素材

あまり硬いものは首が疲れることもある

枕は形状が様々な事は勿論ですが、使用されている素材についても様々なものがあります。
最も多く販売されているのが綿を使ったものになりますが、綿を使った枕が比較的すぐに潰れてしまう傾向にあるため、頻繁に買い換えなければなりません。
しかし反対に考えれば、枕のボリュームを自分でコントロールすることができるため、自分が最も寝心地が良いと感じられるボリュームで枕を選べば、毎日の睡眠がとても良質なものになるでしょう。

オーソドックスなものの他にはストローを使用した枕などもあり、このような枕は素材そのものに硬度があるため、非常にしっかりした造りになっており、頭を乗せた時にも頭が沈んでしまうようなことがありません。
常に頭がしっかりと枕の硬さを感じていないと眠れないという人などはこのような枕を選ぶようです。

そしてこの数年人気を集めるようになったのが低反発素材を使用した枕となっており、頭の中に合わせて自然に低反発で頭部を支えてくれるため、非常に寝心地が良い特徴があります。
このようにさまざまな枕が販売されている中、自分に合っているものを見つけるにはいくつもの枕を購入しながら試していく必要がありますが、しっかりとした枕選びを行っておかなければ毎日の睡眠で知らず知らず体には負担がかかってしまうことになります。

全身に悪影響を与えることもある

枕が合っていない場合に負担がかかるのは首だけだろうと思ってしまうかもしれませんが、実際に首に負担がかかっていると、その後肩や腰、さらには最終的に全身に大きな負担をかけることになってしまいます。
十分な睡眠時間をしているにもかかわらず、毎日の疲れが取れないといった状況になってしまうこともあります。

このような場合には枕を変えてみると良いかも知れません。
これまでは自分に合っていると思って使っていた枕でも、実際に合っておらず新しいものに取りかえた瞬間から疲労感が無くなったなったなどという経験を持つ人もいます。
それだけ枕というのは毎日の睡眠に重要な存在であり、真剣に選ばなくてはいけないことがわかります。

良い素材を使用している枕であればあるほどに費用そのものも高くなってしまうため、枕に高い費用を支払えないと考える人もいるかもしれませんが、それでも自分の体への負担を考えた場合には、本当に良い枕を選んであげることが大切になってくるでしょう。
ストローを使用した枕などの場合には特に素材の硬さで首に負担がかかってしまうこともあるため、比較的高さの少ないものを選ぶと良いです。

また低反発の枕に関しても、ある程度使用していくうちに低反発素材が劣化するので、戻りが悪くなったと感じた場合には新しいものを購入するようにしてください。
いつまでも古くなった枕を使用していると前述の通り首や肩また、全身に負担がかかるようになってしまうため、寝起きも悪く、一日中怠さがとれないような日々を送ることになります。


コメントは受け付けていません。