理想の姿勢で快眠へ

フランスベッドと快眠の関係

フランスベッドは、「独自の構造の影響で快眠を得られるベッド」と評価されています。

ですが、具体的にどのような面で優れているのか知らないという人もいるので、今回は、フランスベッドは快眠に対してどのような影響を及ぼすのかを、1つずつ丁寧に案内させていただきます。
まず、フランスベッドは「三層構造」となっているので、他のベッドと比較しても快眠を得やすいとされているのです。
三層構造とは、「柔らかい、硬い、柔軟性に優れる」の3点において、優れた性能を発揮する構造になっているという意味です。

例えば、ベッドが柔らかすぎる場合は「腰を痛めやすい」ので、硬さは必要となります。
しかし、硬すぎると「寝付きが悪くなる」ので、硬すぎてはいけません。
そのため緩衝材が必要となり、フランスベッドは柔らかく硬い、しかし緩衝材のおかげでバランスが保たれている三層構造となっているのです。

他にも、フランスベッドは「ソフト素材がふんだんに使われている」ので、快眠に良いという見方も存在します。
先ほどの三層構造では、三層構造を成立させる素材、効果の話が出てきましたが、他にも、目に見えない範囲で幾重もソフト素材が使用されているのです。
これにより、「フランスベッドそのものが傷みにくくなる」ため、長期間の使用であっても、フランスベッドの睡眠が快眠となりやすいのです。

逆に、段々と横、中央付近が傷みやすい場合、その部分に体が埋まってしまうので体に良くありません。
寝違いになってしまうこともありますし、息苦しくなって起きてしまう可能性まで出てきます。

寝姿勢を考慮して作られている

現代では、科学に基づいたベッドの開発も行われていますが、人間工学を意識したデザインについては、フランスベッドに一日の長があります。

というのも、フランスベッドは昔から「寝姿勢を考慮していた」からです。
今では、フランスベッドに使用されている素材として、スプリングが丈夫なもの、よりスプリングとしての効果を発揮する素材に置き換わっていますが、それでも、基本的なデザイン設計に関しては大きく変わっていません。
昔風の丸みを帯びているもの、キングサイズ以上のフランスベッドも数多く存在します。

ですが、寝姿勢を正しいものに変えるために、フランスベッドには必ず「支持層」と呼ばれる層が用意されているのです。
支持層があるので、寝ている最中に体が動いたとしても、体にかかる負荷が変わらないという作りを実現できています。
また、コイヤーパッド、プレスパームロックといった、支持層に相応しい加工が細かく行われている作りのため、これも快眠に一役を買っている機構と言えます。


コメントは受け付けていません。