• ロングスリーパーがショートスリーパーになるための眠り方

    ロングスリーパーでも短時間睡眠で満足するには

    ロングスリーパーというのは長時間眠らないと頭がぼーっとしてしまい、行動を起こすことができないなどの特徴があります。
    また、ロングスリーパーの方はアラームをかけていても音に気がつかず遅刻をしてしまうことなどもあるでしょう。

    何よりも眠ることを優先してしまい短時間睡眠で起きるなどということが非常に難しいと言えます。
    しかしこのようなロングスリーパーであっても短時間睡眠で生き生きとした生活をするためには、どうすればよいのでしょうか?
    毎日のように長時間眠ってしまうことによってお仕事などにも支障が出てきてしまいます。

    また、プライベートを充実させるという部分でもある短時間で薬等にあまり活動的に過ごすということも大切になります。
    ロングスリーパーの方が自分の中で長時間眠らないと体がもたないからと思い込んでいますが、そのことがありません。

    実質的に人間の体というのは6時間程度眠れば十分活動できるようになっています。
    まずはリズムを整えながら短時間睡眠でも大丈夫な体を作っていきましょう。

    明るい、うるさいは避けること

    ロングスリーパーの方が短時間睡眠を心がけていくためには、明るい環境と騒々しい環境は避けましょう。
    案外ロングスリーパーの方の場合、明け方近くまでテレビを見ていたりスマホやパソコンなどを触っていて、それから眠りにつくということがあります。

    その後、夕方近くまで長時間眠ってしまい再び目が覚めるとすぐに夕方や夜になってしまうので、またダラダラと過ごして明け方まで起きているといったリズムを繰り返してしまいがち。
    まずはパソコンに触れる時間やスマホに触れる時間、そして電気を点けている時間を減らしていきましょう。
    眠る直前までテレビ、そしてスマホ、パソコンなどを見ていると脳が興奮状態になり、スムーズに眠りにつくのが難しくなります。

    寝る前の1時間程度はこういった電波を受けないように、部屋を暗くして眠る体制に入りましょう。
    最初のうちはなかなか眠ることができませんが、慣れてくるとリズムも整っていきます。

    ショートスリーパーは得をすることが多い

    毎日のように超短時間ともいえる睡眠不足が続いてしまうのは良い事ではありません。
    しかしロングスリーパーの方が睡眠を心がけた生活をすることによって、得に感じる事もたくさんあります。
    朝しっかりと日差しを浴びることによって体内のリズムが整うことや、早い時間から活動することで気持ちがリフレッシュできるという部分などがメリットです。

    また、お洗濯などの家事をはじめとして、その他自分の行動全てにおいて早い時間を意識することで新しい発見もたくさんあります。
    早い時間に起きて買い物に出かけたら安売りをしていて、食品がリズムに購入できたなどというのも一つのメリットになるでしょう。


  • 睡眠とストレス

    眠りと心の関係を知る

    毎日の睡眠というのは健康や美容に対し、とても大切なものです。
    一言で睡眠といっても良質な睡眠をとっていなければ意味がありません。
    例えば良質な睡眠が取れないことでストレスが蓄積されてしまうというケースや、反対にストレスがたまっていると良質な睡眠が取れないというケースまでさまざまです。

    ストレスと睡眠には深い関係があり、こういった関係を意識しながら自分の睡眠を見直してみることも大切。
    良質な睡眠をとるためには、まず環境から整えていかなければなりません。
    テレビがつきっぱなし電気がつきっぱなしといった環境の中で、どんなに長時間眠っていても身体は休まっていません。

    脳そのものが休まらないので体も本当にリラックスした状態が保てず、いつまでも疲れが溜まってしまいます。
    気疲れとも言いますが、このような疲れが蓄積されてしまうことでストレスを感じやすくなることや自律神経のバランスが乱れ精神的な安定を図るのが難しくなってしまうこともあるでしょう。
    より良い睡眠をとるためにはどうすればよいのか、自分なりに対策を練っていく事が大切です。

    ぐっすり眠るとストレスも緩和される

    ストレスと睡眠には深い関係があると言いましたが、ぐっすり眠ることによってストレスは緩和されていきます。
    もちろん前述の通り環境をしっかり整えて、良質な睡眠が取れた時に限ってのことです。
    しっかり眠ることによって、脳や体がリラックスした状態になり疲れとストレスがリセットされます。

    またホルモンバランスや自律神経のバランスなども整っていきますので、こういった部分からもストレスを感じにくく健やかに過ごせるようになるでしょう。
    長時間眠ることがぐっすり眠っているとは限りません。
    短時間であっても深い眠りにつくことができれば、それだけリフレッシュをすることができるのです。

    しかし、ぐっすり眠るというのは簡単なようで案外難しいもの。
    やはり上記の通り環境をしっかり整えて尚且つ精神状態もリラックスしてなければ叶わないこととなってしまいます。
    少しでもストレスを感じてイライラしていたり悩み事を抱えている状態で入眠すると、疲れは取れません。
    そのため、ぐっすり眠るために良い寝具を選ぶことや眠りやすい環境を選び、寝室のコーディネートを変えてみるということも取り入れていきましょう。

    しっかり寝具で眠ることが大切

    お仕事が忙しい方やその他にも疲れきって帰宅し、そのままソファで眠ってしまうなどという方は要注意。
    ぐっすり眠るためには、寝具を使うことが大切なのです。
    ソファーなどで長時間眠っていても体が伸びないまま疲れは溜まってしまいます。

    ベットをはじめとして、布団でも体を伸ばした状態で眠りましょう。
    近年では良質なベッドマットなどもたくさん販売されており、体のことを考えたものがあるので、こういったものを選んで自分の体を守ってあげることが重要になります。
    寝具選びは慎重に行えば行うほど病気をはじめとして、その他に生活リズムの乱れなどを予防してくれます。


  • モダンスタイルの寝室

    モダンな寝室はテイストが選べる

    モダンというネーミングを持つお部屋のテイストであっても、様々なコーディネート術があります。
    北欧モダンや和モダン、さらにはカントリーモダンなど好みに合わせて選んでいくことができるでしょう。

    基本的にモダンな空間というのは何が必要なのかといった基礎さえ把握しておけば、その他は自分の好きなテイストに合わせながら寝室を作っていくことができます。
    どうしてもモダンというイメージは高級な家具などを準備すると思っている人もいるようですが、リーズナブルな家具を使いながらさらにDIY を取り入れ、シックで高級ホテルのようなモダン空間を簡単に作ることができます。

    木のぬくもりを使ってシックにまとめる

    モダンな雰囲気を作るのであれば、まずは木のぬくもりをすどんどん取り入れていきましょう。
    木のぬくもりがなければ、モダンな雰囲気と言うには似つかわしくないテイストになってしまいます。
    木を取り入れるのであれば、テーブルやその他家具などが最もベストですので特に寝室のチェストをはじめとして、ベッドフレーム等に木を取り入れると良いでしょう。

    スチールのベッドフレームを選んでしまうと、モダンなイメージではなくビジネススタイルのようなイメージになってしまいます。
    ベッドをはじめとして、その他にもウッドデザインのウォールステッカーや天井飾りを取り入れるのも良いです。

    天井を全体的にウッドデザインにしてしまうと言う人もいるほど、モダンなテイストは人気があります。
    パブリックに関しては出来るだけ差し色を控えて、ブラウンカラーやダークグレーなどを取り入れると良いでしょう。

    曲線をうまく取り入れて照明は暖色系が良い

    モダンな空間を意識する際に欠かすことができないのが曲線になります。
    直線的な家具やデザインばかりではなく、曲線をうまく取り入れることでモダンな空間作りに成功します。
    ここでの曲線というのは例えば、椅子の脚や照明器具その他にも、パブリックなデザインとなってきます。

    直線的なイメージを持つフォトフレームやスポットカバーを用いるより、曲線でのイメージを用いる方が柔らかい雰囲気になるでしょう。
    植物などを取り入れていくのであれば、鉢植えの観葉植物ではなく壁やちょっとしたスペースに垂れ下がるような種類を選ぶのがベスト。
    また照明のカラーには暖色系を取り入れて、ホワイトカラーなどのように明る過ぎるという空間は避けましょう。

    寝室なのでさほど明るいライトは必要ないと言えます。
    カーテンなどに関しても、できるだけブラウンカラーなどを取り入れて全体的に暖かい以上でまとめていきましょう。
    化粧台などに使用する椅子もしっかりと木材を使ったものをセレクトし、シックなイメージでまとめていくと高級宿のような寝室を作ることができます。
    最近は部屋の中に設置することができる水が流れるインテリアも増えているので、こういったものを一部に設置しても良いでしょう。


  • マリンスタイルの寝室

    夏場も過ごしやすいマリンスタイルとは

    マリンスタイルをモチーフとした部屋は清涼感があるため、真夏の暑い季節であっても比較的涼しい感覚で過ごすことができます。
    最近はこのマリンスタイルがとても人気を集めており、寝室などの一部にマリン柄を取り入れるだけでも涼しい雰囲気に変わるため注目されています。

    男性でも女性でもコーディネートしやすく、シンプルなお部屋から小物で飾り活発的に見えるお部屋まで多くのデザインが楽しめます。
    ボーダーの幅に関しては細かなものでも比較的幅の広いものでもマッチするので、このような部分も個人的なセンスを取り入れながらお部屋を飾っていくと良いでしょう。
    全てのアイテムをマリンボーダーで揃えようとしなくても、リーズナブルな方法でコーディネートができるといった特徴もあります。

    マスキングテープでボーダー柄を取り入れる

    壁や家具などお手軽にマリンボーダーのデザインにするのであれば、新しい家具を購入するのではなくマスキングテープを使っていきましょう。
    マスキングテープは100円ショップなどでも販売されているので、好みの幅を選べば良いです。
    このマスキングテープを壁の一面や1部、さらには家具などにボーダーを意識しながら貼り付けるだけで新しい家具を購入した時と同じような雰囲気になります。

    マスキングテープなら剥がすのも簡単だし、色みを変えたいと思ったときにも薄いものから濃いものなど、すぐにチェンジすることができます。
    こちらに関しても幅の広い物や狭いものを準備すれば、家具などの大きさに合わせながら様々な模様を作ることができるでしょう。

    またホワイトカラーやクリームカラーのカーテンなどを購入し、フチにブルーの生地を縫い付けるだけでもおしゃれになります。
    反対にブルーカラーのカーテンを購入して白い生地を縫い付けるといった方法でもよいでしょう。
    バイアステープなどを使えばアイロンだけで簡単にボーダー模様を作ることができます。

    一部に取り入れるだけでも効果抜群

    上記のようにほんの少しの部分にボーダー模様を取り入れるだけでも、マリンテイストなお部屋を作ることができます。
    家具や壁などに工夫を施すことも大切ですが、小さな小物でもマリンボーダーを取り入れていきましょう。
    マグカップをはじめとして、その他キッチンに使用する調理小物などをマリンボーダーで揃えて飾っておけば、とてもオシャレになります。

    全体的な感覚でマリンボーダーを考えていくと費用がかかることも懸念しなければなりませんが、一部に取り入れるのであればとてもリーズナブルに理想的なコーディネートができます。
    また、ボーダーカラーのTシャツなどをリーズナブルに購入し、これをハンガーにかけたものをお部屋の飾りに使うのも良いでしょう。
    本来であれば身につけるものですが、これもインテリアに使えてしまうことでオリジナリティに溢れ、まるで船の中にいるような感覚のおしゃれな家で生活を送ることができます。


  • 和風スタイルの寝室

    和風な寝室には四角いライトカバー

    和風の部屋というのは、私たち日本人にとって最もなじみがあるものです。
    しかし当たり前に思っている和風テイストの部屋であっても、ちょっとした工夫を取り入れるだけで非常におしゃれになります。
    また和風なイメージそのものをアップさせることにもつながります。

    特に寝室というのは和風なイメージを持つことによって落ち着いた空間となり、ゆっくり眠れるメリットもありますので近年では海外の方も和風テイストを家に憧れて取り入れることが多くなりました。
    日本人が海外のテイストを採り入れるように、海外の方も日本のテイストを取り入れているようです。

    和風な寝室を作るのであれば照明に使用するカバーは四角いものを選びましょう。
    カーブを描いたものなどを選ぶと、これだけでは和風からは遠のいてしまいます。
    どうしてもカーブを描いたものを使いたいときには、裸電球を取り囲むように丸い円球状の照明カバーなどを選ぶと良いです。

    障子がなくてもスクリーンで和風な雰囲気を出す

    和風なイメージには障子がつきものですが、近年では障子が設置してある物件などは減りました。
    特に賃貸住宅で障子付というのはとても珍しいことになってしまい、さらには自分で設置するのも難しいでしょう。

    障子がないだけでラフなイメージから遠のいてしまうと考えている人は、ロールスクリーンを上手に使いましょう。
    ブラウンカラーなどのロールスクリーンを取り入れれば障子の代わりに和風な雰囲気を持つことができます。
    もちろんここでは柄などを取り入れるのではなく、無地のロールスクリーンを使ってください。

    柄を取り入れる場合にはホワイトカラーのロールスクリーンに桜のデザインを施すといった工夫などが良いでしょう。
    どこか一つでも和風なアイテムをとりいれたり、デザインを取り入れてあげるだけで純和風の日本茶室のような寝室ができ上がります。
    アンバランスに洋風なデザインなどを取り入れると、まとまりがなくなってしまいますので統一感をしっかりと意識していきましょう。

    角のあるインテリアにこだわると和が作りやすい

    寝室に設置するためのインテリアは、できるだけ角ばったものを選んだ方が良いです。
    曲線美を描いたものに関しては選ぶのが難しく、ハイセンスでなければバランスを取りながらコーディネートするのが難しいためです。

    しかし角のある家具であれば私たちにもなじみがあり、選びやすいといえるでしょう。
    鏡のついた化粧台をはじめとして、ベッドや前述の通り照明に使用するカバー、またこの他にも洋服ダンスなどしっかりと角のあるものを選べば、高級旅館のような和風テイスト気に仕上がり寝室も落ち着いて安らげるくがになります。

    家具を購入する際に価格が気になることがあれば、自分で材料だけを購入し組み立てても良いでしょう。
    リーズナブルな木材で組み立てた家具であっても、木材にオイルステインを塗ることによって深みが増し、和風な寝室にマッチするようになります。


  • アジアンスタイルの寝室

    アジアンスタイルはモチーフが多い

    アジアンスタイルと一言で言っても様々なモチーフがあるので、アイテムも組み合わせやすいといえます。
    アジアンスタイルと言えばリゾーチのビーチを思い浮かべる方も沢山いますが、それだけにこだわる必要はありません。

    アジアンスタイルで寝室をコーディネートするのであれば、まず始めに気をつけなければならないのが蛍光灯は排除するということになります。
    天井からの照明は当然のことその他、お部屋の隅々まで系のを一切排除して間接照明を取り入れていきましょう。

    賃貸住宅の場合には間接照明を取り入れるのが難しいと思ってしまいますが、プラスチックなどでカバーを取り付けるだけで十分おしゃれな間接照明になります。
    基本的なカラーとしてはブラウンカラーにレッドやブルーといった配色が良いでしょう。

    また、ブラウンやレッドに関しては原色ではなく、柔らかい色合いを選んでおくと良いです。
    お部屋を全体的に彩るためのカラーに関しては特に柄がなく、無地のものでも植物などをモチーフにしたものでもマッチします。

    観葉植物で雰囲気アップ

    アジアンテイストでお部屋を飾る際に、ぜひとも取り入れていきたいのが観葉植物。
    実際にリゾート地のインテリア写真などを見ると、必ずといって良いほど飾られています。
    比較的大きな観葉植物を使ってお部屋を全体的にリゾートスタイルにしてみましょう。

    近年ではこまめな手入れの必要がないエアプランツなど出回っています。
    こちらであれば透明のガラス容器などを用いてお部屋に植物を置くことができるので、清潔感がありとてもスタイリッシュにまとめることができます。
    100円ショップなどでもエアプランツが販売されているので、小さなものを複数飾っても良いでしょう。
    家具の下に設置するだけでなく、天井から吊り下げるといった形で飾るのもおしゃれな方法になります。

    さし色は控えめにして統一感を出すとグッド

    上記した以外でアジアンスタイルを取り入れる際に注意したいことは、差し色を控えめにするということになります。
    上でも少し触れたようにブルーやレッドといったカラーを差し色として使う際にもごく一部だけにとどめましょう。
    あちこちに取り入れてしまうと、しつこさが出てしまいます。

    ただし、寝具などに使用する場合には全体的に大きなチェック模様になっているデザインなどもおすすめです。
    壁に関しては特に賃貸住宅の場合、自分で取り替えてしまうのは難しいですがウォールステッカーなどを使って植物のモチーフをあしらうといった方法や、ところどころに編み込んで作られたカゴなどを置くといった方法でテイストに深みを与えることができます。

    アジアンスタイルは前述の通り、バリエーションが豊富ですので、インテリア雑貨などを使いながらどんどん雰囲気を高めていきましょう。
    ドレッサーの上に置く化粧品なども缶やプラスチックではなく、カゴを使うだけでとてもかわいらしいアジアンテイストに変わります。