日本人のためのメーカーである、フランドベッド

社会人になってからは、特に感じるようになったことがあります。
それは、腰の痛みです。腰が1日中痛いと感じることもあります。
事務の仕事をするようになったからでしょうか。
毎日机の上のパソコンに向かって、椅子に座ってキーボードを打つ。ということを、何時間も行っています。

椅子に長時間座っていて、腰に負担がかかってしまっているのでしょう。
特に腰が1日中痛いと感じるときには、ゆっくりと眠りたいと思います。
そして、ゆっくりと眠りたいと思い、夜ベッドに寝転がるのですが、
なかなか寝付けないことも多々あります。

そして、寝返りを沢山うっているうちに、気がつくと寝ていることが多いのですが、
朝起きても疲れが取れていないと感じます。また、腰もなんだか痛いなと思うのです。
そして、また会社に行き、椅子に座ってキーボードを打つ。という繰り返しなのです。
ベッドが原因なんでしょうか。ゆっくりと眠ることが出来れば、腰の痛みも和らぐでしょうか。
昔から愛用をしているベッドなのですが、そろそろ古くなってきましたし、ベッドの見直しをすることにしました。

世間でも、腰が痛いと感じている人は多いでしょう。
腰が痛い人向けの、おすすめのベッドはないだろうか。と思いました。
今まで知らなかったのですが、フランスベットがおすすめとのことです。

フランスベットとはメーカーとのことなのですが、一体どんな特徴がある商品を販売しているのでしょうか。
フランスベットですが、日本人の骨格や体形に合わせたマットレスを製造してる会社とのことです。
同じ人間と言っても、日本人の場合は、欧米人に比べて骨格の大きさや、筋肉の量で劣るとのこと。
そのため、固めで張りのある、ベッドやマットレスが好きだという方が多いとのことなんです。
そこで、日本人の感覚に合わせ、日本人の体にしっくり合うマットレスを日本人の手で作っているとのこと。

さらに、もう1つ特徴があります。
日本は季節にもよりますが、湿気が多い国です。
そのため、日本の風土や気候を考えて、例えば1番湿気が多い梅雨時期でも、
快適に眠れるように、通気性の良い構造になっているとのことです。
私はいつも週末には、お布団などをベランダに干して、陽にあてるようにしています。
陽にあてた夜は、お布団の湿気がとれて、快適に眠ることが出来ます。
しかし、段々とまた湿気てしまうので、段々と週末にかけてお布団が濡れているように感じてきてしまいます。
通気性の良い構造というのは、お布団が濡れているように感じないのではないでしょうか。

そして、梅雨時期というのは、週末も雨が降っていることが多いので、
なかなかお布団のシーツを洗ったり、お布団を干したりすることが出来ないこともあります。
そんな時にも、通気性の良い構造と言うのは、利点になると思います。
フランスベットとは、日本人のためのメーカーだと思いました。
私は、フランスベットに魅力を感じました。
どんな商品があるのか。詳細を確認したいと思います。


コメントは受け付けていません。