実は安眠を妨げる「ブルーライト」

ブルーライトの特徴

ブルーライトの特徴ですが、以下のような「目に働きかける力」が問題視されている、という特徴があります。

そもそもブルーライトとはなんなのかというと、ブルーライトは「LED照明などに含まれている青色光」のことです。
ライトの光と同じで、ブルーライトを正確に認識するのは難しく、多くの人はブルーライトの存在そのものを知らずに、LED照明を使用しているケースが多いです。

しかし、ブルーライトを浴びすぎると以下のような問題が起きてしまうので、近年では、ブルーライト対策が呼びかけられるようになりました。
ブルーライトの特徴であり問題その1ですが、「目に悪い」ので良くないという指摘が多いです。
通常のライトよりも、ブルーライトは「多くのエネルギーを内包している」という厄介な光です。
しかも、目に対して刺痛のようなものは発生しません。

多くの人は、「目がショボショボする、目の上が少し重いように感じる」程度でしか、ブルーライトを認識できていないのです。
しかし、ブルーライトを長く浴び続けていると、目が疲れやすくなってしまうため、目のピントを合わせるのが困難になり、ストレスが溜まりやすくなるのです。
そのため、ブルーライトは「ストレスが溜まりやすく、睡眠にも悪影響を及ぼす」と言われています。

ブルーライトの問題その2ですが、「体内時計に良くない」という指摘も存在します。
体内時計とは、定まった時間に対して発生する感覚のことです。
例えば、睡眠の前に「眠気が発生するのも体内時計のおかげ」と言われていますが、ブルーライトは、そんな体内時計を狂わしてしまうのでは・・・と指摘されているのです。

また、なぜこれほどブルーライトが注目されているのかというと、それは「スマートフォンの影響」です。
スマートフォンにもブルーライトは存在し、この影響で人々は安眠できなくなったのではという考えが存在するのです。

ブルーライトの対策

ブルーライトの対策ですが、2種類の対策方法が今では有名になっています。

1つは「ブルーライトの量を減らす」という目的で、テレビ、パソコン、スマートフォンの使用時間を減らすというシンプルな対策です。
確実に効果がありますので、スポーツなどを楽しむなどして、ブルーライトの量を減らすのは確かに効果的です。

ですが、このような対応が面倒、もしくは時間の都合でできない・・・という人もいますので、今では「ブルーライトを制限する眼鏡」を使用されている人も増えてきました。
過去では、「パソコン用眼鏡」として販売されていましたが、今では1000円ほどで買えるパソコン用眼鏡にも、一定数のブルーライトを防ぐ効果があるので、このようなグッズで防ぐという手段(対策)もありでしょう。


コメントは受け付けていません。