高反発マクラの紹介

高反発マクラとは?

高反発マクラは、反発力の高いマクラのことを言い、反発力の低い低反発枕やそば殻のマクラなどとは違います。
高い反発力で頭や首を支え、それらの形にフィットしながらも、しっかりと支えてくれます。
他のマクラだと、フィット感などがないことが多いですが、高反発マクラを使用すると、ぴったりとフィットするようになるので、肩や首が楽になったという人が多いです。

ただし、高反発マクラはあらかじめ形が決まっており、他のマクラのように柔軟に形を変えて首や頭を支えません。
そのために、自分の首や後頭部の形に合うマクラを選ばないと、いくら高反発でも、頭に馴染まなくなってしまいます。
十分に吟味して、高反発マクラを選ぶ必要があります。

首や頭にフィットする高反発マクラとは?

高反発マクラは、他のマクラと違い、首に当たる部分が盛り上がっている形状です。
首の部分にフィットするように、このような形となっており、首とマクラの間の隙間を埋められるかどうかが、使うときにはポイントとなります。
隙間があると、その分首を支えにくくなるので、眠っても快適にはなりません。
仰向けになったとき、さらには横になったときも、フィットすると首と後頭部の重量を、マクラが分散し、眠りやすくなります。

マクラが高すぎても、肩の筋肉を緊張させてしまうので、それだけ眠りにくくなります。
頭をマクラに置いたときに、首や背骨が自然な形になるような高さを選ぶと良いです。
逆に、首や肩を圧迫するぐらい高すぎるマクラは、眠りにくいでしょう。
高すぎるマクラは、眠っても呼吸しにくくなるので、やはり熟睡を妨げます。

いくら高反発マクラが、他のマクラと比べると素材が硬く作られていると言っても、ある程度柔軟性は必要です。
ほとんどクッション性がないぐらい硬いと、頭を置いても、頭の一部しか支えないので、眠りにくくなり、その一部をマクラが圧迫して痛くなってくることもあります。
ある程度は弾力性のある高反発マクラが、眠りやすいでしょう。

頭にフィットしても、寝返りしにくいマクラでは、眠りにくくなってしまいます。
いくら人間工学に基づき、頭にフィットするように作られた高反発マクラでも、同じ姿勢で30分もいるのは辛いものです。
人は眠っている間でも寝返りを打って、時々体制や頭の位置を変えています。
こまめに寝返り出来るマクラが使いやすく、頭をマクラに置いたら左右に動かしやすいと良いでしょう。
その他にも、通気性が良いか、洗濯できるのかなど、個人の好みの問題で使いやすいかどうか決まる部分はあります。
もしも高反発マクラを選ぶならば、写真などを見てそのまま選ぶのではなく、実際に一度試しに頭を置いてフィットするか確かめると良いでしょう。


コメントは受け付けていません。