熱帯夜の快眠術

睡眠不足は夏バテの原因

連日暑い日が続く夏の日本。
近年は熱帯夜になることも多く、寝苦しくてなかなかぐっすりといい睡眠が取れない人も多いのではないでしょうか。

この時期にしっかり睡眠を取っておかないと、夏バテの原因になることもあるのです。
ねれないので疲れもしっかりとることができず、朝になってもだるさが残ったり食欲がなかったり、最悪の場合は夏風邪なんてことにも。
こういった夏バテの主たる原因は、体力の低下によるものです。
なので、一番重要なのは良質な睡眠をしっかりとって疲れを取るということなんですよね。

エアコンや扇風機に頼るのもいいのですが、人によってはエアコンをつけると体調が悪くなってしまったりする人も多いはず。
できるだけ体に負担をかけずに、快適に熱帯夜を乗り切る方法をいくつかご紹介します。

まずは枕を変えてみよう
現在人気がある低反発の枕。
自宅でも使用している人は多いですよね。
この低反発の枕は、ウレタン素材の中の気泡によっては頭部に熱がこもって蒸れてしまうことも。

頭寒足熱という言葉があるように、頭を涼しく感じるだけでもぐっと体感温度は下がります。
脳を冷やして休息させることで睡眠の質は一気にアップ。

いろいろなアイテムを試してみよう

熱帯夜に快適な睡眠を得るように枕を変えよう!と思ったらまずは素材から。
オススメは、籐や竹、陶磁器などです。

陶磁器と聞くとちょっとびっくりしてしまいますが、涼しさはかなりのもの。
慣れてくると頭が痛くなることもありません。

竹素材や籐の枕はとっても通気性がよいので、頭に熱がこもることもありません。
お昼寝などには大活躍してくれるでしょう。

枕でだいぶ涼感が感じられるようになってきたら、次はゴザなどにも要注目です。
寝る場所の温度が高いとやはり睡眠の質は落ちてしまいます。
なので、い草や寝ゴザといったものを上手に利用してみるといいですよ。

畳に横になるとひんやりして気持ちがいいものですよね。
その効果を寝ゴザやい草を利用することで自分のベッドでも涼しく眠ることができるというわけです。

こういった日本古来からの涼感アイテムとともに、エアコンや扇風機をうまく組み合わせることで蒸し暑くて寝苦しい熱帯夜でも快適に眠ることができるようになるはず。
エアコンも、タイマーをセットしたり弱めに一晩中つけておいたほうがぐっすり眠れる人が多いようですよ。

睡眠は疲れをとる一番の方法ですし、体力が必要なこの時期にはしっかり眠って夏バテを防ぎたいもの。
枕やシーツ、敷きパットなどをちょっと工夫することで同じ室温でもだいぶ体感温度は変化します。
熱帯夜を乗り切るには、こういったアイテムをうまく利用するほうが健康にもいいですよね。


コメントは受け付けていません。