• カテゴリー別アーカイブ 布団選び
  • 布団の寿命について

    寿命が近づいた布団は安らげない

    布団は毎日自分の睡眠のために使用するものですが、この布団も生涯使用することができるものではなく、寿命を迎えて買い替えをしなければならない時がきます。
    布団にはそれぞれで寿命があるため、この寿命をしっかり守りながら使用することが大切です。

    素材によって寿命が違っていますが、多くの場合で布団の寿命は12から15年と言われています。
    しかしこれはあくまでも平均的な寿命であり、使用方法や環境などによって寿命が違ってくるので、日頃からどのような布団の使い方をしているのか、自分で把握しておく必要があるでしょう。
    例えばとても汗かきの体質の人の場合には、平均的な寿命よりも短いタイミングで新しい布団に買い替えた方が良いです。

    たくさん汗をかけばかくほどに布団の素材が多くの皮脂や汗などを吸い取ってしまうため寿命は早くなります。
    また頻繁に天日干しをしていない場合や、十分な洗濯をしていないなどの場合にも素材そのものが劣化してしまうため、寿命が短くなると考えられるでしょう。
    寿命が短くなった布団をいつまでも使用してしまうと、ボリュームがなくなり十分に眠っているはずが、疲れの抜けない状態となってしまうことがあります。

    素材によっては買い換えなくて良いものもある。

    布団の寿命が近づいた場合には新しいものを購入するのが1番の方法となりますが、布団に使われている素材によっては、わざわざ新しいものを購入しなくても素材をプラスするだけで引き続き使用することができるものもあります。
    例えば羽毛布団などは、寿命が近づくと布団の弾力がなくなりますが、ボリュームが少なくなってきた際には中に入っている羽毛をプラスすることで再びボリュームが出て、新品同様に使うことができます。

    そのため何度でも羽毛を足しながら長年使用することができるでしょう。
    一方で綿を使用したタイプの布団などの場合には、綿を加えることでもちろん使えますが、古くなった綿は弾力がなくなっているため新しい綿を加えるだけではすぐに弾力がなくなってしまうような傾向にあります。

    かといって新しい綿を詰めて交換するには多くの費用が必要になってしまうため、新しい布団を購入した方が良いのかもしれません。
    このように、布団によって様々な素材があるため、素材に合わせて買い替えをするのか、新たに素材を加えてそのまま使い続けるのかを考えた方が良いでしょう。
    布団の寿命があることを知っておけば、いつまでもボリュームがなくなった布団を使用してしまうこともありません。

    なかには、天日干しなどもせず、特に布団乾燥機を使用することもなく、ボリュームがなくなった布団をいつまでも使用している人がいますが、このような布団を使用してしまうのは体の為に良くありませんし、衛生的な部分でも良いこととは言えないので、健康的な身体を維持していくためにも布団には細かな配慮を配り、定期的に天日干しをしながら可能な限り長い寿命で使うことができるように心がけていきましょう。


  • 布団のお得な洗い方

    自宅で洗うのは難しい

    どのような布団であっても自宅で洗うのは非常に難しいと言えます。
    最近は洗濯機で洗うことが可能な布団が販売されるようになりましたが、自宅の洗濯機の大きさによっては洗うことが難しくなってしまうため、コインランドリーなどで洗うということもあるでしょう。

    もちろんこのように洗うことが可能なお布団であればコインランドリーで洗うことも悪くはありませんが、本当に布団のことを考えているのであれば、自分で洗うよりも専門科に任せるのが良いと言えます。
    布団の素材によって水洗いができるものとそうではないものがありますが、本来水洗いが出来ない布団を洗ってしまうようなことがあれば、布団に使用されている素材が劣化してしまい、寿命が短くなってしまいます。

    またこの他にも十分に乾かすことができず布団の内側で細菌の繁殖が促進されてしまったりするようなこともありますので、安心して毎日の睡眠をとるためにも専門科に頼むことや、十分な乾燥が行える環境の中で布団を洗うことを考えましょう。

    洗剤についても注意する必要がある。

    コインランドリーなどで布団を洗う際には、日頃洗濯に使っている洗剤を使用してしまう事がありますが、布団の素材によっては使えない洗剤などがあります。
    特に漂白剤が使われている洗剤を使用してしまうと十分にすすぎで洗い流すことができず、布団を使用していく中でお肌への悪影響が出てしまうようなこともあるので注意しなければなりません。

    また柔軟剤を使用すると、洗い上がりはとてもふんわりと柔らかくなりますが、布団の表面に柔軟剤の成分が付着してしまうこととなるため、体が痒くなったりするようなこともあります。
    布団を洗う際には洗剤に注意するのはもちろん、布団に使われている素材が劣化しないように気をつけることが大切です。

    無理に自分で洗ってしまえば劣化が進んでしまい新しく布団を買い換えなければならないような状況にもなりかねませんので、注意しなければなりません。
    前述の通り、無理をするのではなく難しいと感じた時には正しい方法で布団を洗濯してくれる業者に依頼するのが良いでしょう。

    布団を洗うことはもちろん大切ですが、それ以外にも十分な天日干しをすることが何よりも大切になります。
    そのためのタイミングを考えるのはもちろん、途中で雨が降ってきてしまうようなことがあると困りますので、万が一十分な天日干しができないような場合には、ある程度天日干しをした後、布団乾燥機で十分に乾かしましょう。

    そして翌日などに改めて天日干しをした方が良いです。
    布団の表面を洗って汚れを落とすことができても、布団の内部の綿部分に多くの細菌などが残っていれば、いつまでも不衛生な状態となってしまいますので注意が必要です。


  • 種類・特性

    自分に合う形を見つける事が大事

    毎日体を休めるために布団に入りますが、ここで重要なのは枕の存在です。
    枕と一言で言っても様々な形があり、使用されている素材についても種類が豊富になっています。
    まず枕の形についてですが、近年は低反発タイプの枕などが人気を集めており、ウェーブ状の形状になった枕を頻繁に見かけるようになりました。

    この他にもオーソドックスな四角い形の枕も根強い人気を誇っています。
    また枕の中心がへこんでいて、頭を乗せた際に後頭部がしっかりと安心するような枕も販売されています。
    さらにはダブルサイズで大きな枕も人気を集めており、この大きな枕で寝るのが大好きだという人もいるようです。
    このほか、型崩れを防ぐために複数の形に分けられた縫い目があるようなタイプの枕もあります。

    それから抱き枕と呼ばれているような枕の場合には本当に様々な形があり、頭を乗せる部分と足の間に挟む部分が細長くなっているような形状です。
    このように枕の形には様々なものがあり、また種類の複数に分かれているため、同じ形状の枕であっても自分に合っているとは限りません。
    気に入った枕の形があれば、同じ種類の枕を購入した方が良いでしょう。

    寝心地が悪くなったら新しいものに変える

    枕には上記のように様々な形がありますが、それ以外にも種類が豊富になっているため、自分の首の高さにフィットする物を選ばなくてはなりません。
    例えば同じ素材が使われている枕であっても内容量が違っているだけで首にかかる負担が大きくなったり、軽減されたりもするので、このようなポイントに注目した上で枕選びを行うようにしましょう。

    枕のデザインそのものについては、カバーをかぶせてしまえば表面から見えなくなりますので、あまりこだわる必要はありません。
    上記したように、一人で眠るタイプの枕と本来は2人で眠るために販売されているダブルサイズ枕などがありますが、こうした種類の枕を使い分けるという人もいます。
    その日の気分によって使い分けたり、首に疲労感がある際には低反発の枕を使用するなどという人もいるようですが、このような枕の使い分けというのは頚椎への負担を軽減させるためにはとても良いことと言えるでしょう。

    反対に枕の種類が変わってしまうと眠れなくなってしまうなどの人の場合には、旅行に出かけると睡眠不足になってしまうため、日頃から自分が使っている枕と持っていくと言う人もいるようです。
    様々な枕がある中で自分にぴったりと合うものを見つけるのは大変かもしれませんが、それだけ枕には重要性があるということをしっかり熟知した上で、枕選びを行う際には実際に手に取り選ぶようにしましょう。

    通販などで購入する際にも使用されている素材などを十分に確認し、口コミやレビューがあれば、こうしたものを参考にしていくと良いでしょう。