• カテゴリー別アーカイブ マクラ選び
  • 竹硬枕の紹介

    竹で出来た硬枕

    枕というと眠るために使う道具ですが、この硬枕は頸椎の歪みを矯正するために使用します。
    人間は直立二足歩行であり、頭が一番上にあり、頸椎で10kg前後の加重を支えることになります。
    横になっている時以外は、立っているときや座っているときも頸椎は圧迫を受けるので、故障を起こしやすい部分です。

    そこで硬枕を頸頭に当てて仰向けになり、歪んだ頸椎を矯正するのです。
    朝起きるまでの間まで、寝具として使っても良いですが、初めて使う方は、違和感があるかもしれません。
    そのような場合は、最初は10分程度など、短い時間使い、徐々に慣れさせていくと良いでしょう。
    もしも、最初に使ってみて、首の部分が痛いと感じるようであれば、タオルを敷くなどして使うと良いでしょう。

    首にフィットする硬枕を選ぶようにして、薬指に長さを目安に考えます。
    薬指の長さを目安として、薬指の長さが5cmだと、高さ5cm、直径10cm程度の竹の硬枕を使います。
    ただ素材が竹になっているので、完全な円ではなく、多少誤差が生じることもあります。

    最近は日本人の体格が変わってきており、指の長い方が増えてきています。
    そのために、薬指の長さで選んだら、少し枕が大きく、首にフィットしないという事もあります。
    実際に硬枕を使って横になってみたときに、目と耳が一直線上になるような大きさの硬枕が良いです。

    選ぶなら薬指よりも、少し小さいような硬枕を選ぶ方が良いかもしれません。
    購入して実際に使い、大きすぎると調節は出来ませんが、小さければタオルなどを敷くと、高さの調節が出来るので、自分の首にフィットする高さに出来ます。
    タオルを敷くと、枕にクッション性を持たせられる、滑り止めとなり使いやすくなるなどのメリットもあります。

    初めて硬枕を使う方は、首が圧迫されるので、痛みやしびれが発生します。
    使うときはベッドや布団の上でなく、床など枕を置いても沈まないようなところで使います。
    慣れないと硬枕を敷いて仰向けに眠るのが辛く、慣れるまでに半年や数年かかることも多いです。
    慣れると一晩使っても痛みもなく、普通の枕よりも快適に感じるようになります。

    硬枕を使うメリット

    硬枕を使う目的は、日頃から常に圧迫されて、脱臼などのおそれのある頸椎を矯正し、神経機能を改善することです。
    頸椎の中でも、脱臼しやすい1番、中央にある4番、一番下にある7番を整えてくれます。
    頸椎の歪みは、歯や顎の顎関節症とも関係しているので、このような症状を改善するにも効果的です。
    さらには4番の頸椎は、扁桃腺、目や鼻、歯の異常にも効果があります。
    頸椎が歪むと、体の歪みを誘発し、首や肩を歪めて、その部分の筋肉を圧迫することになるので、この硬枕を使って頸椎を矯正すると、肩こりや頭痛改善にも効果が見込めます。


  • 高反発マクラの紹介

    高反発マクラとは?

    高反発マクラは、反発力の高いマクラのことを言い、反発力の低い低反発枕やそば殻のマクラなどとは違います。
    高い反発力で頭や首を支え、それらの形にフィットしながらも、しっかりと支えてくれます。
    他のマクラだと、フィット感などがないことが多いですが、高反発マクラを使用すると、ぴったりとフィットするようになるので、肩や首が楽になったという人が多いです。

    ただし、高反発マクラはあらかじめ形が決まっており、他のマクラのように柔軟に形を変えて首や頭を支えません。
    そのために、自分の首や後頭部の形に合うマクラを選ばないと、いくら高反発でも、頭に馴染まなくなってしまいます。
    十分に吟味して、高反発マクラを選ぶ必要があります。

    首や頭にフィットする高反発マクラとは?

    高反発マクラは、他のマクラと違い、首に当たる部分が盛り上がっている形状です。
    首の部分にフィットするように、このような形となっており、首とマクラの間の隙間を埋められるかどうかが、使うときにはポイントとなります。
    隙間があると、その分首を支えにくくなるので、眠っても快適にはなりません。
    仰向けになったとき、さらには横になったときも、フィットすると首と後頭部の重量を、マクラが分散し、眠りやすくなります。

    マクラが高すぎても、肩の筋肉を緊張させてしまうので、それだけ眠りにくくなります。
    頭をマクラに置いたときに、首や背骨が自然な形になるような高さを選ぶと良いです。
    逆に、首や肩を圧迫するぐらい高すぎるマクラは、眠りにくいでしょう。
    高すぎるマクラは、眠っても呼吸しにくくなるので、やはり熟睡を妨げます。

    いくら高反発マクラが、他のマクラと比べると素材が硬く作られていると言っても、ある程度柔軟性は必要です。
    ほとんどクッション性がないぐらい硬いと、頭を置いても、頭の一部しか支えないので、眠りにくくなり、その一部をマクラが圧迫して痛くなってくることもあります。
    ある程度は弾力性のある高反発マクラが、眠りやすいでしょう。

    頭にフィットしても、寝返りしにくいマクラでは、眠りにくくなってしまいます。
    いくら人間工学に基づき、頭にフィットするように作られた高反発マクラでも、同じ姿勢で30分もいるのは辛いものです。
    人は眠っている間でも寝返りを打って、時々体制や頭の位置を変えています。
    こまめに寝返り出来るマクラが使いやすく、頭をマクラに置いたら左右に動かしやすいと良いでしょう。
    その他にも、通気性が良いか、洗濯できるのかなど、個人の好みの問題で使いやすいかどうか決まる部分はあります。
    もしも高反発マクラを選ぶならば、写真などを見てそのまま選ぶのではなく、実際に一度試しに頭を置いてフィットするか確かめると良いでしょう。


  • 抱き枕の形

    抱き枕は多種多様に販売されている

    抱き枕が大好きで毎日抱き枕を使っていると言う人も沢山いますが、抱き枕という名前だからといって毎日何時間も抱きついている必要はありません。
    あくまでも枕を抱くように眠ることによって自分がリラックスして眠ることができるのであれば、どのような使い方をしても良いでしょう。
    人気を集めているのはアルファベットのLの形になっているようなものや、ゆったりとしたS字になっているものなどがあります。

    頭を乗せる部分と足の間に挟む部分が一体となったタイプで非常に安定感があり、落ち着くという人もたくさんいるのではないでしょうか。
    抱き枕には様々な素材が使われており、ボリュームがあって非常に硬いものから、とても柔らかく、安心感を与えてくれるようなものまであります。
    抱き枕はそれぞれにデザインが違うためカバーを購入する際にも苦労してしまうかもしれませんが、多くの抱き枕はセットでカバーが販売されていますので、同時に購入しておくと良いでしょう。

    ただ抱き枕の場合には、一般的な枕よりも沢山の細菌が繁殖したりすることがありますので、衛生面には十分に気をつけ、常に清潔な状態を保つように心がけなくてはなりません。
    近年ではアレルギー対策の抱き枕なども販売されているので、こういったものを選んで使用するのも良いでしょう。

    抱き枕は寝相に注意が必要です

    抱き枕は上記したように自分の好きなように使用しながら眠ることができるため、大きな安心感を得ることができますが、毎日抱き枕を抱きながら同じ姿勢で眠っていると骨盤にゆがみが生じたりすることがあるので、注意が必要です。
    人間は誰でも眠っている間に数回から数十回の寝返りをすると言われていますが、このような寝返りを打ちながら抱き枕を使用していればさほど問題はないでしょう。

    ただ眠りにつくときに毎日同じ姿勢で眠っている人の場合には、やはり様々な問題が生じる可能性があるため、その日によって眠る向きを変えたりすることが大切です。
    抱き枕は一般的に安心感を与えるために使用する人がほとんどですが、これ以外にもお腹の大きな妊婦さんがお腹の負担を軽減しながら眠るためにも使用したり、落ち着いて横向きで眠ることにより、いびきが軽減されるといった男性の方が使用するようなこともあります。

    あまりにも硬い素材の抱き枕を使用していると寝返りを打った際に負担がかかってしまうようなことも考えられるため、適度に硬さがあり、柔らかい弾力のあるものを選んだ方が良いでしょう。
    抱き枕は非常に古い歴史を持つと言われているため、現在までに様々な形状が販売されていますが、体の一部に痛みを感じている場合などには重宝してくれるアイテムとなります。

    出来るだけ通気性の良いものを選ぶようにしておけば、夏場の暑い中でも、涼しさを感じながら眠ることができるでしょう。


  • マクラの寿命

    いつまでも使えるものではない

    枕は一度購入すればいつでも使えるものではなく、それぞれの素材によって寿命がありますので、寿命を迎える前には新しく買い換えるようにしていかなくてはなりません。
    寿命の近くなった枕をいつまでも使っていると、毎日の汚れによって細菌が繁殖しやすくなったり、弾力がなくなり首や肩などに大きな負担をかけてしまうこともあります。

    主に販売されている枕についての寿命はポリエステルのものよであれば、1年から3年程度と言われています。
    弾力性がなくなり、枕そのものが低くなったと感じた場合には寿命が近づいてきているので、新しいものに買い替える、もしくは綿をプラスすることを考えるようにしましょう。

    そば殻の枕は寿命が比較的短く、半年から1年程度だといわれています。
    これは使用していく中でそば殻が砕けてしまいボリュームが少なくなるのはもちろんですが、コクゾウ虫がつきやすくなり、アレルギー症状を引き起こしてしまう要因となるためです。
    ストローなどを使用した素材は3年から5年といった比較的長い寿命となっていますが、素材そのものが水洗いにも耐久性があるため、長く使うことができます。

    それでもやはり中のストローやパイプなどがつぶれるとボリュームがなくなってくるので、こうなったら新しいものに変えるようにしてください。
    また、低反発や羽を使用した枕などの場合には3年程度の寿命と言われていますが、形が崩れて直らなくなったり、ボリュームが欠けるように感じたら即座に買い換えるようにしましょう。

    特に羽を使用している学生の場合にはいつまでも使っていると、中から羽が飛び出してきてしまい、アレルギー症状の要因や怪我の要因になってしまうことがあります。

    寿命を意識しながら使う大切さ

    上記のようにそれぞれの枕には寿命がありますが、この寿命を迎えてから新しいものを購入するのではなく、寿命を迎えてしまうタイミングをある程度把握しながら寿命の前に新しいものを購入するようにしましょう。
    寿命が近づいてきた枕であればあるほどに首や肩にかかる負担が大きくなってしまい、細菌の繁殖の可能性なども高くなってしまいます。

    どのような存在であっても弾力性がなくなるということは、それだけ枕の内側での密度が高くなってしまうため、湿度によって細菌が繁殖したり、ダニなどが繁殖したりするような環境を自ら作ってしまうことになります。
    洗濯方法などを間違えてしまい枕のボリュームがなくなってしまったなどの場合にも、やはり新しいものをすぐに買い換える必要があり、買ったばかりでもったいないなどと思わずに、自分の体の為に新しいものを購入するようにしましょう。

    頻繁に買い換えるのが面倒に感じたりするのであれば、あらかじめ比較的寿命の長い枕を選んでおくと良いかもしれません。


  • マクラの洗い時

    想像以上に汚れている事が多い

    毎日使用する枕は何気なく使ってしまうことがほとんどですが、毎日眠っている間に分泌されている皮脂や、ターンオーバーによって剥がれた角質などが付着しているため、あまり衛生的な状態ではありません。
    枕を毎日使用していく中で臭いが出て、始めて初めて洗うという人もいると思いますが、これでは清潔さを保っていることにはなりませんので、定期的に洗うことが大切です。

    一般的に睡眠時間というのは24時間ある1日の中で3分の1と言われていますので、この3分の1の間、不衛生な枕の上に自分の頭を乗せていることを考えたら常に清潔に保つことがどれだけ重要なのかがわかるでしょう。
    また仰向けに眠っているだけではなく、寝返りをうって横向きになった時や、うつ伏せに寝る人などの場合には枕に付着した細菌や、剥がれた角質などの細かな皮膚がすべて肌に付着してしまうことになります。

    入浴後に十分に髪の毛を乾かさず寝てしまう人などの場合には特に細菌の繁殖が促進されてしまい不衛生な状態が続きます。
    この他にも前述の通り皮脂や古くなった角質、汗で増えた細菌、また虫の死骸などが常に付着していることを忘れてはなりません。

    洗うだけではなく、しっかり干すことも大切

    枕の素材によって捉洗い方はそれぞれに違っていますが、洗うことができない枕の場合にはとにかく天日干しをすることが大切となります。
    天日干しをする頻度に関してはできるだけ頻度が多い方が良いと思っておきましょう。
    特にそば殻を使用している枕の場合にはそば殻に穀象虫がついてしまうことが多いので頻繁に天日干しを行い、虫が寄り付かないような状況を整えておくことが大切です。

    水洗いができるような素材の枕であれば1週間に一度程度は最低でも洗いたいところです。
    また洗った後には天日干しをすることが大切ですが、低反発素材などの場合には、直射日光を浴びる程度の日差しを受けてしてしまうと、素材が劣化してしまうことがあるので陰干しをするようにしてください。

    ただ陰干しをする際にもいつまでも湿った状態が続くと細菌が繁殖してしまうため、風通しの良いところで干すことをお勧めします。
    ドライヤーなどを使用して乾かしてあげるのも良い方法といえるでしょう。
    どのような枕であっても上記のように定期的なお手入れが大切となりますが、天日干しをしたり、陰干しをしたあとには必ず表面に付着したダニの死骸やその他の汚れを落とすため、しっかりホコリは叩くようにしてください。

    さらに掃除機で吸い取るようにすれば衛生的な状態がキープできます。
    知らず知らず汚れた枕を使用しているとアレルギー症状が出てしまったりするようなこともありますので、常に清潔な枕で眠ることを心がけてください。
    もちろん自分の枕だけではなく、お子様をはじめご家族の枕の清潔にも気を配るようにしましょう。


  • 効果と選び方

    謳い文句ばかりに気を取られない

    枕を扱っているデパートなどをはじめ、インターネットでは様々な枕の効果について細かく説明されていることがあります。
    例えば、その枕を使用するだけで肩こりが改善されるといった効果や、いびきがなくなるなどといった効果がありますが、このような効果は実際に使用してみなければわかりません。
    例え枕そのものに効果があったとしても、組み合わせる寝具が悪ければ枕が持っている効果を十分に発揮することができず、実際の効果を感じることができないままとなってしまうでしょう。

    またこの他にも驚くほど様々な効果があり、マイナスイオンを発生すると言われている枕や遠赤外線で首や肩を温めてくれる効果を持つなどと言われる枕がありますが、このような効果に関しても注意が必要です。
    枕を使用するだけで骨盤の歪みが改善されるなどといった商品も販売されていますが、実際の効果についてはそれぞれで立証されているものではなく、あくまでも商品を販売するための謳い文句といった認識程度にとどめておくようにしましょう。

    謳い文句を信用して購入してしまい、効果を実感することができなくても、枕を購入したお金が戻ってくるわけではありません。
    自分の体に合っていなければ改めて他の枕を探し新しく購入する必要が出てきてしまいます。

    実際に頭を乗せてみて感覚をつかんでから購入する

    枕を購入する際には上記したような謳い文句に惑わされてしまうのではなく、実際の枕売り場に足を運び、自分で頭を乗せてみるなど、枕の感覚そのものを確かめてから購入した方が良いでしょう。
    万が一インターネットで販売されている枕に実際上記のような効果があれば、知らず知らず口コミで広がり、大人気となったりするような傾向にありますが、このような商品でなければ単純に商品販売を促進するための謳い文句だと思っておいた方が良いです。

    また、首や背骨などの骨格が正されるなどといった枕も販売されていますが、このような商品に関しても、やはり寝具との組み合わせが大切であり、更には寝相そのものも大きく関係してくるので、鵜呑みにして購入しない方が良いでしょう。
    マイナスイオンや遠赤外線等に関しては使用されている素材によって多少の効果を感じることができるかもしれませんが、自分が思っているほど期待度の高いものではないことを覚えておいた方が良いです。

    さらに近年は枕にアロマ効果があり、良い香りに包まれながら睡眠をとることができるような商品も販売されていますが、このような消費はハーブなどが使用されており、実際に良い香りに包まれながら眠りにつくことができるでしょう。
    枕は前述の通り寝具との組み合わせや自分の寝相も大きく関係してくるので、何よりも大切なのは実際に確かめてから購入することになります。