• カテゴリー別アーカイブ フランスベットの特徴について
  • マットレスの質と睡眠の関係

    質のよい睡眠は、毎日の生活で大きな役割を持っています。
    人間の体調を整え、その日の疲れを翌日にまで引きずらないようにしてくれるなどをはじめ、脳の整理や体調の管理につながるのです。
    そのため、自分と相性のいいマットレスを購入しておくことが肝心なポイントとなります。
    マットレスに関しては、日本にはフランスベッドという人間の体調面から全てを考えておくことができるベッドのための専門的な会社が存在しています。
    そのため、多様性のあるベッドやマットレスを選ぶときには大きく役に立つのです。
    具体的なやり方としては、いちばん初めに自分で寝たいベッドの大きさに合わせたマットレスを購入することが大切です。
    大きさによっては部屋との関係が少々残念なことにもつながる可能性が高いので、事前に部屋の大きさと眠りたいベッドの大きさに合わせて購入しないと、確実に後悔をする結果となってしまいます。
    シングルのベッドで眠りたいのであればシングルを、セミダブルやクイーンサイズのベッドであればセミダブルやクイーンサイズに添った形でのマットレスを購入しておきましょう。
    購入するときには、幅や広さだけではなく、眠るときの高さを確認しておくことが重要となります。
    あまり高すぎると眠るときに少々ねにくく、寝起きに少々不便を感じるからなのです。
    そのため、自分で寝やすい高さだけではなく部屋の広さを計測し、マットレスの大きさをある程度メモしておきましょう。
    睡眠に大切な眠るときのマットレスの硬さは、スプリングの状態に大きく影響されるのです。
    そのため、フランスベッドでは多数のタイプのスプリングがあるので、スプリングごとの比較を実感してみることで、より自分にあったタイプのスプリングを選ぶことができます。
    マットレスと簡単に市販品を購入し、睡眠の質に対して不満を抱くような結果を招いてはいけません。
    フランスベッドのショールームに出かけて見れば、マットレスの硬さの比較を実感することができるでしょう。
    また、自分の予算内で良質なマットレスを選びたいのであれば、ある程度ショールームの人にマットレスの予算を相談して、サイズや希望の硬さを伝えて選んでもらう方法もあります。
    硬さだけではなく、菌の繁殖に対しても不安を感じる方であれば、相談してみることによって、抗菌仕様のものなどスムーズにマットレスを選ぶきっかけとなるのです。
    信頼性の高いマットレスを作っているフランスベッドだからこそ、納得できる質の高いベッドで睡眠できるようになるでしょう。


  • 寝心地で選ぼう

    自分自身でベッドを選ぶときに考えたいこととして、寝心地があります。
    寝心地を考えるときに気をつけたいこととして、自分自身の寝相が関係しているので、適切に寝心地のいいベッドを選ぶときには、一度自分で実際に寝てみることが大切となるのです。
    自分自身で寝心地のいいベッドを調べるためには様々な方法がありますが、実際に寝てみることによってより適切な寝心地と心地いい目覚めを手に入れられます。
    日本を代表しているベッド会社であるフランスベッドではやわらかいものから硬いものまで多数のマットレスが存在しているので、適切に活用をすることでより納得できる睡眠を実現できるでしょう。
    まず一番大切なこととして、自分でどんな感触のものがいいだろうか、ということです。
    実際に寝るときには様々なタイプがありますが、フランスベッドではオリジナルの技術によって開発された高密度連続スプリングによって、どんな寝姿勢であってもサポートしてくれるマットレスをはじめとして多数の部分で適切に対応することができるものを取り揃えています。
    理想的な寝姿勢によって適切な寝心地と、快適な睡眠環境を約束しているベッドがとりそろっているので、直接触れてみることによって、より安心して快適に寝心地のいい環境を整えることにつながるでしょう。
    地域によっては寝心地を直接試すためのお泊まり会などもあります。
    フランスベッドでは実際に寝心地を試すお試し制度があり、ショールームなどで思う存分ごろ寝して感触を試してから購入することができるため、大変環境がいいと考えられています。
    定期的に地域ごとに体験会などを催しているので、適切にチェックしておき、最良の形で試せるプランなどを確認しておくと、より納得できる環境を整えて質のいい睡眠を実感することができるでしょう。
    フランスベッドのショールームでは、スリープアドバイザーがお客さんのニーズに合わせてどんな寝心地がいいのか、どんな感触のベッドならぐっすり眠れるのかを確認しておくことで、心地いい寝心地で眠れる安らぎの空間に必要なベッドのマットレスや羽根布団などを踏まえて選べます。
    マットレスは会社ごとに異なりますが、どんな会社の種類もそろっているといえるフランスベッドでの心地いい睡眠を実感することで、今まで肩こりや頭痛を感じながら起きていたことや、腰痛がひどいと感じていた部分が解消に導かれるチャンスとなる可能性もあるのです。


  • フランスベッドの特徴

    フランスベッドというと外国資本の会社、海外企業の輸入代理店と思われている方もいるかもしれません。

    ですが、フランスベッドは正真正銘の日本の会社です。
    その歴史は古く、日本にまだまだ洋風の生活スタイルが根づいていなかった、
    昭和20年代までさかのぼります。
    ほとんど全ての方が布団で寝ていた時代といっていいでしょう。
    そのような中で、フランスベッドの創業者である池田實氏がベッドを作ろうと、
    ベッド作りの研究を始めたのです。

    ヨーロッパやアメリカへと渡って、欧米のベッド製造技術を学んだ池田氏はあることに気づきました。
    それは日本と欧米の気候や生活環境の違い、日本人と欧米人との体格の違いです。
    たとえば、欧米人にとって柔らかく心地いいと感じるベッドの硬さが
    日本人にとっては柔らかすぎるといった問題を発見したのです。

    それは長年の畳や布団での生活に慣れているからだけでなく、
    そもそも骨格が違うという体型の違いに由来するものでした。
    そこで、欧米のベッドをそのまま真似て作るのではなく、
    日本や日本人に合うベッド作りを目指すことになります。

    そして、現在のフランスベッドの一番の特徴である「高密度連続スプリングマットレス」は、
    世界でも有数の高温多湿な気候を持つ日本において最適な寝心地をもたらす通気性を備えています。
    欧米の本格的なベッド製造技術を磨き抜いたうえで、
    気候や日本人の寝姿勢に最適なベッドを安心の国内一貫生産で生み出しているのが
    フランスベッドの一番の特徴といえるでしょう。

    もちろん、日本の気候や日本人の体格だけでなく、人間の寝る姿勢にも研究が注がれています。
    フランスベッドが誇る高密度連続スプリングマットレスを用いたベッドは、寝ている間中、
    正しい寝姿勢をキープし、常に快眠をもたらしてくれる構造です。
    正しい寝姿勢をキープできるというのは、仰向け姿勢であっても、
    横向き姿勢であっても、正しい寝姿勢を保ちながら寝返りが打てるという、
    人間の自然な姿勢に沿うことができるというものです。

    人間は寝ている間、無意識のうちに寝返りを打ち、仰向けや横向きの姿勢を繰り返しています。
    そのため、ピンポイントで支えるのではなく、
    面でしっかりと支えて体圧を分散できるものでなければなりません。
    フランスベッドではソフトから硬めのタイプまで様々なタイプを好みに応じて選べますが、
    腰や背中をしっかり支える構造はどれも変わりません。

    日本人の体、日本の気候に合う純日本製のベッドとして、
    多くの人々に支持されているフランスベッドは耐久性やクオリティーに優れた、
    安心で安全なベッド、寝心地に優れたベッドの代表といえるかもしれません。


  • 世界に誇れるフランスベットの魅力

    このフランスベッドは人間が眠るという行動を最大限サポートしている寝具です。
    眠りについて研究に研究を重ねているこちらの会社は、マットレスにもかなりこだわっています。
    最近はメディアでも一時期話題になっていた低反発マットレスが使用されています。
    もともとこの低反発フォームはNASAが開発したもので、ロケットの発射時の衝撃から宇宙飛行士を守るため、座席の緩衝素材として開発されました。
    この低反発フォームにより、マットレスが体にしっかりフィットして、心地良い睡眠を促してくれます。
    また、通常の低反発性のマットレスは気密性が高いため、物によっては蒸れやすいものもあります。
    しかしこちらの商品は通気性も大変良いので、蒸れる心配がありません。
    通気性が高いので、梅雨のジメジメとした時期でも夏場のカラッとした暑さでも比較的快適に過ごすことが出来ます。
    特に夏場は寝苦しい夜が続くと体力を奪われてしまうので、この通気性の良さというのは必要不可欠であると言えるでしょう。
    最近の注目出来る商品は、電動リクライニングベッドです。
    高さを三段階調節することが出来る他、背中と脚部もリクライニング機能があるので、読書やテレビ鑑賞など、その場面にあわせて調節出来ます。
    とりわけ寝る前のリラックスしたひと時を快適に過ごせれば、心地よい睡眠が得られるのでこちらの商品は注目されています。
    また、介護の必要な家族がいるならば、一日のほとんどを過ごすベット空間を快適なものにすることで、生活の質をあげることができ、心身ともに健全に心地よく過ごすうえで助けになることでしょう。
    本人が自分自身でリクライニングを使って寝起きすることが出来るようになると、自主性を失わずにすみ健康をキープする助けになります。
    また、介護をするものにとってもこのベッドがあるだけで日頃の負担が軽減され、より積極的に介護に向き合うことが出来ます。
    ベッドという眠るためのものでありながら生活そのものを助ける要因となりうるのです。
    実は人間は人生の実に三分の一という長い時間を睡眠という行動に充てていると言われています。
    それだけの時間を過ごす空間を快適なものにするのは、賢い選択といえるでしょう。
    快適な睡眠が得られれば、心身ともに健康でいられるだけでなく、健全な思考を保つことが出来ます。
    ストレスの多い環境の中で一日さらされて帰ってくるのですから、自分でそのことを自覚していてもいなくても、体は正直なものです。
    心地良い眠りが得られれば、しっかり免疫力も回復して、爽やかに目覚める事ができ、また新たな活力を得て一日を送ることが出来ます。
    反対に、寝具が合っていないなどの理由で睡眠の質が下がってしまうと一日の活力を奪われ十分な力を発揮することが出来ません。
    こうして考えると生涯にわたって使うものだから、ベットを選ぶようでしたら、是非世界に誇れるフランスベットの魅力を考慮してみるのはいかがですか。


  • 日本人のためのメーカーである、フランドベッド

    社会人になってからは、特に感じるようになったことがあります。
    それは、腰の痛みです。腰が1日中痛いと感じることもあります。
    事務の仕事をするようになったからでしょうか。
    毎日机の上のパソコンに向かって、椅子に座ってキーボードを打つ。ということを、何時間も行っています。

    椅子に長時間座っていて、腰に負担がかかってしまっているのでしょう。
    特に腰が1日中痛いと感じるときには、ゆっくりと眠りたいと思います。
    そして、ゆっくりと眠りたいと思い、夜ベッドに寝転がるのですが、
    なかなか寝付けないことも多々あります。

    そして、寝返りを沢山うっているうちに、気がつくと寝ていることが多いのですが、
    朝起きても疲れが取れていないと感じます。また、腰もなんだか痛いなと思うのです。
    そして、また会社に行き、椅子に座ってキーボードを打つ。という繰り返しなのです。
    ベッドが原因なんでしょうか。ゆっくりと眠ることが出来れば、腰の痛みも和らぐでしょうか。
    昔から愛用をしているベッドなのですが、そろそろ古くなってきましたし、ベッドの見直しをすることにしました。

    世間でも、腰が痛いと感じている人は多いでしょう。
    腰が痛い人向けの、おすすめのベッドはないだろうか。と思いました。
    今まで知らなかったのですが、フランスベットがおすすめとのことです。

    フランスベットとはメーカーとのことなのですが、一体どんな特徴がある商品を販売しているのでしょうか。
    フランスベットですが、日本人の骨格や体形に合わせたマットレスを製造してる会社とのことです。
    同じ人間と言っても、日本人の場合は、欧米人に比べて骨格の大きさや、筋肉の量で劣るとのこと。
    そのため、固めで張りのある、ベッドやマットレスが好きだという方が多いとのことなんです。
    そこで、日本人の感覚に合わせ、日本人の体にしっくり合うマットレスを日本人の手で作っているとのこと。

    さらに、もう1つ特徴があります。
    日本は季節にもよりますが、湿気が多い国です。
    そのため、日本の風土や気候を考えて、例えば1番湿気が多い梅雨時期でも、
    快適に眠れるように、通気性の良い構造になっているとのことです。
    私はいつも週末には、お布団などをベランダに干して、陽にあてるようにしています。
    陽にあてた夜は、お布団の湿気がとれて、快適に眠ることが出来ます。
    しかし、段々とまた湿気てしまうので、段々と週末にかけてお布団が濡れているように感じてきてしまいます。
    通気性の良い構造というのは、お布団が濡れているように感じないのではないでしょうか。

    そして、梅雨時期というのは、週末も雨が降っていることが多いので、
    なかなかお布団のシーツを洗ったり、お布団を干したりすることが出来ないこともあります。
    そんな時にも、通気性の良い構造と言うのは、利点になると思います。
    フランスベットとは、日本人のためのメーカーだと思いました。
    私は、フランスベットに魅力を感じました。
    どんな商品があるのか。詳細を確認したいと思います。