途中覚醒の対策

途中覚醒の原因

一般的に「年齢が大きな原因」と言われています。
ですので、年齢の影響で途中覚醒になってしまう人が少なくありません。
途中覚醒とは、「安眠できずに起きてしまう」ケースが該当するので、年齢を重ねるたびに睡眠の質が下がってしまい、結果的に途中覚醒の原因が増えていくという人も多くいるのです。

また、途中覚醒になってしまっても、すぐに眠れる人、眠れない人に分かれることが多いです。
若い人の場合はすぐに眠れるのですが、中高年の方ではすぐに眠れないことが多いというふうに、途中覚醒の後にも悪影響を及ぼす原因として、年齢の問題が良くテレビなどでも取り上げられるようになりました。

さらに、「体の痛み」も途中覚醒の原因とされています。
具体的には、首、肩、腰が痛みやすいと途中覚醒になりやすいそうです。
また、どうして痛みで起きてしまうのかというと、痛みが発生している時間が長い人、長くない人が存在するからです。
首、肩の痛みが顕著なのですが、若い時はまったくこれらの痛みを感じない人もいます。
すると寝付きが良いので、途中覚醒してしまう心配が無いのです。

しかし、寝付きが悪くなってくると、うつ伏せになって寝てしまう、そのために呼吸困難を招いてしまう人も多く、その際には痛みを強く感じる人までいるのです。
この途中覚醒の原因の厄介なところは、寝姿勢が良くなる寝具でなければ、中々、意識的に問題を解決できないところにあります。

他にも、「飲酒量、食事量が増えてしまっている」ことも途中覚醒の原因です。
酒、食事ともに量が多くなるに連れて、「胃の負担が大きくなる」という問題を備えているので注意してください。
このような問題を放置していると、いきなり胃が荒れやすくなったり、気持ち悪さのせいで途中覚醒が多くなるのです。

途中覚醒の対策

途中覚醒の対策ですが、「ホルモンバランス改善が効果的」とされています。

その中で、特に睡眠に対して良いと言われているのが「メラトニン(睡眠ホルモン)」です。
メラトニンの分泌を増やすことに成功すると、「自然な形で眠りにつきやすくなる」とされているため、若い頃のような気持ちの良い睡眠を得られるそうです。

メラトニンを増やす場合ですが、「規則正しい生活」が重要となってきます。
起床時にはしっかりと日光を浴びるようにする、食事の量が毎回で大きく異ならない、睡眠時に人工的な光(テレビの光など)を浴びないようにする・・・だけで、ホルモンバランス改善に大きな影響を与えられるのです。
近年では、子どもの途中覚醒も問題視されていますが、これらの問題もテレビ、パソコン、スマートフォンの影響が強いとされています。


コメントは受け付けていません。