• カテゴリー別アーカイブ 寝室インテリアの種類
  • フランスベッドでフレンチカントリーインテリアに

    プロヴァンス風フレンチカントリー

    TR-1HRL7-FBのようなフランスベッドを購入して、プロヴァンス風フレンチカントリーのインテリアを構築する際は、以下のようなポイントに絞って、フレンチカントリーインテリアを仕上げると良いです。

    まず、プロヴァンス風フレンチカントリーについてですが、「マリー・アントワネットの住んでいた宮廷」で愛用されたデザインのことです。
    手彫りのオリーブ、ラベンダーといったモチーフが特徴的なのですが、中には、プロヴァンス風をアレンジしているものもあります。
    ただ、インテリアなどを設置する際の基本については、アレンジするしないに関わらず、大まかに定まっていることが多いとされています。

    第一に、「ホワイトを基調とする」ことが大事です。
    TR-1HRL7-FBも、華やかな柄で有名なフランスベッドとして愛されているので、ホワイトを基調とすることで、フランスベッドの存在感が増します。
    フランスベッドには花に似た鮮やかさがあるので、周りを派手な色合いのもので囲ってしまうと、部屋全体で一体感を生み出すことが難しくなってしまうでしょう。

    第二に、「派手なカラーは薄いピンク、イエロー、ブルーに絞る」ようにしてください。
    ホワイトを基調としたほうが良いのですが、好みで薄いピンクなどを使用しても良いということです。
    ただし、フランスベッドを軸にしたコーディネートを考慮するのであれば、カーテンの色合いを薄いピンクに変える程度に留めたほうが賢明です。
    敷物をピンク色に変えてしまうと、自然と目線が下がってしまうので、その影響で部屋全体を堪能することが難しくなってしまうのです。

    最後に、「家具(インテリア)は丸みを帯びているほど良い」という基本を忘れないでください。
    フランスベッドで人気のTR-1HRL7-FBも、全体的に丸みを帯びている作りになっているので、デザインに対しても全体的な安定感、一体感を求めたほうが良いのです。
    角ばったインテリアを置き過ぎると、違和感が発生することもありますので注意してください。

    グスタヴィアン様式をアレンジしたデザイン

    フランスベッドの中には、GTLGL1-FBのような少し大きくて、無骨さを感じるタイプのデザインも存在します。

    GTLGL1-FBを意識してインテリアを調整する場合は、「シャービーな塗装」に注意を払うと良いでしょう。
    GTLGL1-FBは、「グスタヴィアン様式」で有名なデザインです。
    グスタヴィアン様式とは、フランスのロココ様式に影響を受けて、スウェーデン国王グスタフ三世がロココ様式をアレンジしたデザインのことです。

    また、シャービーな塗装のものをインテリアとして設置するのは、このような雰囲気のものほど、フレンチカントリーインテリアとして相応しいからです。
    絶妙な相性となっており今でも人気なのですが、このような細かいこだわりの中に、インテリアの真髄が隠されているとも言えます。


  • モダンスタイルの寝室

    モダンな寝室はテイストが選べる

    モダンというネーミングを持つお部屋のテイストであっても、様々なコーディネート術があります。
    北欧モダンや和モダン、さらにはカントリーモダンなど好みに合わせて選んでいくことができるでしょう。

    基本的にモダンな空間というのは何が必要なのかといった基礎さえ把握しておけば、その他は自分の好きなテイストに合わせながら寝室を作っていくことができます。
    どうしてもモダンというイメージは高級な家具などを準備すると思っている人もいるようですが、リーズナブルな家具を使いながらさらにDIY を取り入れ、シックで高級ホテルのようなモダン空間を簡単に作ることができます。

    木のぬくもりを使ってシックにまとめる

    モダンな雰囲気を作るのであれば、まずは木のぬくもりをすどんどん取り入れていきましょう。
    木のぬくもりがなければ、モダンな雰囲気と言うには似つかわしくないテイストになってしまいます。
    木を取り入れるのであれば、テーブルやその他家具などが最もベストですので特に寝室のチェストをはじめとして、ベッドフレーム等に木を取り入れると良いでしょう。

    スチールのベッドフレームを選んでしまうと、モダンなイメージではなくビジネススタイルのようなイメージになってしまいます。
    ベッドをはじめとして、その他にもウッドデザインのウォールステッカーや天井飾りを取り入れるのも良いです。

    天井を全体的にウッドデザインにしてしまうと言う人もいるほど、モダンなテイストは人気があります。
    パブリックに関しては出来るだけ差し色を控えて、ブラウンカラーやダークグレーなどを取り入れると良いでしょう。

    曲線をうまく取り入れて照明は暖色系が良い

    モダンな空間を意識する際に欠かすことができないのが曲線になります。
    直線的な家具やデザインばかりではなく、曲線をうまく取り入れることでモダンな空間作りに成功します。
    ここでの曲線というのは例えば、椅子の脚や照明器具その他にも、パブリックなデザインとなってきます。

    直線的なイメージを持つフォトフレームやスポットカバーを用いるより、曲線でのイメージを用いる方が柔らかい雰囲気になるでしょう。
    植物などを取り入れていくのであれば、鉢植えの観葉植物ではなく壁やちょっとしたスペースに垂れ下がるような種類を選ぶのがベスト。
    また照明のカラーには暖色系を取り入れて、ホワイトカラーなどのように明る過ぎるという空間は避けましょう。

    寝室なのでさほど明るいライトは必要ないと言えます。
    カーテンなどに関しても、できるだけブラウンカラーなどを取り入れて全体的に暖かい以上でまとめていきましょう。
    化粧台などに使用する椅子もしっかりと木材を使ったものをセレクトし、シックなイメージでまとめていくと高級宿のような寝室を作ることができます。
    最近は部屋の中に設置することができる水が流れるインテリアも増えているので、こういったものを一部に設置しても良いでしょう。


  • マリンスタイルの寝室

    夏場も過ごしやすいマリンスタイルとは

    マリンスタイルをモチーフとした部屋は清涼感があるため、真夏の暑い季節であっても比較的涼しい感覚で過ごすことができます。
    最近はこのマリンスタイルがとても人気を集めており、寝室などの一部にマリン柄を取り入れるだけでも涼しい雰囲気に変わるため注目されています。

    男性でも女性でもコーディネートしやすく、シンプルなお部屋から小物で飾り活発的に見えるお部屋まで多くのデザインが楽しめます。
    ボーダーの幅に関しては細かなものでも比較的幅の広いものでもマッチするので、このような部分も個人的なセンスを取り入れながらお部屋を飾っていくと良いでしょう。
    全てのアイテムをマリンボーダーで揃えようとしなくても、リーズナブルな方法でコーディネートができるといった特徴もあります。

    マスキングテープでボーダー柄を取り入れる

    壁や家具などお手軽にマリンボーダーのデザインにするのであれば、新しい家具を購入するのではなくマスキングテープを使っていきましょう。
    マスキングテープは100円ショップなどでも販売されているので、好みの幅を選べば良いです。
    このマスキングテープを壁の一面や1部、さらには家具などにボーダーを意識しながら貼り付けるだけで新しい家具を購入した時と同じような雰囲気になります。

    マスキングテープなら剥がすのも簡単だし、色みを変えたいと思ったときにも薄いものから濃いものなど、すぐにチェンジすることができます。
    こちらに関しても幅の広い物や狭いものを準備すれば、家具などの大きさに合わせながら様々な模様を作ることができるでしょう。

    またホワイトカラーやクリームカラーのカーテンなどを購入し、フチにブルーの生地を縫い付けるだけでもおしゃれになります。
    反対にブルーカラーのカーテンを購入して白い生地を縫い付けるといった方法でもよいでしょう。
    バイアステープなどを使えばアイロンだけで簡単にボーダー模様を作ることができます。

    一部に取り入れるだけでも効果抜群

    上記のようにほんの少しの部分にボーダー模様を取り入れるだけでも、マリンテイストなお部屋を作ることができます。
    家具や壁などに工夫を施すことも大切ですが、小さな小物でもマリンボーダーを取り入れていきましょう。
    マグカップをはじめとして、その他キッチンに使用する調理小物などをマリンボーダーで揃えて飾っておけば、とてもオシャレになります。

    全体的な感覚でマリンボーダーを考えていくと費用がかかることも懸念しなければなりませんが、一部に取り入れるのであればとてもリーズナブルに理想的なコーディネートができます。
    また、ボーダーカラーのTシャツなどをリーズナブルに購入し、これをハンガーにかけたものをお部屋の飾りに使うのも良いでしょう。
    本来であれば身につけるものですが、これもインテリアに使えてしまうことでオリジナリティに溢れ、まるで船の中にいるような感覚のおしゃれな家で生活を送ることができます。


  • 和風スタイルの寝室

    和風な寝室には四角いライトカバー

    和風の部屋というのは、私たち日本人にとって最もなじみがあるものです。
    しかし当たり前に思っている和風テイストの部屋であっても、ちょっとした工夫を取り入れるだけで非常におしゃれになります。
    また和風なイメージそのものをアップさせることにもつながります。

    特に寝室というのは和風なイメージを持つことによって落ち着いた空間となり、ゆっくり眠れるメリットもありますので近年では海外の方も和風テイストを家に憧れて取り入れることが多くなりました。
    日本人が海外のテイストを採り入れるように、海外の方も日本のテイストを取り入れているようです。

    和風な寝室を作るのであれば照明に使用するカバーは四角いものを選びましょう。
    カーブを描いたものなどを選ぶと、これだけでは和風からは遠のいてしまいます。
    どうしてもカーブを描いたものを使いたいときには、裸電球を取り囲むように丸い円球状の照明カバーなどを選ぶと良いです。

    障子がなくてもスクリーンで和風な雰囲気を出す

    和風なイメージには障子がつきものですが、近年では障子が設置してある物件などは減りました。
    特に賃貸住宅で障子付というのはとても珍しいことになってしまい、さらには自分で設置するのも難しいでしょう。

    障子がないだけでラフなイメージから遠のいてしまうと考えている人は、ロールスクリーンを上手に使いましょう。
    ブラウンカラーなどのロールスクリーンを取り入れれば障子の代わりに和風な雰囲気を持つことができます。
    もちろんここでは柄などを取り入れるのではなく、無地のロールスクリーンを使ってください。

    柄を取り入れる場合にはホワイトカラーのロールスクリーンに桜のデザインを施すといった工夫などが良いでしょう。
    どこか一つでも和風なアイテムをとりいれたり、デザインを取り入れてあげるだけで純和風の日本茶室のような寝室ができ上がります。
    アンバランスに洋風なデザインなどを取り入れると、まとまりがなくなってしまいますので統一感をしっかりと意識していきましょう。

    角のあるインテリアにこだわると和が作りやすい

    寝室に設置するためのインテリアは、できるだけ角ばったものを選んだ方が良いです。
    曲線美を描いたものに関しては選ぶのが難しく、ハイセンスでなければバランスを取りながらコーディネートするのが難しいためです。

    しかし角のある家具であれば私たちにもなじみがあり、選びやすいといえるでしょう。
    鏡のついた化粧台をはじめとして、ベッドや前述の通り照明に使用するカバー、またこの他にも洋服ダンスなどしっかりと角のあるものを選べば、高級旅館のような和風テイスト気に仕上がり寝室も落ち着いて安らげるくがになります。

    家具を購入する際に価格が気になることがあれば、自分で材料だけを購入し組み立てても良いでしょう。
    リーズナブルな木材で組み立てた家具であっても、木材にオイルステインを塗ることによって深みが増し、和風な寝室にマッチするようになります。


  • アジアンスタイルの寝室

    アジアンスタイルはモチーフが多い

    アジアンスタイルと一言で言っても様々なモチーフがあるので、アイテムも組み合わせやすいといえます。
    アジアンスタイルと言えばリゾーチのビーチを思い浮かべる方も沢山いますが、それだけにこだわる必要はありません。

    アジアンスタイルで寝室をコーディネートするのであれば、まず始めに気をつけなければならないのが蛍光灯は排除するということになります。
    天井からの照明は当然のことその他、お部屋の隅々まで系のを一切排除して間接照明を取り入れていきましょう。

    賃貸住宅の場合には間接照明を取り入れるのが難しいと思ってしまいますが、プラスチックなどでカバーを取り付けるだけで十分おしゃれな間接照明になります。
    基本的なカラーとしてはブラウンカラーにレッドやブルーといった配色が良いでしょう。

    また、ブラウンやレッドに関しては原色ではなく、柔らかい色合いを選んでおくと良いです。
    お部屋を全体的に彩るためのカラーに関しては特に柄がなく、無地のものでも植物などをモチーフにしたものでもマッチします。

    観葉植物で雰囲気アップ

    アジアンテイストでお部屋を飾る際に、ぜひとも取り入れていきたいのが観葉植物。
    実際にリゾート地のインテリア写真などを見ると、必ずといって良いほど飾られています。
    比較的大きな観葉植物を使ってお部屋を全体的にリゾートスタイルにしてみましょう。

    近年ではこまめな手入れの必要がないエアプランツなど出回っています。
    こちらであれば透明のガラス容器などを用いてお部屋に植物を置くことができるので、清潔感がありとてもスタイリッシュにまとめることができます。
    100円ショップなどでもエアプランツが販売されているので、小さなものを複数飾っても良いでしょう。
    家具の下に設置するだけでなく、天井から吊り下げるといった形で飾るのもおしゃれな方法になります。

    さし色は控えめにして統一感を出すとグッド

    上記した以外でアジアンスタイルを取り入れる際に注意したいことは、差し色を控えめにするということになります。
    上でも少し触れたようにブルーやレッドといったカラーを差し色として使う際にもごく一部だけにとどめましょう。
    あちこちに取り入れてしまうと、しつこさが出てしまいます。

    ただし、寝具などに使用する場合には全体的に大きなチェック模様になっているデザインなどもおすすめです。
    壁に関しては特に賃貸住宅の場合、自分で取り替えてしまうのは難しいですがウォールステッカーなどを使って植物のモチーフをあしらうといった方法や、ところどころに編み込んで作られたカゴなどを置くといった方法でテイストに深みを与えることができます。

    アジアンスタイルは前述の通り、バリエーションが豊富ですので、インテリア雑貨などを使いながらどんどん雰囲気を高めていきましょう。
    ドレッサーの上に置く化粧品なども缶やプラスチックではなく、カゴを使うだけでとてもかわいらしいアジアンテイストに変わります。


  • カントリースタイルの寝室

    カントリースタイルの寝室は壁面収納が鍵?

    近年では和風の部屋で生活をするという方々ばかりではなく、海外のデザインを取り入れながら、お部屋の雰囲気を様々なテイストに帰るという工夫を取り入れる人が増えてきました。
    中でもカントリーテイストは模様替えなどが初心者でも取り入れやすく、さらにそのような壁紙などにもマッチするため女性からも男性からも人気があります。

    DIY などを行う場合にもカントリースタイルのアイテムなら作りやすく、リーズナブルにできるといった特徴を持っています。
    カントリースタイルの寝室を作る際には、できるだけ壁面収納を心がけていきましょう。
    もちろん備え付けでなくとも自分で設置すれば問題ありません。

    リーズナブルに販売されている板を組み合わせて壁面収納のようなスペースを作ることができれば、それだけでもカントリースタイルに早変わりします。
    ウッドのぬくもりを活用しながら収納スペースには小さな観葉植物や、布地で作られた装飾品などを設置してみましょう。

    ラグと照明への工夫でカントリーに

    壁面収納だけでは無く、その他にもカントリースタイルに変えられるポイントがいくつかあります。
    中でも床に敷くためのラグや照明器具で工夫をするのがおすすめ。
    比較的価格を抑えながらしっかりとカントリーチックな雰囲気を出すことができます。

    ラグに関してはブラウンカラーなどを取り入れて、曲線を描いたようなデザインが良いでしょう。
    掃除をするのが大変になってしまうので、毛足の長いものは避け短いものを選びましょう。
    さらに、照明器具に関してはシャンデリアなどではなく、柔らかさを感じられるようなカバーを選ぶことが大切です。

    むき出しの電球を照明器具に使用するというのもひとつの方法です。
    カントリースタイルを心がけるのであれば、ラグの大きさはあまり大きなものではなく2畳程度のものが良いでしょう。
    寝室に使う場合にはベッドや布団で全体的なデザインが消えてしまわないようにあえて小さめのものを選んだ方が雰囲気が出ます。

    照明器具に関してもシーリングライトなどを使ってしまうとカントリースタイルからはかけ離れてしまいますので、できればペンダントタイプの照明器具を選びましょう。
    それだけで雰囲気が大きく変わりカントリーテイストになります。

    寝室のドレッサーは大きく、猫足を使うと可愛い

    寝室と言えばドレッサーを設置するというのがおしゃれなデザインになります。
    特に女性の場合にはメイクをしたり、お肌のお手入れをする際にもドレッサーが必要になるでしょう。
    ここでもカントリースタイルを意識して、猫足タイプをセレクトすると良いです。

    猫足タイプはお部屋の雰囲気を柔らかく見せてくれるだけでなく、可愛らしさも持ち合わせています。
    カラーについてはブラウンカラーをはじめとして、その他にもグレーなどを取り入れると良いでしょう。