フランスベッドの介護ベッド

フランスベットは、テーブルなどの家具も販売していますが、ベッドも販売しています。
フランスベットは一般の方が使うベットも豊富に取り揃えられていますが、介護用のベッドも取り扱っています。
フランスベットの介護ベッドなら気持ちよく介護を受けられそうですので、少し調べてみることにしました。
介護ベッドにも色々なものがあります。
フランスベットだけでなく色々なメーカーから販売されていますが、
その中でも、多くの方が使用をしているヒューマンケアベッドについて紹介をしましょう。

ヒューマンケアベッドは、介護に必要な基本的な機能がついているそうです。
例えば、起き上がるための補助をしてくれる機能として背中を上げる機能や脚上げ機能などがあります。
またこれにより、起き上がりやすくなるだけではなく、座った時に姿勢が安定したり、
本を読んだり、テレビを見たりしやすくなる、食事がしやすくなるなどの効果があります。
そして、床ずれを予防し、介護をする人が寝ている人を抱きかかえて起こす必要がなくなるなどの利点もあります。
このように、高機能を持ったベッドを介護に利用すると、
介護をする人も介護受ける人にもメリットがあり、介護が楽になるということなのです。

そして、ベットの高さを調整する機能もついています。
ベットの高さを調整することで、立ち上がりやすくなったり、
ベットから車椅子への移動が楽になったりするだけでなく、人と目線を合わせて話しやすくなったり、
ベッドの下を掃除しやすくなったり、あるいは、ベッドメイクや体を拭いたり、
着替えを手伝ったりする時にとても楽になるそうです。
色々なケースに合わせて、ベットを調整できるので、とっても便利ですね。

また、万が一の停電に対応した緊急対応スイッチなども安心の機能だと思いました。
もし背上げなどの操作をしている時に停電になってしまっても、
スイッチで元の状態に戻す事ができるようになっています。
万一の事も考えた利用者に優しいベットですね。
このように様々なケースを考えて作られているからこそ、安心してベッドを使う事ができるのでしょう。
ノンサイドフレーム設計というのも、安全を考慮した設計です。
サイドフレームが突き出ていないので、安定して座る事ができるということです。
そのため、立ち上がり時に転倒するリスクを減らすことが出来ます。
このように様々な便利で安心の機能があるのですが、他にもこんな魅力があります。

それは、ヒューマンケアベッドは色々選べるということです。
ベッドボードが選べる、7種類の中から好きなカラーを選ぶことが出来るのです。
そして、脚の種類も選べます。
高さの違う固定脚、そして移動やお掃除のしやすいキャスターの中から、選ぶことが出来るようになっています。
これらの中から、介護を受ける人の好みや状態に合わせて選ぶといいですね。
介護をする側も、介護をされる側にも、嬉しい介護ベッドではないでしょうか。


コメントは受け付けていません。