北欧スタイルの寝室

北欧のデザインの特徴

北欧デザインは、北欧のスカンディナヴィア諸国が発祥で、今ではスウェーデン、フィンランド、ノルウェーが主流です。
はっきりした色身を多用し、目にも楽しい北欧デザインを手がけるデザイナーは、、1950年代から1960年代ごろに隆盛したといわれています。
北欧はその土地柄、長く厳しい冬に室内で過ごす時間が多いため、長く使っても飽きない素朴でシンプルなデザインと、機能的で使いやすい実用性のどちらもをを兼ね備えた家具が愛されているのではとも言われています。

日本に上陸している北欧雑貨も見ているだけで楽し時間を過ごすことができますよね。
日本国内でもファンの多いのが、北欧デザインです。
食器や雑貨など、ポップなカラーを基調にしている北欧デザインは、インテリアにも重宝されます。
その昔の日本人にはなかなか真似できない斬新な色の組み合わせは、アメリカンスタイルとも違った憧れを持つ人も多いのです。

雑貨や家具屋も北欧風が増えたので、いつでも身近に北欧を感じることができ、部屋にインテリアもすぐに変えることができます。
カーテンや、ベッドカバー、食器やライトなど、なんでも揃えられますね。
また、意外とお値段も手ごろなものが多いので、まとめて色々なな物が揃えやすいのもグッドポイントです。

花柄の人気な北欧デザイン

北欧インテリアの代表とも言える柄が葉っぱや花柄ですね。
北欧の自然をそのままポップなスタイルにしたデザインは国内でも簡単に目にすることができます。
広大な大地を表現しているかのような、大きな華や葉をモチーフにしているのが特徴的です。

一方の幾何学的なデザインも北欧風です。
不連続なようで、でもどこか規則正しい幾何学模様の絵やベッドカバーを取り入れるだけで、大人な北欧風のインテリアに様変わりです。
水玉やストライプなど定番の柄も、色使いが変わるだけでグンと北欧っぽくなります。

小物・雑貨

昨今の北欧ブームで、北欧の雑貨屋が多く日本に進出しました。
それらの雑貨は目にも新しく、特に若い女性の心を掴んで離しませんね。
北欧の雑貨は、キッチン用品やバス用品、ライトや時計に絵など多岐にわたります。

それらの雑貨はどれも可愛いデザインでかつアイデアが満載のアイテムばかりで、あれもこれも欲しくなってしまいますよね。
アイデア雑貨も豊富で、イヤホンや小形ライト、パソコンAV機器だって北欧雑貨で揃えるほどです。

楽しく過ごす

北欧インテリアは、部屋の中で楽しむ人に最適です。
日照時間が短い北欧ならではの家楽しむ雑貨がたくさん、それはどれも楽しくて飽きの来ないかつ、実用的なものばかりです。
雑貨がなくても、寝具やカーテンはデザインが豊富なので柄を楽しむことだってできます。
北欧インテリアの寝室で毎日楽しい夢が見られそうですね。


コメントは受け付けていません。