フランスベッドの羽毛布団

フランスベットといえば、ベッドやマットレスを思い浮かべる方も多いと思いますが、
羽毛布団も販売されているのです。
フランスベットの羽毛布団とは、どういった特徴があるのだろうか。と思いました。
私も羽毛布団をもっているのですが、日本で羽毛布団といえば、フランスベットも有名とのことです。

そして、フランスベットはベッドやマットレスと同じように、羽毛布団も主力商品となっているとのこと。
フランスベットの羽毛布団ですが、静岡県にある工場で、一貫生産されています。
そうです。フランスベットの羽毛布団は、純国産の羽毛布団なのです。
カナダ産や、ポーランド産まで、幅広く羽毛布団を生産しているとのことなのですが、
国内で生産されているので、フランスベットの羽毛布団は、どの羽毛布団も高品質とのこと。

そして、フランスベットは、独自の規格や基準をもっており、それぞれJIS規格より厳しく設定がされています。
そのため、ベッドやマットレスと同じく、フランスベットの羽毛布団は、
独自の規格や基準をクリアしないと、商品化されないのです。
そして、販売されているフランスベットの羽毛布団ですが、
ランスベット独自の規格や基準をクリアしている商品。ということになります。
そのため、フランスベットの羽毛布団は、洗浄がされているとのこと。
また、チリものぞかれているので、嫌なにおいがしない。という点も、特徴だと知りました。

さらに、フランスベットの羽毛布団には特徴があります。
制菌加工がされているとのことです。
この制菌加工が、フランスベットの羽毛布団の最大の特徴ともいえるとのこと。
よく抗菌という言葉は聞いたことがあると思いますが、
制菌加工というのは、
抗菌とは違います。

制菌加工ですが、菌の増殖を制御することです。
繊維状の菌の増殖を抑制する加工法。と言われています。
抗菌加工というのは、防臭を目的としたものということなのですが、
制菌加工は、菌の増殖を抑制する加工法なので、レベルが違うということが分かります。

そのため、フランスベットの羽毛布団は、安心して使用をすることが出来る。
といった口コミも多いとのことです。
そして、衛生面を大切に考えている方にも、おすすめとのことです。
また、アレルギーの方や、ぜんそく持ちの方にもおすすめしたいです。
制菌加工をしているので、抗菌加工と違い、菌が増えるという心配がないのです。

そのため、アレルギーの方や、ぜんそく持ちの方といった、菌を嫌う方にもおすすめが出来るのです。
また、赤ちゃんや小さいお子さんがいる家庭にもおすすめをしたいです。
新生児のときに、菌をもらってしまい、アレルギー性皮膚炎になってしまう。
という赤ちゃんや小さいお子さんも多いとのことです。
また、現在アレルギー性皮膚炎で悩まされている方もいらっしゃるでしょう。
フランスベットの羽毛布団は、赤ちゃんや小さいお子さんがいる家庭でも、安心して使用をすることが出来ます。


コメントは受け付けていません。