光と色

明るすぎる照明やカラーは良くない

自分が眠る寝室に強いこだわりを持っている人も多く、様々な寝具が販売されている中でも日頃から自分が好んでいるカラーリングで寝室をまとめているなどという人も沢山います。
もちろん自分が安らげるというのが最も重要なポイントになりますが、あまりにも照明が明るすぎてしまう寝室や、様々なアイテムが落ち着かないカラーの場合には、寝付くまでの興奮状態が続いてしまい、十分に休養することができなくなってしまいます。

自分の中では落ち着くと思っていても、色が与える影響というのは非常に大きなものですので、本来は落ち着いて睡眠に入る事が大切ですが、知らず知らず脳が興奮した状態のままになってしまうようなケースもあります。
まず寝室の照明に関しては明るすぎてしまうものは避け、LED等の明るい光よりも暖色系を使用した電球が向いています。
寝る前まではとても明るい状況でいても良いですが、眠る際には温かみを感じられるような照明の中で眠ることが理想的です。

さらに落ち着けるカラーに関してですが、これは自分の好みの色だけではなく、リラックス効果のあるカラーリングを用いることが重要となっています。

奇抜な色は健康への悪影響もある

前述の通りリラックス効果のある色を選ぶことが大切な寝室に、奇抜なカラーリングを用いてしまうといつまでも脳が興奮した状態が続いてしまうため、眠ってる間も十分に脳や体が休むことができなくなってしまいます。
このような状況を避けていくためにも理想的なカラーはクリーム色やパステルカラーだといえるでしょう。

特にパステルカラーの中でも、パステルグリーンやパステルブルーに関しては、大きなリラックス効果を持っているためにゆっくり体を休めるためには最適だといわれています。
寝室を自分好みに飾ることでより多くのリラックス効果を得られると感じている人もいるようですが、自分の好みばかりを優先してしまう内に知らず知らず、リラックス効果の妨げになっていることもあります。

前述の通り寝室の照明や落ち着ける色などをたくさん取り入れながら寝室を作っていくようにすれば、毎日の睡眠がとても良質なものとなり、疲れをしっかり癒すことができるでしょう。
また朝の寝起きなどについても大きな影響があり、スッキリとした寝起きをお迎えられるのか、不愉快な目覚めになってしまうのかについても、証明や寝室のカラーリングによって違いがあることを覚えておきましょう。

もちろん、一色でまとめれば良いというものではなく、複数のカラーリングを使用してよいですが、それでもやはり奇抜なカラーリングなどは可能な限り避けて、ナチュラルな雰囲気にした方が良いでしょう。


コメントは受け付けていません。