新生活にもぴったりです。

新生活を迎えるにあたって、新しいベッドを探しているという方も多いかと思います。
フランスベッドは非常に信頼できる老舗のベッドメーカーですが、
どのベッドを選んだらいいかわからないという方に、商品紹介をしますので、参考にしてください。
まず、ベッドを選ぶ際に必要なのが、マットレスです。
このマットレスは実際の寝心地にダイレクトに影響してきますので、
フレームから選んでしまいがちなのですが、まずどんなマットレスがいいか検討しましょう。
有名なのが、CMでおなじみの高密度連続スプリングマットレスです。
体圧分布に優れているので、寝心地抜群のマットレスです。

また、通気性にも優れているのが、このマットレスの特徴です。
高温多湿な日本ですから、特に夏場は通気性が気になりますよね。
通気性にも優れていますので、寝苦しい夜でも快適に眠ることができるのです。
他にもリクライニングマットレスや新型スプリングを搭載しているマットレス、
一般的なマットレスなど豊富なラインナップがあります。
マットレス選びの次はベッド本体です。
一人ぐらしの方におすすめなのは引き出しつきのタイプです。

ワンルームのマンションやアパートでは収納が少ないのが一般的ですので、
ベッドの下は非常に活用すべきスペースとして注目されています。
引き出しに厚みがあるタイプのものを選ぶと、収納能力が大きいので非常に助かるという声があります。
最近では、レンタルサービスもあります。
模様替えが趣味だという方には非常におすすめです。
フランスベッドでは、ベッドだけではなく、ソファやリビングテーブルなど、豊富な家具を取り扱っています。
購入するという方法だけではなく、
借りられるという選択肢があると気軽に部屋のイメージチェンジをすることができます。
家具は新しいものを購入すると、古いものを処分する必要があり、
この処分というのが非常に大変だという声もあります。

処分するためにお金もかかりますし、レンタルであればこの処分についても気にする必要がありません。
介護の分野でもフランスベッドは進んでいます。
介護用のベッドの開発を進めているので、介護する側、される側にとってとても優れたベッド・家具があります。
介護用品などは介護施設などで使われていることが多いのですが、
在宅介護の方にこそおすすめかもしれませんね。
介護福祉施設にはプロのヘルパーさんが常駐しており、世話もその方たちが中心になってすることになります。

ですが、在宅介護の場合は介護に不慣れな素人の家族がしていることが多いです。
寝たり起きたりの介助をしているうちに腰を痛めてしまったという人もよく聞きます。
こんなときにリクライニングなどが自然な形で行われる、介護専用のベッドを使うのは非常に有効です。
費用の面でもレンタルサービスがありますので、少ない初期投資で始めることができます。
まずはお試しから始めてみるのもいいかもしれませんね。


コメントは受け付けていません。