モダンスタイルの寝室

モダンな寝室はテイストが選べる

モダンというネーミングを持つお部屋のテイストであっても、様々なコーディネート術があります。
北欧モダンや和モダン、さらにはカントリーモダンなど好みに合わせて選んでいくことができるでしょう。

基本的にモダンな空間というのは何が必要なのかといった基礎さえ把握しておけば、その他は自分の好きなテイストに合わせながら寝室を作っていくことができます。
どうしてもモダンというイメージは高級な家具などを準備すると思っている人もいるようですが、リーズナブルな家具を使いながらさらにDIY を取り入れ、シックで高級ホテルのようなモダン空間を簡単に作ることができます。

木のぬくもりを使ってシックにまとめる

モダンな雰囲気を作るのであれば、まずは木のぬくもりをすどんどん取り入れていきましょう。
木のぬくもりがなければ、モダンな雰囲気と言うには似つかわしくないテイストになってしまいます。
木を取り入れるのであれば、テーブルやその他家具などが最もベストですので特に寝室のチェストをはじめとして、ベッドフレーム等に木を取り入れると良いでしょう。

スチールのベッドフレームを選んでしまうと、モダンなイメージではなくビジネススタイルのようなイメージになってしまいます。
ベッドをはじめとして、その他にもウッドデザインのウォールステッカーや天井飾りを取り入れるのも良いです。

天井を全体的にウッドデザインにしてしまうと言う人もいるほど、モダンなテイストは人気があります。
パブリックに関しては出来るだけ差し色を控えて、ブラウンカラーやダークグレーなどを取り入れると良いでしょう。

曲線をうまく取り入れて照明は暖色系が良い

モダンな空間を意識する際に欠かすことができないのが曲線になります。
直線的な家具やデザインばかりではなく、曲線をうまく取り入れることでモダンな空間作りに成功します。
ここでの曲線というのは例えば、椅子の脚や照明器具その他にも、パブリックなデザインとなってきます。

直線的なイメージを持つフォトフレームやスポットカバーを用いるより、曲線でのイメージを用いる方が柔らかい雰囲気になるでしょう。
植物などを取り入れていくのであれば、鉢植えの観葉植物ではなく壁やちょっとしたスペースに垂れ下がるような種類を選ぶのがベスト。
また照明のカラーには暖色系を取り入れて、ホワイトカラーなどのように明る過ぎるという空間は避けましょう。

寝室なのでさほど明るいライトは必要ないと言えます。
カーテンなどに関しても、できるだけブラウンカラーなどを取り入れて全体的に暖かい以上でまとめていきましょう。
化粧台などに使用する椅子もしっかりと木材を使ったものをセレクトし、シックなイメージでまとめていくと高級宿のような寝室を作ることができます。
最近は部屋の中に設置することができる水が流れるインテリアも増えているので、こういったものを一部に設置しても良いでしょう。


コメントは受け付けていません。