フォスフレイクス枕の紹介

ポリエチレン樹脂の枕

デンマークにあるフォスフレイクス社の製造した枕であり、快適な寝心地を追求しています。

・頭にフィットする

ポリエチレン樹脂を伸ばして薄くしており、これをフォスフレイクス素材と言います。
羽毛やそば殻に似たような形状の素材と言っても良いでしょう。
1つ1つは小さくなっており、頭を枕に乗せると、頭の形に合わせて形状を変化させるので、良く馴染みフィットします。
まるで頭の一部のように枕が感じられます。
をフォスフレイクス素材は、1つ1つが不揃いの形や大きさになっているために、それぞれの素材の隙間に空気が入り込み通気性を確保し、熱がこもりにくいです。

・復元力

復元力が高いのも特徴であり、形状記憶並に復元します。
そのために、頭を置いて枕を圧迫したとしても、弾力性があり、とても寝心地が良くなっています。
羽毛のように頭を優しく包み込むので、柔らかく使用感が良いです。
会社の耐久試験では、1万回圧縮したとしても、97%ほどの元の形に復元したと言います。

・丸洗いできる

ポリエチレン樹脂を使っているので、水洗いしても問題なく、丸洗いできる枕であり、清潔に保てます。
またポリエチレン樹脂なので、虫がわく心配もありません。
さらには、100回洗ったとしても、その復元力は失われることはなく、ふわふわのクッション性は保たれます。

繊維状ではないために、枕カバーを除けば、フォスフレイクス素材は埃が出にくいです。
高密度な素材になっているために、ダニも発生しにくく、清潔に使えます。
そのために、赤ん坊にも安心して使うことが出来るのです。
丸洗いできてダニは発生しにくいので、アレルギーのある方でも、安心して使えます。

洗うときの注意点

フォスフレイクス枕の素材は、水に浮きやすいポリエチレンとなっており、洗濯機で洗うときは、少しコツがいります。
特に縦型の洗濯機だと、そのまま枕を洗濯槽に入れて洗うと、沈まずに浮いてしまい、ほとんど洗えないということがあります。

洗濯機で洗うときは、まずは枕を十分に濡らしてから洗濯槽に入れます。
またはタオルなどと一緒に洗うと、それらが重りとなり、枕を沈めて十分に洗えます。
手洗いする時なども、よく水に濡らしてから洗うと良いでしょう。
洗った後は、素材の隙間の水分も乾かし、良く乾かしてから使うようにします。

使うときは、羽毛のように弾力性のある枕なので、そのようなふかふかな枕を使いたい人におすすめです。
埃の出にくい枕や、ダニの発生しにくい枕、丸洗い出来る枕を探している人にも良いでしょう。
反対に硬いあまり弾力性のないような枕や、そば殻のようなゴツゴツした感触の枕を探している人には、他の素材の枕を使った方が良いでしょう。


コメントは受け付けていません。