フランスベッドの特徴

フランスベッドというと外国資本の会社、海外企業の輸入代理店と思われている方もいるかもしれません。

ですが、フランスベッドは正真正銘の日本の会社です。
その歴史は古く、日本にまだまだ洋風の生活スタイルが根づいていなかった、
昭和20年代までさかのぼります。
ほとんど全ての方が布団で寝ていた時代といっていいでしょう。
そのような中で、フランスベッドの創業者である池田實氏がベッドを作ろうと、
ベッド作りの研究を始めたのです。

ヨーロッパやアメリカへと渡って、欧米のベッド製造技術を学んだ池田氏はあることに気づきました。
それは日本と欧米の気候や生活環境の違い、日本人と欧米人との体格の違いです。
たとえば、欧米人にとって柔らかく心地いいと感じるベッドの硬さが
日本人にとっては柔らかすぎるといった問題を発見したのです。

それは長年の畳や布団での生活に慣れているからだけでなく、
そもそも骨格が違うという体型の違いに由来するものでした。
そこで、欧米のベッドをそのまま真似て作るのではなく、
日本や日本人に合うベッド作りを目指すことになります。

そして、現在のフランスベッドの一番の特徴である「高密度連続スプリングマットレス」は、
世界でも有数の高温多湿な気候を持つ日本において最適な寝心地をもたらす通気性を備えています。
欧米の本格的なベッド製造技術を磨き抜いたうえで、
気候や日本人の寝姿勢に最適なベッドを安心の国内一貫生産で生み出しているのが
フランスベッドの一番の特徴といえるでしょう。

もちろん、日本の気候や日本人の体格だけでなく、人間の寝る姿勢にも研究が注がれています。
フランスベッドが誇る高密度連続スプリングマットレスを用いたベッドは、寝ている間中、
正しい寝姿勢をキープし、常に快眠をもたらしてくれる構造です。
正しい寝姿勢をキープできるというのは、仰向け姿勢であっても、
横向き姿勢であっても、正しい寝姿勢を保ちながら寝返りが打てるという、
人間の自然な姿勢に沿うことができるというものです。

人間は寝ている間、無意識のうちに寝返りを打ち、仰向けや横向きの姿勢を繰り返しています。
そのため、ピンポイントで支えるのではなく、
面でしっかりと支えて体圧を分散できるものでなければなりません。
フランスベッドではソフトから硬めのタイプまで様々なタイプを好みに応じて選べますが、
腰や背中をしっかり支える構造はどれも変わりません。

日本人の体、日本の気候に合う純日本製のベッドとして、
多くの人々に支持されているフランスベッドは耐久性やクオリティーに優れた、
安心で安全なベッド、寝心地に優れたベッドの代表といえるかもしれません。


コメントは受け付けていません。