肩こりや頭痛改善にも効果が見込めます。


  • 高反発マクラの紹介

    高反発マクラとは?

    高反発マクラは、反発力の高いマクラのことを言い、反発力の低い低反発枕やそば殻のマクラなどとは違います。
    高い反発力で頭や首を支え、それらの形にフィットしながらも、しっかりと支えてくれます。
    他のマクラだと、フィット感などがないことが多いですが、高反発マクラを使用すると、ぴったりとフィットするようになるので、肩や首が楽になったという人が多いです。

    ただし、高反発マクラはあらかじめ形が決まっており、他のマクラのように柔軟に形を変えて首や頭を支えません。
    そのために、自分の首や後頭部の形に合うマクラを選ばないと、いくら高反発でも、頭に馴染まなくなってしまいます。
    十分に吟味して、高反発マクラを選ぶ必要があります。

    首や頭にフィットする高反発マクラとは?

    高反発マクラは、他のマクラと違い、首に当たる部分が盛り上がっている形状です。
    首の部分にフィットするように、このような形となっており、首とマクラの間の隙間を埋められるかどうかが、使うときにはポイントとなります。
    隙間があると、その分首を支えにくくなるので、眠っても快適にはなりません。
    仰向けになったとき、さらには横になったときも、フィットすると首と後頭部の重量を、マクラが分散し、眠りやすくなります。

    マクラが高すぎても、肩の筋肉を緊張させてしまうので、それだけ眠りにくくなります。
    頭をマクラに置いたときに、首や背骨が自然な形になるような高さを選ぶと良いです。
    逆に、首や肩を圧迫するぐらい高すぎるマクラは、眠りにくいでしょう。
    高すぎるマクラは、眠っても呼吸しにくくなるので、やはり熟睡を妨げます。

    いくら高反発マクラが、他のマクラと比べると素材が硬く作られていると言っても、ある程度柔軟性は必要です。
    ほとんどクッション性がないぐらい硬いと、頭を置いても、頭の一部しか支えないので、眠りにくくなり、その一部をマクラが圧迫して痛くなってくることもあります。
    ある程度は弾力性のある高反発マクラが、眠りやすいでしょう。

    頭にフィットしても、寝返りしにくいマクラでは、眠りにくくなってしまいます。
    いくら人間工学に基づき、頭にフィットするように作られた高反発マクラでも、同じ姿勢で30分もいるのは辛いものです。
    人は眠っている間でも寝返りを打って、時々体制や頭の位置を変えています。
    こまめに寝返り出来るマクラが使いやすく、頭をマクラに置いたら左右に動かしやすいと良いでしょう。
    その他にも、通気性が良いか、洗濯できるのかなど、個人の好みの問題で使いやすいかどうか決まる部分はあります。
    もしも高反発マクラを選ぶならば、写真などを見てそのまま選ぶのではなく、実際に一度試しに頭を置いてフィットするか確かめると良いでしょう。


  • 安眠効果をもたらすストレッチの紹介

    ストレッチの必要性

    安眠効果をもたらすストレッチについてですが、そもそも、どうしてストレッチすると体に良いのか、睡眠に良いのかを1つずつ案内させていただきます。

    人によっては、運動などの後にストレッチは行うもの・・・と思っている人も多いでしょうが、ストレッチには次のような効果もありますので、ストレッチは「生活の質を改善する効果がある」ことで有名になっているのです。
    まず、ストレッチを10分前後で行なっていると、「ストレスが低減する」ことが認められています。
    人が抱え込むストレスの多くは、「筋肉に宿る」ことが多いため、使用していない筋肉を使用するストレッチには大きな効果があるとされています。

    しかも、ストレッチを続けていると、「寝付きが良くなる」という利点も発生するのです。
    睡眠の前に体を動かすのは、実はあまり良くないとされている行動の1つです。
    刺激を体に与えると眠気が無くなってしまうこともあるので、ストレッチだけでなく、軽い運動も行なったほうが睡眠の質が向上するのでは・・・、と思い込まないようにしましょう。

    ストレッチは、屈伸のような誰にでもできるもので構いません。
    ヨガのような難度の高いストレッチを要求されているのではなく、肩、腰を上手くしならせて、体全体で「筋肉のしなりを感じる」ことが大事です。

    また、大量の汗をかくようなストレッチは控えてください。
    パジャマなどに汗が付着し、結果的に体の冷えに変わってしまう原因を作っているのと変わらないからです。
    それと、ストレッチを行う際は「スロースペースで疲れない程度」がベストです。
    このように体を動かしていると、睡眠時の体のコリがほぐれやすく、これにより安眠できることが多くなるのです。

    それと、ストレッチ前に「温かいミルク、もしくは生姜湯(しょうがゆ)」を飲むのも効果的です。
    ミルクには神経を鎮静する効果、生姜湯には脂肪燃焼効果があり、健康的な睡眠を体験できる回数が多くなります。

    ストレッチの効果を高める方法

    安眠効果をもたらすストレッチですが、なにも眠る前に布団の上などで行わないといけない・・・、と定められているわけではありません。

    雑誌、サイトなどでストレッチの情報を集めると、前述のような場所、環境でストレッチを行なっていることが多いです。
    ですが、「入浴中に屈伸する」、「散歩を楽しみ、家に到着後屈伸する」という対応でも、体の状態がかなり良くなるとされています。
    また、「音楽を聴きながらのストレッチ」、「アロマテラピーを狙ってアロマを焚いてストレッチ」という対応でも、ストレッチの効果が高まり、結果的に安眠できやすくなると言われているので、このような対応をとってみるのも良いでしょう。


  • 実は安眠を妨げる「ブルーライト」

    ブルーライトの特徴

    ブルーライトの特徴ですが、以下のような「目に働きかける力」が問題視されている、という特徴があります。

    そもそもブルーライトとはなんなのかというと、ブルーライトは「LED照明などに含まれている青色光」のことです。
    ライトの光と同じで、ブルーライトを正確に認識するのは難しく、多くの人はブルーライトの存在そのものを知らずに、LED照明を使用しているケースが多いです。

    しかし、ブルーライトを浴びすぎると以下のような問題が起きてしまうので、近年では、ブルーライト対策が呼びかけられるようになりました。
    ブルーライトの特徴であり問題その1ですが、「目に悪い」ので良くないという指摘が多いです。
    通常のライトよりも、ブルーライトは「多くのエネルギーを内包している」という厄介な光です。
    しかも、目に対して刺痛のようなものは発生しません。

    多くの人は、「目がショボショボする、目の上が少し重いように感じる」程度でしか、ブルーライトを認識できていないのです。
    しかし、ブルーライトを長く浴び続けていると、目が疲れやすくなってしまうため、目のピントを合わせるのが困難になり、ストレスが溜まりやすくなるのです。
    そのため、ブルーライトは「ストレスが溜まりやすく、睡眠にも悪影響を及ぼす」と言われています。

    ブルーライトの問題その2ですが、「体内時計に良くない」という指摘も存在します。
    体内時計とは、定まった時間に対して発生する感覚のことです。
    例えば、睡眠の前に「眠気が発生するのも体内時計のおかげ」と言われていますが、ブルーライトは、そんな体内時計を狂わしてしまうのでは・・・と指摘されているのです。

    また、なぜこれほどブルーライトが注目されているのかというと、それは「スマートフォンの影響」です。
    スマートフォンにもブルーライトは存在し、この影響で人々は安眠できなくなったのではという考えが存在するのです。

    ブルーライトの対策

    ブルーライトの対策ですが、2種類の対策方法が今では有名になっています。

    1つは「ブルーライトの量を減らす」という目的で、テレビ、パソコン、スマートフォンの使用時間を減らすというシンプルな対策です。
    確実に効果がありますので、スポーツなどを楽しむなどして、ブルーライトの量を減らすのは確かに効果的です。

    ですが、このような対応が面倒、もしくは時間の都合でできない・・・という人もいますので、今では「ブルーライトを制限する眼鏡」を使用されている人も増えてきました。
    過去では、「パソコン用眼鏡」として販売されていましたが、今では1000円ほどで買えるパソコン用眼鏡にも、一定数のブルーライトを防ぐ効果があるので、このようなグッズで防ぐという手段(対策)もありでしょう。


  • 安眠効果のあるアロマテラピー

    アロマを利用して安眠へ

    安眠効果のあるアロマテラピーとして、今では人気となっている、安眠効果の高いアロマテラピーを1つずつ案内させていただきます。

    まず、最近では「フランキンセンス」という樹脂の人気が高まっています。
    樹脂というと、臭いが弱いのではと思ってしまう人もいますが、ストレス発散、そして心を鎮静化するのにフランキンセンスは良いとされているのです。

    また、フランキンセンスは「呼吸器系の問題を改善してくれる効果がある」ので、睡眠時無呼吸症候群のように、口、あご、喉などのトラブルで、上手に呼吸できない人の睡眠の質を向上してくれる効果もあります。
    他にも、鼻の通りを良くしてくれるので、睡眠の質を向上させるついでで、フランキンセンスを使っている人もいます。

    安眠効果のあるアロマテラピーで有名なものの中には、「サンダルウッド」があります。
    今では、安眠以外の目的で使用されている人もいますが、サンダルウッドは甘い香りで有名なアロマテラピーに良い香木のことです。
    香木というと、使用すると煙が部屋に充満してしまう・・・と思ってしまう人もいますが、そもそも煙はほとんど立ちませんので安心してください。
    また、「免疫力の強化にも良い香木」として知られているので、体調不良が続く人ほど、サンダルウッドで睡眠の質が変わりやすいです。

    そして、近年では「オレンジスイート」の評価も上がってきました。
    昔から有名でしたが、「ストレス発散で高い効果」があるだけでなく、近年では「消化促進、冷え性の改善」に期待できる柑橘系アロマなため、やわらかな臭いと相まって高い評価を得ている状況となっています。
    安眠には冷え性の対策も大事ですが、オレンジスイートであれば、長時間の使用であってもデメリットがないので、冷え性の対策を真面目に考えている人は、オレンジスイートと相性が良いでしょう。

    そして、今でも睡眠の質を向上させる、ストレス発散で高い人気なのが「ラベンダー」です。
    臭いが好きという人も多く、ラベンダーは「高原のような爽やかさ」という特徴を有しているだけでなく、他にも「リラックス効果、目の疲れ、肩の疲れを解消してくれる効果もある」ので、人気の高いアロマとして、多くの人がアロマテラピーに用いているのです。

    特殊な悩みを解決してくれるアロマ

    近年では、睡眠の質を向上させる目的だけでなく、「ストレス障害と向き合う目的」で、「ゼラニウム」によるアロマテラピーを行う人も増えてきました。

    安眠効果のあるアロマテラピーとしても知られているのですが、ゼラニウムには、「優しい気持ちになれる効果がある」として高い人気を得ています。
    なにより、ゼラニウムは臭いがハッキリしているので、心にしっかりと作用する面も評価が高いです。


  • 途中覚醒の対策

    途中覚醒の原因

    一般的に「年齢が大きな原因」と言われています。
    ですので、年齢の影響で途中覚醒になってしまう人が少なくありません。
    途中覚醒とは、「安眠できずに起きてしまう」ケースが該当するので、年齢を重ねるたびに睡眠の質が下がってしまい、結果的に途中覚醒の原因が増えていくという人も多くいるのです。

    また、途中覚醒になってしまっても、すぐに眠れる人、眠れない人に分かれることが多いです。
    若い人の場合はすぐに眠れるのですが、中高年の方ではすぐに眠れないことが多いというふうに、途中覚醒の後にも悪影響を及ぼす原因として、年齢の問題が良くテレビなどでも取り上げられるようになりました。

    さらに、「体の痛み」も途中覚醒の原因とされています。
    具体的には、首、肩、腰が痛みやすいと途中覚醒になりやすいそうです。
    また、どうして痛みで起きてしまうのかというと、痛みが発生している時間が長い人、長くない人が存在するからです。
    首、肩の痛みが顕著なのですが、若い時はまったくこれらの痛みを感じない人もいます。
    すると寝付きが良いので、途中覚醒してしまう心配が無いのです。

    しかし、寝付きが悪くなってくると、うつ伏せになって寝てしまう、そのために呼吸困難を招いてしまう人も多く、その際には痛みを強く感じる人までいるのです。
    この途中覚醒の原因の厄介なところは、寝姿勢が良くなる寝具でなければ、中々、意識的に問題を解決できないところにあります。

    他にも、「飲酒量、食事量が増えてしまっている」ことも途中覚醒の原因です。
    酒、食事ともに量が多くなるに連れて、「胃の負担が大きくなる」という問題を備えているので注意してください。
    このような問題を放置していると、いきなり胃が荒れやすくなったり、気持ち悪さのせいで途中覚醒が多くなるのです。

    途中覚醒の対策

    途中覚醒の対策ですが、「ホルモンバランス改善が効果的」とされています。

    その中で、特に睡眠に対して良いと言われているのが「メラトニン(睡眠ホルモン)」です。
    メラトニンの分泌を増やすことに成功すると、「自然な形で眠りにつきやすくなる」とされているため、若い頃のような気持ちの良い睡眠を得られるそうです。

    メラトニンを増やす場合ですが、「規則正しい生活」が重要となってきます。
    起床時にはしっかりと日光を浴びるようにする、食事の量が毎回で大きく異ならない、睡眠時に人工的な光(テレビの光など)を浴びないようにする・・・だけで、ホルモンバランス改善に大きな影響を与えられるのです。
    近年では、子どもの途中覚醒も問題視されていますが、これらの問題もテレビ、パソコン、スマートフォンの影響が強いとされています。