• 就寝前の冷え対策

    冷えてしまう原因

    就寝前の冷え対策ですが、そもそも原因を知らないと冷え対策を行なっても、冷え対策グッズで体を温めても意味がありません。

    そもそも、なぜ人の体は「眠っている間に冷える人、温まる人」に分類されるのかを考えましょう。
    冷えてしまう人は、そもそも「服装に問題がある」とされています。
    寒いのであれば、体をより温められる状況を作り出せば良いということで、人によっては「分厚い靴下を履いて眠る」人もいます。

    ですが、これはあまり効果的ではない冷え対策なので注意してください。
    人間の体というのは、「靴下などで温めても、眠っている間に冷えてしまう」ことが多いからです。
    靴下には、体の中から出て行く水分(汗など)が付着し、水分が段々と冷やされていくと靴下全体が冷えてしまうというトラブルが発生します。
    なので、着衣を少し温かいものに変える程度は問題ありませんが、手、足を防護する目的で手袋、靴下を履くというのは良くありません。

    他にも、「毎日の睡眠時間」も冷えに影響を与えます。
    毎日の睡眠時間が短いと、体が暖まりにくくなるケースが目立つようになるのです。
    というのも、人間の体というのは新陳代謝のおかげで、体そのものが丈夫なままでいられるからです。

    しかし、毎日の睡眠時間が短い場合は、新陳代謝の低下、そして保温性が不安定となり、結果的に温まらない体になってしまうのです。
    また、「適度に運動している人のほうが保温性が高い」ので、睡眠時間、寝具だけでなく、可能であれば汗をかく習慣も身につけて、グッスリと眠れる毎日を過ごしたほうが良いでしょう。

    冷えてしまう場合の対処法

    色々と試してみても体が冷えてしまうという人は、以下のような対処法も学んでおくと良いです。

    まず、「敷布団は厚めの方が良い」ということを覚えておきましょう。
    敷布団が薄いと、敷布団が冷却されやすくなるため、眠っている間に冷えが全身に伝わっていくケースが多いです。
    なので、「保温性を高めるアルミシート入りシーツ」を、敷布団の下に敷いてみると良いです。

    保温力が数倍になるという代物ではなく、ある程度まで温まると、アルミシート入りシーツが熱を逃さなくなるというもので、効果は6時間前後続くとされています。
    このようなシーツを上手に使うだけでも、冷えの対処が可能となるのです。

    他にも、「布団乾燥機で15分ほど温める」というのも効果的です。
    布団には少しだけ湿気が溜まりやすいため、湿気が溜まっているものと思って温めてみましょう。
    また、乾燥させることでダニの数が激減するケースもあり、これにより、気持ち良く睡眠できるようになったという人も多くいるのです。
    もし、布団乾燥機の効果を高めたい人は、15分ではなく30分ほど温めてみると良いでしょう。


  • レム睡眠・ノンレム睡眠について

    レム睡眠とは

    レム睡眠とは、「夢を見る睡眠状態」と言われることが多い睡眠状態のことです。

    睡眠そのものは、常に安定している、変化がないというケースが少なく、必ず一定時間にレム睡眠、ノンレム睡眠に切り替わるようになっています。
    また、レム睡眠は「熟睡を表す際に用いられることが多い」のですが、それには理由があります。
    例えば、レム睡眠中であればいきなり覚醒してしまうケースが少なく、且つ、体の疲れが癒えていく睡眠状態でもあるからです。
    ノンレム睡眠の場合は、些細な音でも起きてしまう人がいますし、人によって変化が激しいという特徴まで存在します。

    レム睡眠は「記憶を整理している睡眠時間」とも言われます。
    人は1日の間に様々なことを経験しますが、大量の情報はレム睡眠中に整理されているのです。
    そのため、記憶が整理できているわけなのですが、レム睡眠が短く、また途中覚醒(眠っている最中に起きてしまうこと)が多いと、気持ちが不安定になってしまったり、もしくは目覚めが悪く、適切な睡眠を行なったという感覚が弱まってしまうのです。

    他にも、ストレスが溜まっている人は、レム睡眠を一般の人と比べて良く体験できないとされています。
    その影響で、熟睡できないというケースも存在するのです。

    ノンレム睡眠とは

    ノンレム睡眠とは、「大脳を休息させる眠り」と扱われることが多い睡眠状態です。

    また、人間は人間以外の動物と比較して、ノンレム睡眠の時間帯が長いとされています。
    これは、人間のほうが人間以外の動物と比較して、「脳が発達している」ために起きる問題とされているのですが、他にも、不安定な睡眠時間を設けて眠っている人も、自然とノンレム睡眠の時間が長くなりやすいです。

    また、レム睡眠、ノンレム睡眠を繰り返して睡眠状態を維持するのですが、この2つの睡眠パターンがあるのは、「人の中にも野生の感覚が残っている」からと言われています。
    脳が休んでいるノンレム睡眠時は、「筋肉が完全に休んでいるわけではない」という利点があり、ノンレム睡眠の影響で、なにかあった際には起きられるという仕組みになっているのです。

    人間は、今の時代であれば文明の力で、安心できる生活を維持できますが、過去に遡ると完全に安全・・・とは言えない環境で生活していた時もありました。
    そのため、レム睡眠(体を休ませる睡眠)、ノンレム睡眠(脳を休ませる睡眠)でバランスが保たれているという説が存在するのです。

    他にも、睡眠は「7時間以上が好ましい」という考えも存在します。
    7時間を切る睡眠では、レム睡眠、ノンレム睡眠のバランスが良くない影響で、起きた際に眠気が増すことも多くなり、しっかりと起きられないことが多いのです。


  • マットレスの手入れ方法とは?

    手入れ一つで大きく変わるマットレス

    できるだけ長く良い状態で使用するために、以下のポイントに従って、マットレスの手入れを行うようにしてください。

    まず、マットレスの手入れで重要となるのは、「マットレスの上下は、1~3ヶ月で1度の置き換え」というところです。
    この置き換えをしないとどうなるのかというと、段々とマットレスとしての効果が弱まっていきます。
    マットレスは、傷みが少ないようであれば通気性、柔軟性が保たれるという優れた一面がありますので、適度に上下を置き換えたほうが良いのです。
    置き換えることで、マットレスに対して発生している圧力(ベッド使用時に発生している圧力)が変化し、偏った傷みなどを防げるようになります。

    そして、マットレスの置き換えを終えてからは、さらに「ベッドパッドを交換する」ようにしましょう。
    ベッドパッドは、マットレスと比較して消耗品と理解して使用したほうが良いです。
    というのも、マットレスとは違い「いきなり使用感が悪くなってしまう」からです。

    このようになってから手入れしても遅いので、フランスベッドのベッドパッドであっても、しっかりと交換するようにしましょう。
    フランスベッドは丈夫と言われていますが、「素材そのものが丈夫」というだけで、素材に挟まれているものであり、ベッドパッドなどはそれほど丈夫ではないケースも存在します。

    それと、他のベッドと同じで「日光を定期的に当てたほうが使用感が増す」ケースが目立ちます。
    日光の力で「ベッドに含まれる水分量が減り、通気性が増す」だけでなく、湿気を溜め込まない、汚れ(チリ、ホコリ)を溜め込まない、ダニなどが死滅しやすくなるといった利点も発生します。

    なにより、ふかふかのベッドというのは気持ちが良いので、使用感を少しでも高めるために、フランスベッドも日光に当てたほうが良いのです。
    また、このような対応を怠らないでいると、フランスベッドが傷みにくいので、長期使用できるという利点も発生します。

    その他のポイント

    マットレスの手入れには注意点も存在するので、下記の注意点も併せて正確に学んでおいたほうが良いです。

    まず、マットレスの上下を置き換えるについてですが、「頻繁に置き換えても意味が無い」ので注意してください。
    このような対応を繰り返していると、その度にマットレスにもダメージが発生するようになります。
    特に、マットレスは「屈曲に対して弱い」という特性があるので、柔らかい素材という理由で折りたたむのは良くありません。
    曲げた跡が残ってしまうだけでなく、フランスベッドの使用感を悪化させることもあります。

    次に、「マットレスの上で立つ」のもやめてください。
    マットレスは自然と元の状態に戻る作用があるので、小さなシワを上に乗って無くすという行為は不要です。
    このような行為を繰り返していても、マットレスに折り目がついてしまい、本来の性能を発揮できなくなります。


  • 理想の姿勢で快眠へ

    フランスベッドと快眠の関係

    フランスベッドは、「独自の構造の影響で快眠を得られるベッド」と評価されています。

    ですが、具体的にどのような面で優れているのか知らないという人もいるので、今回は、フランスベッドは快眠に対してどのような影響を及ぼすのかを、1つずつ丁寧に案内させていただきます。
    まず、フランスベッドは「三層構造」となっているので、他のベッドと比較しても快眠を得やすいとされているのです。
    三層構造とは、「柔らかい、硬い、柔軟性に優れる」の3点において、優れた性能を発揮する構造になっているという意味です。

    例えば、ベッドが柔らかすぎる場合は「腰を痛めやすい」ので、硬さは必要となります。
    しかし、硬すぎると「寝付きが悪くなる」ので、硬すぎてはいけません。
    そのため緩衝材が必要となり、フランスベッドは柔らかく硬い、しかし緩衝材のおかげでバランスが保たれている三層構造となっているのです。

    他にも、フランスベッドは「ソフト素材がふんだんに使われている」ので、快眠に良いという見方も存在します。
    先ほどの三層構造では、三層構造を成立させる素材、効果の話が出てきましたが、他にも、目に見えない範囲で幾重もソフト素材が使用されているのです。
    これにより、「フランスベッドそのものが傷みにくくなる」ため、長期間の使用であっても、フランスベッドの睡眠が快眠となりやすいのです。

    逆に、段々と横、中央付近が傷みやすい場合、その部分に体が埋まってしまうので体に良くありません。
    寝違いになってしまうこともありますし、息苦しくなって起きてしまう可能性まで出てきます。

    寝姿勢を考慮して作られている

    現代では、科学に基づいたベッドの開発も行われていますが、人間工学を意識したデザインについては、フランスベッドに一日の長があります。

    というのも、フランスベッドは昔から「寝姿勢を考慮していた」からです。
    今では、フランスベッドに使用されている素材として、スプリングが丈夫なもの、よりスプリングとしての効果を発揮する素材に置き換わっていますが、それでも、基本的なデザイン設計に関しては大きく変わっていません。
    昔風の丸みを帯びているもの、キングサイズ以上のフランスベッドも数多く存在します。

    ですが、寝姿勢を正しいものに変えるために、フランスベッドには必ず「支持層」と呼ばれる層が用意されているのです。
    支持層があるので、寝ている最中に体が動いたとしても、体にかかる負荷が変わらないという作りを実現できています。
    また、コイヤーパッド、プレスパームロックといった、支持層に相応しい加工が細かく行われている作りのため、これも快眠に一役を買っている機構と言えます。


  • スプリングの種類

    機能多彩なスプリング

    フランスベッドに使用されているスプリングですが、以下のような種類が存在します。

    まず、有名なスプリングには「高密度連続式コイルスプリング」というものがあります。
    どのような面で優れているのかというと、それは「密度が高い」というところです。
    従来のスプリングと比較して、「約2.5倍という密度を有している」ので、よほどのことがない限り、スプリングそのものが傷んでしまう、外れてしまうということはありません。
    そのため、フランスベッドは安心して長く使えるベッドとして有名なのです。

    また、高密度連続式コイルスプリングであれば、「腰を痛める心配が減る」という面でも評価が上がっています。
    高密度連続式コイルとなっているので、「重さを分散する効果」が高く、睡眠中の寝返りが自然となり、安眠時には安定した姿勢のままでグッスリと眠れるのです。

    他にも、有名なスプリングの種類には、「E-MAX(イーマックス)スプリング」が存在します。
    E-MAXスプリングは、先ほどのスプリングとは違い、「E型状のコイルが使用されている」という特徴があります。
    そのため、高密度連続式コイルスプリングと比較しても、重さを分散する効果が高いため、高密度連続式コイルスプリングと同じで注目されているのです。

    このように、スプリングの種類によって構成が違っていても、フランスベッドは寝心地を追求しているところが同じなので、近年では、生活を考慮していフランスベッドを購入する人が増えているのです。

    その他のスプリング

    スプリングの種類には、「Z-Hi(ゼットハイ)スプリング」というものも存在します。

    Z-Hiスプリングの長所は、「長く使えるスプリング」であることです。
    従来のスプリングは重さを分散させることに力を入れているのですが、Z-Hiスプリングは安定性をとった作りをしています。
    「支持面を2つ、形状は逆Z型状のコイル」となっているため、ちょっとした重さの変化にも即座に対応するという作りなのです。
    これにより長期間の使用であっても、コイルが少しもズレずに機能し続けるため、コイルそのものもまったく傷まないという作りになるのです。

    また、スプリングの中には「マルチラススーパースプリング」のように、ちょっと変わった作りのものも存在します。
    今では、フランスベッドでも良く使われているのですが、マルチラススーパースプリングは「適度の反発力が発生する」作りのスプリングです。
    体をしっかりと支えてくれるため、他のスプリングとは違い、「反発力を感じながら」フランスベッドを利用できますし、なによりもマルチラススーパースプリングは、丈夫、長持ち、経済的という特徴まで有しているのです。


  • フランスベッドでフレンチカントリーインテリアに

    プロヴァンス風フレンチカントリー

    TR-1HRL7-FBのようなフランスベッドを購入して、プロヴァンス風フレンチカントリーのインテリアを構築する際は、以下のようなポイントに絞って、フレンチカントリーインテリアを仕上げると良いです。

    まず、プロヴァンス風フレンチカントリーについてですが、「マリー・アントワネットの住んでいた宮廷」で愛用されたデザインのことです。
    手彫りのオリーブ、ラベンダーといったモチーフが特徴的なのですが、中には、プロヴァンス風をアレンジしているものもあります。
    ただ、インテリアなどを設置する際の基本については、アレンジするしないに関わらず、大まかに定まっていることが多いとされています。

    第一に、「ホワイトを基調とする」ことが大事です。
    TR-1HRL7-FBも、華やかな柄で有名なフランスベッドとして愛されているので、ホワイトを基調とすることで、フランスベッドの存在感が増します。
    フランスベッドには花に似た鮮やかさがあるので、周りを派手な色合いのもので囲ってしまうと、部屋全体で一体感を生み出すことが難しくなってしまうでしょう。

    第二に、「派手なカラーは薄いピンク、イエロー、ブルーに絞る」ようにしてください。
    ホワイトを基調としたほうが良いのですが、好みで薄いピンクなどを使用しても良いということです。
    ただし、フランスベッドを軸にしたコーディネートを考慮するのであれば、カーテンの色合いを薄いピンクに変える程度に留めたほうが賢明です。
    敷物をピンク色に変えてしまうと、自然と目線が下がってしまうので、その影響で部屋全体を堪能することが難しくなってしまうのです。

    最後に、「家具(インテリア)は丸みを帯びているほど良い」という基本を忘れないでください。
    フランスベッドで人気のTR-1HRL7-FBも、全体的に丸みを帯びている作りになっているので、デザインに対しても全体的な安定感、一体感を求めたほうが良いのです。
    角ばったインテリアを置き過ぎると、違和感が発生することもありますので注意してください。

    グスタヴィアン様式をアレンジしたデザイン

    フランスベッドの中には、GTLGL1-FBのような少し大きくて、無骨さを感じるタイプのデザインも存在します。

    GTLGL1-FBを意識してインテリアを調整する場合は、「シャービーな塗装」に注意を払うと良いでしょう。
    GTLGL1-FBは、「グスタヴィアン様式」で有名なデザインです。
    グスタヴィアン様式とは、フランスのロココ様式に影響を受けて、スウェーデン国王グスタフ三世がロココ様式をアレンジしたデザインのことです。

    また、シャービーな塗装のものをインテリアとして設置するのは、このような雰囲気のものほど、フレンチカントリーインテリアとして相応しいからです。
    絶妙な相性となっており今でも人気なのですが、このような細かいこだわりの中に、インテリアの真髄が隠されているとも言えます。