レースカーテン

ポイントを抑えた上手な選び方とは?

レースカーテンというと遮光カーテンと一緒に使用する目隠し効果のあるあかるいカーテンという使い方が一般的ですよね。
このレースカーテンなんてどれもみんな同じと思っている人も多いのですが、実は選び方にもいろいろポイントがあるのです。

例えば、一番気になるのは外から自分の部屋が見えにくいかどうかですよね。
部屋を見えにくくするにはやはり暗めのほうがいいのですが、そうすると部屋全体が暗くなりすぎてしまいます。

やはり一番大事なのは遮像性となるのですが、できるだけ光を通す薄い生地で風通しが良いものを選びたいところ。
レースカーテンによっては、外から見えにくいことを売りとしているものもたくさん売っていますのでそういう表示を参考に選ぶのもいいですね。

さらに、外からの見えづらさに加えて、レースカーテンの生地の薄さもこだわりたいところです。
あまりに生地が厚いと、遮像性は高いですが風通しが悪くなり夏場は大変です。
出来るだけ薄くて軽めの生地を選んでおきましょう。

以外に気になるのが手入れのしやすさでしょう。
何と言ってもレースカーテンは白が主流ですから、汚れが目立ちやすいと言えます。
気軽に選択できるような素材のものを選べばいつでも清潔に保てますよね。

レースカーテンを活用してみる

普通に外からの視界を遮断するという使用法以外にも、レースカーテンは活用次第で様々なインテリアに応用可能なのです。
例えば、ベッドの上にレースカーテンを設置することで女性の憧れである天蓋付き風のベッドルームを演出することができます。

天蓋付き風にするためにわざわざカーテンレールを設置してみるのもいいですが、そこまで面倒なことも必要なく単にピンで留めておくだけでもばっちり様になるのがポイントです。
この場合はレースカーテンもデザイン性が高いものを選んだりするとさらにオシャレに決まります。

他にも、ワンルームのお部屋にレースカーテンで仕切りを作ったりすることで簡易的にスペースを分けることができるのでオススメです。
ベッドとリビングはできるだけ区切りたいという人にはオススメのテクニックでしょう。
友達が泊まりに来た時などは目隠し効果もあってプライベート空間を保つこともできます。

この他にも、デザイン違いのレースカーテンを2枚使いしてみたり、遮光カーテンと組み合わせてオシャレな雰囲気にしてみたりと意外と活用度が高いレースカーテン。
暖簾代わりに使ってお部屋の目隠しにも使えますし、アイデア次第でかなりの可能性があります。
ちょっとお部屋の雰囲気を変えたいなと思ったらレースカーテンを変えてみるという選択肢もありではないでしょうか。


コメントは受け付けていません。