パイプ枕の紹介

パイプを入れた枕

パイプ枕は、枕カバーの中に短く小さいプラスチック製のパイプを無数に入れており、使いやすいです。
通気性がとても良く、夏などでも通気性を確保でき、通気性がよいのでカビやダニも発生しにくいです。
自分の頭の高さに合わせて調節しやすく、また手軽に洗えるので、清潔に保ちやすいです。
値段に対する性能を考えると、優れた枕と言えますが、パイプに慣れていない人は、使うと違和感があるので、使い方のこつがいります。

快適に使うコツ

・頭にフィットさせる

購入時は、メーカーがパイプを多く入れてあることもあり、枕に弾力性がさほどなく、頭にフィットしないことがあります。
そのような場合は、まずはパイプを少し取り出し、枕が変形しやすくして、頭と首にフィットするように調節しましょう。
首と枕の間の空間が多いと、フィットせず眠りにくくなります。
それでもフィットしないときは、タオルを敷く、または柔らかいパイプに変えます。

交換用のパイプが売っているので、自分の好みの堅さのパイプを買って、パイプごと全部交換すると良いです。
詰め替え用のパイプであれば、1kgほど買うと十分に枕になります。
プラスチックやポリエチレンのパイプが多いですが、ある程度弾力を求めるならば、エラストマーというゴムで出来たパイプもあります。
ストローを切ってパイプ代わりにするのは、すぐ劣化するので止めた方が良いでしょう。

・枕がずれる

眠っていると、枕がずれて眠りにくいときは、逆にパイプの量を増やします。
増やすことで、枕が変形しにくくなり、頭を乗せても枕が動かず、快適に眠れます。
しかしそれでも枕が動いてずれるときは、安定しやすい構造のパイプ枕に変えてみましょう。
パイプを小分けに袋に入れて、枕カバーで覆っているような製品は、枕がずれにくくなっています。

洗濯方法

パイプ枕は、プラスチックのパイプを使っているので、洗うのもそれほど大変ではありません。
手洗いするときは、冷たい水か温めのお湯を使い、バケツなどで洗うと良いです。
汚れが酷いときは、30分か1時間つけ置きすると、汚れが落ちます。
洗った後はしっかりすすぎ洗剤をよく落とし、よく乾かしておきましょう。
洗濯機でも洗うことができ、枕カバーを外してそのまま洗濯できます。
ただパイプを入れている袋が破ける可能性があるので、洗濯ネットに入れて洗った方が良いでしょう。

洗った後の乾かし方は、袋からパイプを取り出して乾かしても、そのまま枕ごと乾かしても問題ありません。
ただ日光で乾かすと、熱でパイプが変形する可能性があるので、あまり熱すると良くありません。
また、パイプの中に水が入るとなかなか乾かないので、パイプは枕から取り出して、乾かした方が無難でしょう。


コメントは受け付けていません。