スランバーランド

フランスベットでは、ベッドが販売されています。
さまざまなベッドが販売されていますが、その中でもスランバーランドについて、
耳にしたことがある方も多いのではないでしょうか。
スランバーランドですが、1919年に英国に誕生をしました。
そして、理想の眠りを追い続けたとのことです。
1940年代には、英国王室御用達の栄誉を授かったとのこと。
まどろみの国スランバーランドは、心安らぐひとときのために、今も進化をし続けているとのこと。
そして、睡眠のためだけのベッドではなく、人生に贅沢な時間をもたらす空間へ。と考えているとのことです。
ベッドというのは、睡眠をとるもの。というイメージがあります。

しかし、睡眠というのはただ寝るだけ。というのは、違うと思いました。
私は社会人になってから、腰の痛みを1日中感じるようになりました。そして肩にも負担をかけるようになり、
肩が痛いと感じることもあります。

そんな時には、ゆっくりと睡眠をとって、体を休めたいと思います。
そして次の日の朝に起きた時には、腰の痛みや、肩の痛みが和らいでいると良いな。と思うのです。
朝起きた時に、腰の痛みや肩の痛みが和らいでいたとしたら、
その日の朝は特別な時間になると思います。そして、贅沢な時間だとも感じるでしょう。
フランスベットが販売をするベッド、スランバーランドは、私に特別な時間や、
贅沢な時間を与えてくれるのではないだろうか。
と思いました。

スランバーランドの特徴ですが、至福の眠りへと誘うテクノロジーを感じることが出来ます。
マットレスの部分なのですが、ソフト面と支持面とクッション面に分かれています。
ソフト面は、からだに心地よさをもたらしてくれるとのことです。
支持面は、正しい寝姿勢を保持してくれるとのこと。
そしてクッション面は、揺れを吸収してくれるので、体圧分散をすることが出来るとのことです。
スランバーランドの特徴を知り、私は今すぐにスランバーランドのベッドで眠りたいと思いました。
普段はなかなか寝付けないことも多いのですが、
スランバーランドのベッドであれば、すぐに眠りにつくことが出来ると感じました。

至福の眠りへ誘う。ということが、よく理解することが出来る構造になっていると感じました。
また、コイルシステムやファブリックに関しても、魅力を感じました。
トライアンギュラフォーメーションといって、三角構造を形成する独自のスプリングユニットの形状により、
垂直や水平の2方向の重圧を、ひずみなく受け止めてくれるとのことです。
そして、インターコイルリング構造になっており、体重を均一に支えることが出来るので、
部分的な落ち込みを防止してくれます。

よって、快適な睡眠に欠かせない、正しい寝姿勢を保つことが出来るとのこと。
錦糸ニット入り生地も魅力です。しなやかなフィット感を実現するダブルニット生地になっているとのこと。
抗菌にも優れています。
スランバーランドは、贅沢な面が沢山感じられるベッドです。


コメントは受け付けていません。