安眠効果をもたらすストレッチの紹介

ストレッチの必要性

安眠効果をもたらすストレッチについてですが、そもそも、どうしてストレッチすると体に良いのか、睡眠に良いのかを1つずつ案内させていただきます。

人によっては、運動などの後にストレッチは行うもの・・・と思っている人も多いでしょうが、ストレッチには次のような効果もありますので、ストレッチは「生活の質を改善する効果がある」ことで有名になっているのです。
まず、ストレッチを10分前後で行なっていると、「ストレスが低減する」ことが認められています。
人が抱え込むストレスの多くは、「筋肉に宿る」ことが多いため、使用していない筋肉を使用するストレッチには大きな効果があるとされています。

しかも、ストレッチを続けていると、「寝付きが良くなる」という利点も発生するのです。
睡眠の前に体を動かすのは、実はあまり良くないとされている行動の1つです。
刺激を体に与えると眠気が無くなってしまうこともあるので、ストレッチだけでなく、軽い運動も行なったほうが睡眠の質が向上するのでは・・・、と思い込まないようにしましょう。

ストレッチは、屈伸のような誰にでもできるもので構いません。
ヨガのような難度の高いストレッチを要求されているのではなく、肩、腰を上手くしならせて、体全体で「筋肉のしなりを感じる」ことが大事です。

また、大量の汗をかくようなストレッチは控えてください。
パジャマなどに汗が付着し、結果的に体の冷えに変わってしまう原因を作っているのと変わらないからです。
それと、ストレッチを行う際は「スロースペースで疲れない程度」がベストです。
このように体を動かしていると、睡眠時の体のコリがほぐれやすく、これにより安眠できることが多くなるのです。

それと、ストレッチ前に「温かいミルク、もしくは生姜湯(しょうがゆ)」を飲むのも効果的です。
ミルクには神経を鎮静する効果、生姜湯には脂肪燃焼効果があり、健康的な睡眠を体験できる回数が多くなります。

ストレッチの効果を高める方法

安眠効果をもたらすストレッチですが、なにも眠る前に布団の上などで行わないといけない・・・、と定められているわけではありません。

雑誌、サイトなどでストレッチの情報を集めると、前述のような場所、環境でストレッチを行なっていることが多いです。
ですが、「入浴中に屈伸する」、「散歩を楽しみ、家に到着後屈伸する」という対応でも、体の状態がかなり良くなるとされています。
また、「音楽を聴きながらのストレッチ」、「アロマテラピーを狙ってアロマを焚いてストレッチ」という対応でも、ストレッチの効果が高まり、結果的に安眠できやすくなると言われているので、このような対応をとってみるのも良いでしょう。


コメントは受け付けていません。