• フランスベッドでフレンチカントリーインテリアに

    プロヴァンス風フレンチカントリー

    TR-1HRL7-FBのようなフランスベッドを購入して、プロヴァンス風フレンチカントリーのインテリアを構築する際は、以下のようなポイントに絞って、フレンチカントリーインテリアを仕上げると良いです。

    まず、プロヴァンス風フレンチカントリーについてですが、「マリー・アントワネットの住んでいた宮廷」で愛用されたデザインのことです。
    手彫りのオリーブ、ラベンダーといったモチーフが特徴的なのですが、中には、プロヴァンス風をアレンジしているものもあります。
    ただ、インテリアなどを設置する際の基本については、アレンジするしないに関わらず、大まかに定まっていることが多いとされています。

    第一に、「ホワイトを基調とする」ことが大事です。
    TR-1HRL7-FBも、華やかな柄で有名なフランスベッドとして愛されているので、ホワイトを基調とすることで、フランスベッドの存在感が増します。
    フランスベッドには花に似た鮮やかさがあるので、周りを派手な色合いのもので囲ってしまうと、部屋全体で一体感を生み出すことが難しくなってしまうでしょう。

    第二に、「派手なカラーは薄いピンク、イエロー、ブルーに絞る」ようにしてください。
    ホワイトを基調としたほうが良いのですが、好みで薄いピンクなどを使用しても良いということです。
    ただし、フランスベッドを軸にしたコーディネートを考慮するのであれば、カーテンの色合いを薄いピンクに変える程度に留めたほうが賢明です。
    敷物をピンク色に変えてしまうと、自然と目線が下がってしまうので、その影響で部屋全体を堪能することが難しくなってしまうのです。

    最後に、「家具(インテリア)は丸みを帯びているほど良い」という基本を忘れないでください。
    フランスベッドで人気のTR-1HRL7-FBも、全体的に丸みを帯びている作りになっているので、デザインに対しても全体的な安定感、一体感を求めたほうが良いのです。
    角ばったインテリアを置き過ぎると、違和感が発生することもありますので注意してください。

    グスタヴィアン様式をアレンジしたデザイン

    フランスベッドの中には、GTLGL1-FBのような少し大きくて、無骨さを感じるタイプのデザインも存在します。

    GTLGL1-FBを意識してインテリアを調整する場合は、「シャービーな塗装」に注意を払うと良いでしょう。
    GTLGL1-FBは、「グスタヴィアン様式」で有名なデザインです。
    グスタヴィアン様式とは、フランスのロココ様式に影響を受けて、スウェーデン国王グスタフ三世がロココ様式をアレンジしたデザインのことです。

    また、シャービーな塗装のものをインテリアとして設置するのは、このような雰囲気のものほど、フレンチカントリーインテリアとして相応しいからです。
    絶妙な相性となっており今でも人気なのですが、このような細かいこだわりの中に、インテリアの真髄が隠されているとも言えます。


  • 低反発マットレス

    フランスベッド(低反発マットレス)の特徴

    フランスベッドの低反発マットレスとは、他の低反発マットレスと比較して、「通気性に優れている」という特徴を有しています。

    そのため、ただ低反発なだけでなく、長く使用しても気分が良いという特徴を有しているのです。
    また、使用されているスプリングについても、長く使用できるという評価を得ています。
    スプリングとは、低反発を実現するために使われているものなのですが、スプリングが繊細でなければ、長時間の使用に対応できないこともありますし、寝心地の悪さにつながってしまうこともあるのです。

    そして、フランスベッドの低反発マットレスであれば、通気性に優れているので、臭いなどが長く溜まらないという利点もあります。
    低反発マットレスは長く使うものなので、可能であれば、フランスベッドの低反発マットレスのように、長期間の対応においても問題が無いものを選びたいものです。

    さらに、フランスベッドの低反発マットレスであれば、細かいチェックが入ってから、ようやく販売される形式となっています。
    プロの目で見てチェックしているので、ほんの僅かに問題があるマットレスも見逃しません。
    このような利点も存在するので、今でも高い評価を得ているフランスベッドの低反発マットレスが人気なのです。
    また、低反発フォームと言われている機構にも注目されています。

    低反発フォームとは、ベッド全体で寝心地の良い作りを目指すというもので、最近では、このようなフォームを意識したベッドが日本でも増えています。
    例えば、低反発フォームのベッドであれば、体重が重い人、腰を痛めている人が使ったとしても、ベッドが優しく人を包み込むように重さを分散してくれるので、寝ている間に体の一部が疲れてしまう、痛んでしまうケースが少なくなるのです。
    また、フランスベッドであれば低反発フォームの影響で、寝苦しさを感じることが少ないので、熟睡を意識して利用するベッドとしても人気を集めています。

    その他の特徴

    フランスベッドの低反発マットレスですが、低反発素材はハイテク素材と言われている素材です。

    ハイテク素材とは、ソフト層の素材を言う場合が多いのですが、ソフト層の素材を上手に活かすと、強い圧力がかかった場合でも力の分散が速いのです。
    使用している場合は、ほとんど力の分散が行われている感触もなく、使用している本人にとっては寝心地が良い程度しか感じません。
    また、このハイテク素材は宇宙飛行士の体を守る際に使用されているほどなので、丈夫さでは、中々同等の素材が存在しないほど優れた素材なのです。
    しかも、このような素材を使用しているにも関わらず、料金的にもフランスベッドは良心的な設定です。


  • 睡眠不足と解決方法

    睡眠不足は美容と健康の敵

    睡眠不足が続く生活というのは美容、そして健康の天敵とも言えます。
    活性酸素を除去するための体内機能が衰えてしまうことや、血行不良に陥ってしまい、お肌のターンオーバーにも悪影響が出てしまうことが考えられます。
    お仕事が忙しくてしばらくの間睡眠不足が続いてしまうことがあっても、必ず長時間睡眠がとれるという日を作っていきましょう。

    ゆっくり眠れないことは上記のとおり体内も十分に休ませてあげることができませんので、様々なリスクが出てきてしまうことになります。
    健康な体を維持しながら、美しいお肌を気分していくためには、睡眠が必要不可。

    人間の体は眠っている間に成長ホルモンなどの分泌しているため、このような部分からも内臓機能の活性化やお肌の活性化などに睡眠が大切なのです。
    短時間睡眠を繰り返していくうちに肌荒れが起きてしまう事や、体調不良に陥るのはこういった部分が原因です。
    しっかりと分泌されるためのホルモンや、その他にも神経バランスを司るための様々な分泌物が正常に分泌されなくなってしまいます。

    仕事が忙しくても5分の休憩を大切にする

    仕事が忙しくをして睡眠をとることができないという方であっても、たった5分の休憩で構いませんので取り入れていきましょう。
    この5分の休憩時間に目をつぶるということがとても大切です。
    ゆっくり目をつぶり何も考えないでいる時間を作るだけでも脳が休まるので、内臓にも少なからずメリットを与えることができます。

    常に仕事に追われ人間関係や仕事のことを考えていると脳が休まる時間がありません。
    また何もせず体を休めてあげる時間もありませんので、2時間から3時間の中で一度は5分の休憩をとりいれていきましょう。
    できれば15分から30分の昼寝をすると良いです。

    これだけ短時間の昼寝であっても体と脳は休まっています。
    全く休憩時間を取らないで一気に働いてしまうより、このような短時間の休憩をとりいれていく方が健康と美容には良いです。

    眠る環境を見直して安眠への工夫をする

    少しでも眠い時間を作るのであれば、眠る環境を見直していきましょう。
    自分では気が付いていないだけで寝具の選び方が間違っており、眠っている間に体が疲れているということも考えられます。
    本当に体をしっかりと支えてくれるクッション性があるものや、通気性が良く、必要以上に寝汗をかいてしまわない寝具を選ぶことが大切になります。

    寝具選びは慎重に行った方が良いと言われていますが、やはり健康と美容のためには眠る環境として寝具は最も重要な存在です。
    寒い季節になると毛布を重ねたり、重たい布団をかけて眠る人もいるようですが、布団の上に毛布をかけるといった方法で眠る方が体は暖まります。

    先に毛布をかけるのではなく、毛布を布団の上に乗せてみましょう。
    マットレスに関しては上記したとおり通気性の良いものやクッション性に優れているものを選び、眠っている間に自分の体が沈んでしまう事を防いでください。


  • ショートスリーパーのデメリットについて

    ショートスリーパーに考えられるデメリットとは

    毎日2時間から3時間の睡眠で生活をされている方はショートスリーパーと呼ばれています。
    ショートスリーパーの方は眠っている時間がもったいないという感覚を持っていることも多く、起きている時間にやりたいことを次々にこなしていくといった生活リズムになっているのではないでしょうか。

    ショートスリーパーの方はその分、自分の好きなことができるといったメリットなどありますが、反対に多くのデメリットも含んでいます。
    毎日のように超短時間の睡眠で過ごしてしまうというのは体が十分に休まていない状態が続いてしまいます。
    自分の気持ちそのものが前向きではつらつとしていても、体には疲れが溜まったままになってしまいます。

    適度に長時間睡眠を取り入れながらゆっくり休むということも心がけていきましょう。
    毎日のように超短時間睡眠で生活をすることにより、体内には活性酸素が次々に発生してしまうことなども懸念されます。
    活性酸素が様々な病気の原因になってしまうことがあるため、やはりある程度は睡眠時間を設けて体をゆっくりと休めてあげることが大切になるわけです。

    リズムを作ってぐっすり眠る事も大切

    前述の通り、どんなにショートスリーパーの方でもある程度のリズムを作りながらぐっすり眠るということを意識していきましょう。
    例えば1週間の中で1日だけでも5時間は眠るといったリズムでも構いません。

    日頃から短時間睡眠で生活をしている方は、まとまった時間での睡眠が難しいと感じることもあるでしょう。
    そういった時には3時間で目が覚めてしまっても、そのままベットでゴロゴロしているという過ごし方をすると良いです。
    二度寝や3度寝ができない場合でも、しばらくの間ベッドでゴロゴロ過ごすだけで身体は休まっています。

    また、一度起きて自分の好きなことをしても、その後再びお昼寝などを取り入れていくという方法も良いです。
    睡眠時間には内臓をはじめとして脳なども休んでいるため上記の通り、自分では大丈夫と思っていても短時間睡眠では休まりきれていないということがあります。
    こういった状況を回避していくためにも、ある程度の時間を作ることはとても重要なわけです。

    ショートスリーパーは長年続かない?

    超短時間睡眠を繰り返している方のようなショートスリーパーの生活は、長年続けることは難しいと言われています。
    しかし実際には5年以上にもわたり超短時間睡眠を続けているという人もいますので、絶対に続けられないわけではありません。
    ただしその分、上記の通り、多くのリスクを背負う事になってしまうため、あまりにも身近すぎて睡眠時間での生活は続けない方が良いでしょう。

    人間の体は夜になったら眠り、朝になったら起きるというサイクルが作られています。
    これは基本的に太陽が昇り太陽が沈むリズムと一致しているものですから、しっかり休むことも考えましょう。


  • ロングスリーパーがショートスリーパーになるための眠り方

    ロングスリーパーでも短時間睡眠で満足するには

    ロングスリーパーというのは長時間眠らないと頭がぼーっとしてしまい、行動を起こすことができないなどの特徴があります。
    また、ロングスリーパーの方はアラームをかけていても音に気がつかず遅刻をしてしまうことなどもあるでしょう。

    何よりも眠ることを優先してしまい短時間睡眠で起きるなどということが非常に難しいと言えます。
    しかしこのようなロングスリーパーであっても短時間睡眠で生き生きとした生活をするためには、どうすればよいのでしょうか?
    毎日のように長時間眠ってしまうことによってお仕事などにも支障が出てきてしまいます。

    また、プライベートを充実させるという部分でもある短時間で薬等にあまり活動的に過ごすということも大切になります。
    ロングスリーパーの方が自分の中で長時間眠らないと体がもたないからと思い込んでいますが、そのことがありません。

    実質的に人間の体というのは6時間程度眠れば十分活動できるようになっています。
    まずはリズムを整えながら短時間睡眠でも大丈夫な体を作っていきましょう。

    明るい、うるさいは避けること

    ロングスリーパーの方が短時間睡眠を心がけていくためには、明るい環境と騒々しい環境は避けましょう。
    案外ロングスリーパーの方の場合、明け方近くまでテレビを見ていたりスマホやパソコンなどを触っていて、それから眠りにつくということがあります。

    その後、夕方近くまで長時間眠ってしまい再び目が覚めるとすぐに夕方や夜になってしまうので、またダラダラと過ごして明け方まで起きているといったリズムを繰り返してしまいがち。
    まずはパソコンに触れる時間やスマホに触れる時間、そして電気を点けている時間を減らしていきましょう。
    眠る直前までテレビ、そしてスマホ、パソコンなどを見ていると脳が興奮状態になり、スムーズに眠りにつくのが難しくなります。

    寝る前の1時間程度はこういった電波を受けないように、部屋を暗くして眠る体制に入りましょう。
    最初のうちはなかなか眠ることができませんが、慣れてくるとリズムも整っていきます。

    ショートスリーパーは得をすることが多い

    毎日のように超短時間ともいえる睡眠不足が続いてしまうのは良い事ではありません。
    しかしロングスリーパーの方が睡眠を心がけた生活をすることによって、得に感じる事もたくさんあります。
    朝しっかりと日差しを浴びることによって体内のリズムが整うことや、早い時間から活動することで気持ちがリフレッシュできるという部分などがメリットです。

    また、お洗濯などの家事をはじめとして、その他自分の行動全てにおいて早い時間を意識することで新しい発見もたくさんあります。
    早い時間に起きて買い物に出かけたら安売りをしていて、食品がリズムに購入できたなどというのも一つのメリットになるでしょう。


  • 睡眠とストレス

    眠りと心の関係を知る

    毎日の睡眠というのは健康や美容に対し、とても大切なものです。
    一言で睡眠といっても良質な睡眠をとっていなければ意味がありません。
    例えば良質な睡眠が取れないことでストレスが蓄積されてしまうというケースや、反対にストレスがたまっていると良質な睡眠が取れないというケースまでさまざまです。

    ストレスと睡眠には深い関係があり、こういった関係を意識しながら自分の睡眠を見直してみることも大切。
    良質な睡眠をとるためには、まず環境から整えていかなければなりません。
    テレビがつきっぱなし電気がつきっぱなしといった環境の中で、どんなに長時間眠っていても身体は休まっていません。

    脳そのものが休まらないので体も本当にリラックスした状態が保てず、いつまでも疲れが溜まってしまいます。
    気疲れとも言いますが、このような疲れが蓄積されてしまうことでストレスを感じやすくなることや自律神経のバランスが乱れ精神的な安定を図るのが難しくなってしまうこともあるでしょう。
    より良い睡眠をとるためにはどうすればよいのか、自分なりに対策を練っていく事が大切です。

    ぐっすり眠るとストレスも緩和される

    ストレスと睡眠には深い関係があると言いましたが、ぐっすり眠ることによってストレスは緩和されていきます。
    もちろん前述の通り環境をしっかり整えて、良質な睡眠が取れた時に限ってのことです。
    しっかり眠ることによって、脳や体がリラックスした状態になり疲れとストレスがリセットされます。

    またホルモンバランスや自律神経のバランスなども整っていきますので、こういった部分からもストレスを感じにくく健やかに過ごせるようになるでしょう。
    長時間眠ることがぐっすり眠っているとは限りません。
    短時間であっても深い眠りにつくことができれば、それだけリフレッシュをすることができるのです。

    しかし、ぐっすり眠るというのは簡単なようで案外難しいもの。
    やはり上記の通り環境をしっかり整えて尚且つ精神状態もリラックスしてなければ叶わないこととなってしまいます。
    少しでもストレスを感じてイライラしていたり悩み事を抱えている状態で入眠すると、疲れは取れません。
    そのため、ぐっすり眠るために良い寝具を選ぶことや眠りやすい環境を選び、寝室のコーディネートを変えてみるということも取り入れていきましょう。

    しっかり寝具で眠ることが大切

    お仕事が忙しい方やその他にも疲れきって帰宅し、そのままソファで眠ってしまうなどという方は要注意。
    ぐっすり眠るためには、寝具を使うことが大切なのです。
    ソファーなどで長時間眠っていても体が伸びないまま疲れは溜まってしまいます。

    ベットをはじめとして、布団でも体を伸ばした状態で眠りましょう。
    近年では良質なベッドマットなどもたくさん販売されており、体のことを考えたものがあるので、こういったものを選んで自分の体を守ってあげることが重要になります。
    寝具選びは慎重に行えば行うほど病気をはじめとして、その他に生活リズムの乱れなどを予防してくれます。