ロングスリーパーがショートスリーパーになるための眠り方

ロングスリーパーでも短時間睡眠で満足するには

ロングスリーパーというのは長時間眠らないと頭がぼーっとしてしまい、行動を起こすことができないなどの特徴があります。
また、ロングスリーパーの方はアラームをかけていても音に気がつかず遅刻をしてしまうことなどもあるでしょう。

何よりも眠ることを優先してしまい短時間睡眠で起きるなどということが非常に難しいと言えます。
しかしこのようなロングスリーパーであっても短時間睡眠で生き生きとした生活をするためには、どうすればよいのでしょうか?
毎日のように長時間眠ってしまうことによってお仕事などにも支障が出てきてしまいます。

また、プライベートを充実させるという部分でもある短時間で薬等にあまり活動的に過ごすということも大切になります。
ロングスリーパーの方が自分の中で長時間眠らないと体がもたないからと思い込んでいますが、そのことがありません。

実質的に人間の体というのは6時間程度眠れば十分活動できるようになっています。
まずはリズムを整えながら短時間睡眠でも大丈夫な体を作っていきましょう。

明るい、うるさいは避けること

ロングスリーパーの方が短時間睡眠を心がけていくためには、明るい環境と騒々しい環境は避けましょう。
案外ロングスリーパーの方の場合、明け方近くまでテレビを見ていたりスマホやパソコンなどを触っていて、それから眠りにつくということがあります。

その後、夕方近くまで長時間眠ってしまい再び目が覚めるとすぐに夕方や夜になってしまうので、またダラダラと過ごして明け方まで起きているといったリズムを繰り返してしまいがち。
まずはパソコンに触れる時間やスマホに触れる時間、そして電気を点けている時間を減らしていきましょう。
眠る直前までテレビ、そしてスマホ、パソコンなどを見ていると脳が興奮状態になり、スムーズに眠りにつくのが難しくなります。

寝る前の1時間程度はこういった電波を受けないように、部屋を暗くして眠る体制に入りましょう。
最初のうちはなかなか眠ることができませんが、慣れてくるとリズムも整っていきます。

ショートスリーパーは得をすることが多い

毎日のように超短時間ともいえる睡眠不足が続いてしまうのは良い事ではありません。
しかしロングスリーパーの方が睡眠を心がけた生活をすることによって、得に感じる事もたくさんあります。
朝しっかりと日差しを浴びることによって体内のリズムが整うことや、早い時間から活動することで気持ちがリフレッシュできるという部分などがメリットです。

また、お洗濯などの家事をはじめとして、その他自分の行動全てにおいて早い時間を意識することで新しい発見もたくさんあります。
早い時間に起きて買い物に出かけたら安売りをしていて、食品がリズムに購入できたなどというのも一つのメリットになるでしょう。


コメントは受け付けていません。