布団のお得な洗い方

自宅で洗うのは難しい

どのような布団であっても自宅で洗うのは非常に難しいと言えます。
最近は洗濯機で洗うことが可能な布団が販売されるようになりましたが、自宅の洗濯機の大きさによっては洗うことが難しくなってしまうため、コインランドリーなどで洗うということもあるでしょう。

もちろんこのように洗うことが可能なお布団であればコインランドリーで洗うことも悪くはありませんが、本当に布団のことを考えているのであれば、自分で洗うよりも専門科に任せるのが良いと言えます。
布団の素材によって水洗いができるものとそうではないものがありますが、本来水洗いが出来ない布団を洗ってしまうようなことがあれば、布団に使用されている素材が劣化してしまい、寿命が短くなってしまいます。

またこの他にも十分に乾かすことができず布団の内側で細菌の繁殖が促進されてしまったりするようなこともありますので、安心して毎日の睡眠をとるためにも専門科に頼むことや、十分な乾燥が行える環境の中で布団を洗うことを考えましょう。

洗剤についても注意する必要がある。

コインランドリーなどで布団を洗う際には、日頃洗濯に使っている洗剤を使用してしまう事がありますが、布団の素材によっては使えない洗剤などがあります。
特に漂白剤が使われている洗剤を使用してしまうと十分にすすぎで洗い流すことができず、布団を使用していく中でお肌への悪影響が出てしまうようなこともあるので注意しなければなりません。

また柔軟剤を使用すると、洗い上がりはとてもふんわりと柔らかくなりますが、布団の表面に柔軟剤の成分が付着してしまうこととなるため、体が痒くなったりするようなこともあります。
布団を洗う際には洗剤に注意するのはもちろん、布団に使われている素材が劣化しないように気をつけることが大切です。

無理に自分で洗ってしまえば劣化が進んでしまい新しく布団を買い換えなければならないような状況にもなりかねませんので、注意しなければなりません。
前述の通り、無理をするのではなく難しいと感じた時には正しい方法で布団を洗濯してくれる業者に依頼するのが良いでしょう。

布団を洗うことはもちろん大切ですが、それ以外にも十分な天日干しをすることが何よりも大切になります。
そのためのタイミングを考えるのはもちろん、途中で雨が降ってきてしまうようなことがあると困りますので、万が一十分な天日干しができないような場合には、ある程度天日干しをした後、布団乾燥機で十分に乾かしましょう。

そして翌日などに改めて天日干しをした方が良いです。
布団の表面を洗って汚れを落とすことができても、布団の内部の綿部分に多くの細菌などが残っていれば、いつまでも不衛生な状態となってしまいますので注意が必要です。


コメントは受け付けていません。