フランスベッドの新しい介護ベッド

フランスベットの介護ベッドヒューマンケアベッドですが、従来のヒューマンケアベッドよりも、さらに安全が強化されたヒューマンケアベッドが登場したとのことです。新しいヒューマンケアベッド、JIS規格認証取得介護ベッドを見つけました。JIS規格認証取得介護ベッドですが、従来のヒューマンケアベッドと比べて、5つ安全が強化された点があります。

まず、サイドレールの隙間です。サイドレールとサイドレールの隙間にはさまれないように、その隙間を少なくしたとのことです。角のRが小さくなった。という点が特徴とのこと。そして、ヘッドボードとフットボードの周辺の安全が強化されました。サイドレールとベッドボードとフットボードの隙間を小さくしたことで、安全が強化されました。

次に、グリップ、移動支援バーについてです。起きあがったり、介護ベッドに乗る際に、グリップにからだを預けることになります。そのグリップの、荷量試験やロック性能の評価を行い、介護ベッドと組み合わせた際の安定を確保されました。安心して、からだを預けることが出来るようになったと感じました。次は緊急スイッチについても、さらに強化されたたようです。もしも停電が起きて背上げや脚上げ操作が停止した場合、スイッチを手動に切り替えることによって、背上げと脚上げを動作中断状況から水平の状態に戻すことができます。

最後に、人にやさしいという点です。建築基準法の改正により、ホルムアルデヒドの発散量を等級づけての基準が厳格に設定されることにより、居室内の装材などへのホルムアルデヒド使用が制限されるようになったとのことです。そしてフランスベットでは、ホルムアルデヒドを低減することに成功をしたとのことです。従来のヒューマンケアベッドにも魅力を感じましたが、新しいヒューマンケアベッドは、さらに安全が強化されたと感じます。新しいヒューマンケアベッドですが、電動の在宅介護用ベッドの基本的な機能や性能はもちろんのこと、体の一部が隙間に挟まってしまうなどといった事故の防止策を含む商品になっています。

商品を知るまで、そういった事故が起きているということを初めて知りました。そして、フランスベットでは、その点を改良した新しい介護ベッドが考えられたということです。今後高齢化社会にどんどんなっていくと思います。そして、「自宅で介護をする」ということが増えていくのではないでしょうか。介護をするというのは、とても労力が必要なことだと思いますし、精神的にも疲労を感じることです。そんな時に、安全な介護ベッドがあれば、介護をする負担を感じることが少なくなると思います。介護疲れという言葉もよく聞きます。フランスベットのヒューマンケアベッドは、介護疲れを解消させることが出来る、介護ベッドではないでしょうか。そして、介護をされる側にも、安全面が強化されたということで、嬉しい介護ベッドになっています。


コメントは受け付けていません。