ベッドサイドテーブル選び

こだわりたい寝室の空間

睡眠は1日の中でも最も大きな割合を占める時間です。
そう考えるとベッドルームは快適な空間にしたいものですよね。
中にはベッドがソファ代わりとなっている人も多いはずですし、自分にとって一番くつろげるようにしたいものです。

ベッド自体にこだわるのはもちろんのことですが、ベッドを取り巻く家具にもきちんとこだわっておきたいところ。
そこで、注目したいのが何をかくそうベッドサイドテーブルです。

ちょっと地味なベッドサイドテーブルですが、これなしでは快適なベッドルーム生活は送れません。
例えば、寝る前にちょっとハーブティーを飲みたいなというときにベッドサイドテーブルがなければ床に置くしかありませんよね。

ちょっとしたテーブルがベッドの横にあるだけでかなり便利になるのです。
テーブルがあればベッドサイドでできることも増えますし、何より充実した時間になるはず。

アロマキャンドルを置いて快適な睡眠に入ることもできますし、寝る前に本を読んで収納することだって可能です。
1日の終わりにゆっくり過ごすベッドだからこそ、使いやすいベッドサイドテーブルを選びましょう。

ここに注意してベッドサイドテーブルを選べ

いかにベッドサイドテーブルが便利かについてお話ししましたが、ここで実際にどんなベッドサイドテーブルを選んだらいいのか考えてみましょう。
まずは高さに注意です。
自分のベッドとしっかり合った高さのベッドサイドテーブルじゃないと全てが台無しです。

ベッドに横になった状態で、手を伸ばして楽に届く高さが一番でしょう。
これは実際に自分のベッドでいろいろ動いてみて使いやすい高さを測ってみるのがオススメです。

次にデザインです。
どんなに使いやすくて高さがバッチリなベッドサイドテーブルでも、自分のベッドルームのインテリアにあってなければ台無しです。
ベッドルームの床のカラーや材質、そしてベッドの雰囲気なども考慮して選ぶべきです。

さらに、ベッドサイドテーブルによってはテーブル下部にマガジンラックが付いていたり小物入れが付いていたりするものもあります。
自分がベッドで主にどんなことをするのか、どんな州の王があれば便利かなど考えて選びましょう。

最後に天板のサイズです。
大きすぎても邪魔になりますし、小さすぎても使えないもの。
そうならないためには、ベッドサイドにあると便利なものや、置く予定のあるもの、置きたいものを把握しておくことです。

こういったことを踏まえた上で、自分のベッドルームにバッチリあったベッドサイドテーブルを選んでみましょう。
あるのとないのとでは大違いなベッドサイドテーブル、ぜひお部屋に取り入れてみてください。


コメントは受け付けていません。