室温

湿度が高いと眠りにくい

自分が眠っている間というのはお部屋の中の環境が分からなくなってしまうものですから、例えば眠っている間に湿度が高くなってしまったりするようなことがあれば、蒸し暑い中で眠ることになってしまいます。
湿度が高くなってしまったり、温度そのものが高くなったり低くなったりする分には目を覚ましエアコンを入れるなどということもできますが、特に、湿度の高い状態が続いてしまうと寝室にカビが生えたり、さまざまな細菌が繁殖したりする可能性が高くなるので湿度には気をつけなくてはなりません。

快適な湿度というのはどのくらいかというと、一般的には湿度40から60と言われています。
また湿度に関しては、それぞれの体感温度が違っているので好みが分かれるところですが、最も体に理想的とされているのは26度から28度だといえるでしょう。

下回れば寒さを感じたり上回れば少し暑さを感じたりすることになります。
特に湿度が高い状態のお部屋で室温が上がってしまうと、細菌の繁殖を助けてしまうことになりますから注意しましょう。

睡眠中のエアコン多用は避ける

眠っている間の湿度と室温については常に快適な状態を保つ必要がありますが、かといってエアコンを多用してしまうのは体にとって良くありません。
エアコンを使用して室温をコントロールしていれば確かに寝心地が良いと感じるかもしれませんが、エアコンが眠ってる体に与える悪影響というのは非常に大きなものになっていますので、知らず知らず体が冷えてしまうようなこともあります。

また湿度に関してはエアコンのドライを入れておくことで除湿を行うことができますが、これもやはり温度設定を間違えてしまえば体温が奪われたり、反対に暑さを感じてしまうようなことがあるので注意しましょう。
敏感に室温を感じたり、布団をかけたりするために目を覚ます人は非常に少なく、知らず知らずうちに体が消えていて、風邪をひいてしまうなどといったこともあります。

あくまでも快適な湿度や室温として、上記に挙げた温度は平均的なものになりますので、それぞれで好みの室温をキープすることが大切ですが、極端な話、あまりにも高い室温や低い室温に慣れてしまうと、自然環境になじめず夏場のエアコンがない環境の中で耐えられなくなってしまったり、冬場には常に暖房がかかっていなければ寒くて仕方がないなどと言う体になってしまうので、健康を維持していくためにも快適な湿度と室温はエアコンではなく、除湿機や寝具の選び方また眠る際のウェアなどによって選ぶようにしましょう。

涼感を感じられるような寝具なども販売されていますので、こうしたものを上手に使用しながら暑さをしのいだり、冬場であれば保温性の高い寝具を選ぶようにするだけでも快適な眠りが訪れます。


コメントは受け付けていません。