和風スタイルの寝室

和風な寝室には四角いライトカバー

和風の部屋というのは、私たち日本人にとって最もなじみがあるものです。
しかし当たり前に思っている和風テイストの部屋であっても、ちょっとした工夫を取り入れるだけで非常におしゃれになります。
また和風なイメージそのものをアップさせることにもつながります。

特に寝室というのは和風なイメージを持つことによって落ち着いた空間となり、ゆっくり眠れるメリットもありますので近年では海外の方も和風テイストを家に憧れて取り入れることが多くなりました。
日本人が海外のテイストを採り入れるように、海外の方も日本のテイストを取り入れているようです。

和風な寝室を作るのであれば照明に使用するカバーは四角いものを選びましょう。
カーブを描いたものなどを選ぶと、これだけでは和風からは遠のいてしまいます。
どうしてもカーブを描いたものを使いたいときには、裸電球を取り囲むように丸い円球状の照明カバーなどを選ぶと良いです。

障子がなくてもスクリーンで和風な雰囲気を出す

和風なイメージには障子がつきものですが、近年では障子が設置してある物件などは減りました。
特に賃貸住宅で障子付というのはとても珍しいことになってしまい、さらには自分で設置するのも難しいでしょう。

障子がないだけでラフなイメージから遠のいてしまうと考えている人は、ロールスクリーンを上手に使いましょう。
ブラウンカラーなどのロールスクリーンを取り入れれば障子の代わりに和風な雰囲気を持つことができます。
もちろんここでは柄などを取り入れるのではなく、無地のロールスクリーンを使ってください。

柄を取り入れる場合にはホワイトカラーのロールスクリーンに桜のデザインを施すといった工夫などが良いでしょう。
どこか一つでも和風なアイテムをとりいれたり、デザインを取り入れてあげるだけで純和風の日本茶室のような寝室ができ上がります。
アンバランスに洋風なデザインなどを取り入れると、まとまりがなくなってしまいますので統一感をしっかりと意識していきましょう。

角のあるインテリアにこだわると和が作りやすい

寝室に設置するためのインテリアは、できるだけ角ばったものを選んだ方が良いです。
曲線美を描いたものに関しては選ぶのが難しく、ハイセンスでなければバランスを取りながらコーディネートするのが難しいためです。

しかし角のある家具であれば私たちにもなじみがあり、選びやすいといえるでしょう。
鏡のついた化粧台をはじめとして、ベッドや前述の通り照明に使用するカバー、またこの他にも洋服ダンスなどしっかりと角のあるものを選べば、高級旅館のような和風テイスト気に仕上がり寝室も落ち着いて安らげるくがになります。

家具を購入する際に価格が気になることがあれば、自分で材料だけを購入し組み立てても良いでしょう。
リーズナブルな木材で組み立てた家具であっても、木材にオイルステインを塗ることによって深みが増し、和風な寝室にマッチするようになります。


コメントは受け付けていません。