• カテゴリー別アーカイブ マクラ選び
  • 抱き枕の形

    抱き枕は多種多様に販売されている

    抱き枕が大好きで毎日抱き枕を使っていると言う人も沢山いますが、抱き枕という名前だからといって毎日何時間も抱きついている必要はありません。
    あくまでも枕を抱くように眠ることによって自分がリラックスして眠ることができるのであれば、どのような使い方をしても良いでしょう。
    人気を集めているのはアルファベットのLの形になっているようなものや、ゆったりとしたS字になっているものなどがあります。

    頭を乗せる部分と足の間に挟む部分が一体となったタイプで非常に安定感があり、落ち着くという人もたくさんいるのではないでしょうか。
    抱き枕には様々な素材が使われており、ボリュームがあって非常に硬いものから、とても柔らかく、安心感を与えてくれるようなものまであります。
    抱き枕はそれぞれにデザインが違うためカバーを購入する際にも苦労してしまうかもしれませんが、多くの抱き枕はセットでカバーが販売されていますので、同時に購入しておくと良いでしょう。

    ただ抱き枕の場合には、一般的な枕よりも沢山の細菌が繁殖したりすることがありますので、衛生面には十分に気をつけ、常に清潔な状態を保つように心がけなくてはなりません。
    近年ではアレルギー対策の抱き枕なども販売されているので、こういったものを選んで使用するのも良いでしょう。

    抱き枕は寝相に注意が必要です

    抱き枕は上記したように自分の好きなように使用しながら眠ることができるため、大きな安心感を得ることができますが、毎日抱き枕を抱きながら同じ姿勢で眠っていると骨盤にゆがみが生じたりすることがあるので、注意が必要です。
    人間は誰でも眠っている間に数回から数十回の寝返りをすると言われていますが、このような寝返りを打ちながら抱き枕を使用していればさほど問題はないでしょう。

    ただ眠りにつくときに毎日同じ姿勢で眠っている人の場合には、やはり様々な問題が生じる可能性があるため、その日によって眠る向きを変えたりすることが大切です。
    抱き枕は一般的に安心感を与えるために使用する人がほとんどですが、これ以外にもお腹の大きな妊婦さんがお腹の負担を軽減しながら眠るためにも使用したり、落ち着いて横向きで眠ることにより、いびきが軽減されるといった男性の方が使用するようなこともあります。

    あまりにも硬い素材の抱き枕を使用していると寝返りを打った際に負担がかかってしまうようなことも考えられるため、適度に硬さがあり、柔らかい弾力のあるものを選んだ方が良いでしょう。
    抱き枕は非常に古い歴史を持つと言われているため、現在までに様々な形状が販売されていますが、体の一部に痛みを感じている場合などには重宝してくれるアイテムとなります。

    出来るだけ通気性の良いものを選ぶようにしておけば、夏場の暑い中でも、涼しさを感じながら眠ることができるでしょう。


  • マクラの寿命

    いつまでも使えるものではない

    枕は一度購入すればいつでも使えるものではなく、それぞれの素材によって寿命がありますので、寿命を迎える前には新しく買い換えるようにしていかなくてはなりません。
    寿命の近くなった枕をいつまでも使っていると、毎日の汚れによって細菌が繁殖しやすくなったり、弾力がなくなり首や肩などに大きな負担をかけてしまうこともあります。

    主に販売されている枕についての寿命はポリエステルのものよであれば、1年から3年程度と言われています。
    弾力性がなくなり、枕そのものが低くなったと感じた場合には寿命が近づいてきているので、新しいものに買い替える、もしくは綿をプラスすることを考えるようにしましょう。

    そば殻の枕は寿命が比較的短く、半年から1年程度だといわれています。
    これは使用していく中でそば殻が砕けてしまいボリュームが少なくなるのはもちろんですが、コクゾウ虫がつきやすくなり、アレルギー症状を引き起こしてしまう要因となるためです。
    ストローなどを使用した素材は3年から5年といった比較的長い寿命となっていますが、素材そのものが水洗いにも耐久性があるため、長く使うことができます。

    それでもやはり中のストローやパイプなどがつぶれるとボリュームがなくなってくるので、こうなったら新しいものに変えるようにしてください。
    また、低反発や羽を使用した枕などの場合には3年程度の寿命と言われていますが、形が崩れて直らなくなったり、ボリュームが欠けるように感じたら即座に買い換えるようにしましょう。

    特に羽を使用している学生の場合にはいつまでも使っていると、中から羽が飛び出してきてしまい、アレルギー症状の要因や怪我の要因になってしまうことがあります。

    寿命を意識しながら使う大切さ

    上記のようにそれぞれの枕には寿命がありますが、この寿命を迎えてから新しいものを購入するのではなく、寿命を迎えてしまうタイミングをある程度把握しながら寿命の前に新しいものを購入するようにしましょう。
    寿命が近づいてきた枕であればあるほどに首や肩にかかる負担が大きくなってしまい、細菌の繁殖の可能性なども高くなってしまいます。

    どのような存在であっても弾力性がなくなるということは、それだけ枕の内側での密度が高くなってしまうため、湿度によって細菌が繁殖したり、ダニなどが繁殖したりするような環境を自ら作ってしまうことになります。
    洗濯方法などを間違えてしまい枕のボリュームがなくなってしまったなどの場合にも、やはり新しいものをすぐに買い換える必要があり、買ったばかりでもったいないなどと思わずに、自分の体の為に新しいものを購入するようにしましょう。

    頻繁に買い換えるのが面倒に感じたりするのであれば、あらかじめ比較的寿命の長い枕を選んでおくと良いかもしれません。


  • マクラの洗い時

    想像以上に汚れている事が多い

    毎日使用する枕は何気なく使ってしまうことがほとんどですが、毎日眠っている間に分泌されている皮脂や、ターンオーバーによって剥がれた角質などが付着しているため、あまり衛生的な状態ではありません。
    枕を毎日使用していく中で臭いが出て、始めて初めて洗うという人もいると思いますが、これでは清潔さを保っていることにはなりませんので、定期的に洗うことが大切です。

    一般的に睡眠時間というのは24時間ある1日の中で3分の1と言われていますので、この3分の1の間、不衛生な枕の上に自分の頭を乗せていることを考えたら常に清潔に保つことがどれだけ重要なのかがわかるでしょう。
    また仰向けに眠っているだけではなく、寝返りをうって横向きになった時や、うつ伏せに寝る人などの場合には枕に付着した細菌や、剥がれた角質などの細かな皮膚がすべて肌に付着してしまうことになります。

    入浴後に十分に髪の毛を乾かさず寝てしまう人などの場合には特に細菌の繁殖が促進されてしまい不衛生な状態が続きます。
    この他にも前述の通り皮脂や古くなった角質、汗で増えた細菌、また虫の死骸などが常に付着していることを忘れてはなりません。

    洗うだけではなく、しっかり干すことも大切

    枕の素材によって捉洗い方はそれぞれに違っていますが、洗うことができない枕の場合にはとにかく天日干しをすることが大切となります。
    天日干しをする頻度に関してはできるだけ頻度が多い方が良いと思っておきましょう。
    特にそば殻を使用している枕の場合にはそば殻に穀象虫がついてしまうことが多いので頻繁に天日干しを行い、虫が寄り付かないような状況を整えておくことが大切です。

    水洗いができるような素材の枕であれば1週間に一度程度は最低でも洗いたいところです。
    また洗った後には天日干しをすることが大切ですが、低反発素材などの場合には、直射日光を浴びる程度の日差しを受けてしてしまうと、素材が劣化してしまうことがあるので陰干しをするようにしてください。

    ただ陰干しをする際にもいつまでも湿った状態が続くと細菌が繁殖してしまうため、風通しの良いところで干すことをお勧めします。
    ドライヤーなどを使用して乾かしてあげるのも良い方法といえるでしょう。
    どのような枕であっても上記のように定期的なお手入れが大切となりますが、天日干しをしたり、陰干しをしたあとには必ず表面に付着したダニの死骸やその他の汚れを落とすため、しっかりホコリは叩くようにしてください。

    さらに掃除機で吸い取るようにすれば衛生的な状態がキープできます。
    知らず知らず汚れた枕を使用しているとアレルギー症状が出てしまったりするようなこともありますので、常に清潔な枕で眠ることを心がけてください。
    もちろん自分の枕だけではなく、お子様をはじめご家族の枕の清潔にも気を配るようにしましょう。


  • 効果と選び方

    謳い文句ばかりに気を取られない

    枕を扱っているデパートなどをはじめ、インターネットでは様々な枕の効果について細かく説明されていることがあります。
    例えば、その枕を使用するだけで肩こりが改善されるといった効果や、いびきがなくなるなどといった効果がありますが、このような効果は実際に使用してみなければわかりません。
    例え枕そのものに効果があったとしても、組み合わせる寝具が悪ければ枕が持っている効果を十分に発揮することができず、実際の効果を感じることができないままとなってしまうでしょう。

    またこの他にも驚くほど様々な効果があり、マイナスイオンを発生すると言われている枕や遠赤外線で首や肩を温めてくれる効果を持つなどと言われる枕がありますが、このような効果に関しても注意が必要です。
    枕を使用するだけで骨盤の歪みが改善されるなどといった商品も販売されていますが、実際の効果についてはそれぞれで立証されているものではなく、あくまでも商品を販売するための謳い文句といった認識程度にとどめておくようにしましょう。

    謳い文句を信用して購入してしまい、効果を実感することができなくても、枕を購入したお金が戻ってくるわけではありません。
    自分の体に合っていなければ改めて他の枕を探し新しく購入する必要が出てきてしまいます。

    実際に頭を乗せてみて感覚をつかんでから購入する

    枕を購入する際には上記したような謳い文句に惑わされてしまうのではなく、実際の枕売り場に足を運び、自分で頭を乗せてみるなど、枕の感覚そのものを確かめてから購入した方が良いでしょう。
    万が一インターネットで販売されている枕に実際上記のような効果があれば、知らず知らず口コミで広がり、大人気となったりするような傾向にありますが、このような商品でなければ単純に商品販売を促進するための謳い文句だと思っておいた方が良いです。

    また、首や背骨などの骨格が正されるなどといった枕も販売されていますが、このような商品に関しても、やはり寝具との組み合わせが大切であり、更には寝相そのものも大きく関係してくるので、鵜呑みにして購入しない方が良いでしょう。
    マイナスイオンや遠赤外線等に関しては使用されている素材によって多少の効果を感じることができるかもしれませんが、自分が思っているほど期待度の高いものではないことを覚えておいた方が良いです。

    さらに近年は枕にアロマ効果があり、良い香りに包まれながら睡眠をとることができるような商品も販売されていますが、このような消費はハーブなどが使用されており、実際に良い香りに包まれながら眠りにつくことができるでしょう。
    枕は前述の通り寝具との組み合わせや自分の寝相も大きく関係してくるので、何よりも大切なのは実際に確かめてから購入することになります。


  • 素材

    あまり硬いものは首が疲れることもある

    枕は形状が様々な事は勿論ですが、使用されている素材についても様々なものがあります。
    最も多く販売されているのが綿を使ったものになりますが、綿を使った枕が比較的すぐに潰れてしまう傾向にあるため、頻繁に買い換えなければなりません。
    しかし反対に考えれば、枕のボリュームを自分でコントロールすることができるため、自分が最も寝心地が良いと感じられるボリュームで枕を選べば、毎日の睡眠がとても良質なものになるでしょう。

    オーソドックスなものの他にはストローを使用した枕などもあり、このような枕は素材そのものに硬度があるため、非常にしっかりした造りになっており、頭を乗せた時にも頭が沈んでしまうようなことがありません。
    常に頭がしっかりと枕の硬さを感じていないと眠れないという人などはこのような枕を選ぶようです。

    そしてこの数年人気を集めるようになったのが低反発素材を使用した枕となっており、頭の中に合わせて自然に低反発で頭部を支えてくれるため、非常に寝心地が良い特徴があります。
    このようにさまざまな枕が販売されている中、自分に合っているものを見つけるにはいくつもの枕を購入しながら試していく必要がありますが、しっかりとした枕選びを行っておかなければ毎日の睡眠で知らず知らず体には負担がかかってしまうことになります。

    全身に悪影響を与えることもある

    枕が合っていない場合に負担がかかるのは首だけだろうと思ってしまうかもしれませんが、実際に首に負担がかかっていると、その後肩や腰、さらには最終的に全身に大きな負担をかけることになってしまいます。
    十分な睡眠時間をしているにもかかわらず、毎日の疲れが取れないといった状況になってしまうこともあります。

    このような場合には枕を変えてみると良いかも知れません。
    これまでは自分に合っていると思って使っていた枕でも、実際に合っておらず新しいものに取りかえた瞬間から疲労感が無くなったなったなどという経験を持つ人もいます。
    それだけ枕というのは毎日の睡眠に重要な存在であり、真剣に選ばなくてはいけないことがわかります。

    良い素材を使用している枕であればあるほどに費用そのものも高くなってしまうため、枕に高い費用を支払えないと考える人もいるかもしれませんが、それでも自分の体への負担を考えた場合には、本当に良い枕を選んであげることが大切になってくるでしょう。
    ストローを使用した枕などの場合には特に素材の硬さで首に負担がかかってしまうこともあるため、比較的高さの少ないものを選ぶと良いです。

    また低反発の枕に関しても、ある程度使用していくうちに低反発素材が劣化するので、戻りが悪くなったと感じた場合には新しいものを購入するようにしてください。
    いつまでも古くなった枕を使用していると前述の通り首や肩また、全身に負担がかかるようになってしまうため、寝起きも悪く、一日中怠さがとれないような日々を送ることになります。


  • 種類・形

    自分に合う形を見つける事が大事

    毎日体を休めるために布団に入りますが、ここで重要なのは枕の存在です。
    枕と一言で言っても様々な形があり、使用されている素材についても種類が豊富になっています。
    まず枕の形についてですが、近年は低反発タイプの枕などが人気を集めており、ウェーブ状の形状になった枕を頻繁に見かけるようになりました。

    この他にもオーソドックスな四角い形の枕も根強い人気を誇っています。
    また枕の中心がへこんでいて、頭を乗せた際に後頭部がしっかりと安心するような枕も販売されています。
    さらにはダブルサイズで大きな枕も人気を集めており、この大きな枕で寝るのが大好きだという人もいるようです。
    このほか、型崩れを防ぐために複数の形に分けられた縫い目があるようなタイプの枕もあります。

    それから抱き枕と呼ばれているような枕の場合には本当に様々な形があり、頭を乗せる部分と足の間に挟む部分が細長くなっているような形状です。
    このように枕の形には様々なものがあり、また種類の複数に分かれているため、同じ形状の枕であっても自分に合っているとは限りません。
    気に入った枕の形があれば、同じ種類の枕を購入した方が良いでしょう。

    寝心地が悪くなったら新しいものに変える

    枕には上記のように様々な形がありますが、それ以外にも種類が豊富になっているため、自分の首の高さにフィットする物を選ばなくてはなりません。
    例えば同じ素材が使われている枕であっても内容量が違っているだけで首にかかる負担が大きくなったり、軽減されたりもするので、このようなポイントに注目した上で枕選びを行うようにしましょう。

    枕のデザインそのものについては、カバーをかぶせてしまえば表面から見えなくなりますので、あまりこだわる必要はありません。
    上記したように、一人で眠るタイプの枕と本来は2人で眠るために販売されているダブルサイズ枕などがありますが、こうした種類の枕を使い分けるという人もいます。
    その日の気分によって使い分けたり、首に疲労感がある際には低反発の枕を使用するなどという人もいるようですが、このような枕の使い分けというのは頚椎への負担を軽減させるためにはとても良いことと言えるでしょう。

    反対に枕の種類が変わってしまうと眠れなくなってしまうなどの人の場合には、旅行に出かけると睡眠不足になってしまうため、日頃から自分が使っている枕と持っていくと言う人もいるようです。
    様々な枕がある中で自分にぴったりと合うものを見つけるのは大変かもしれませんが、それだけ枕には重要性があるということをしっかり熟知した上で、枕選びを行う際には実際に手に取り選ぶようにしましょう。

    通販などで購入する際にも使用されている素材などを十分に確認し、口コミやレビューがあれば、こうしたものを参考にしていくと良いでしょう。