フランドベッドはリッチな気分を味わうことが出来る

フランスベッドとは、日本人のための会社だな。と思ったのですが、一体どんな会社なんでしょうか。
フランスベットは、1949年創業、約60年の歴史がある会社です。
私も最初勘違いをしてしまったのですが、
フランスベットというのは、
フランス資本の会社ではありません。
日本人の体型にあったベッド・マットレスを、日本の工場で生産している日本のメーカーなのです。
社名の由来は、日本の生活が欧米化し始めたころ、ベッドを生産するにあたり、
社内公募されたものの中で、聞こえが良いという理由で決まった社名だということです。

ベッドやマットレスを購入するにあたって、一番優先することは、やはり寝心地です。
上質で快適な睡眠は、健康で丈夫な身体を作る資本だといわれています。
しかし海外で評判が良いベッドや、マットレスを、
実際私たち日本人が使用をしても、快適に睡眠をとれるのだろうか、
疲れがとれるのだろうかという疑問点があります。
海外と気候も違えば、人の体格や骨格も違うのですから。
その点、フランスベットのベッドやマットレスは、長年の研究において
日本人の体格や骨格を知り尽くし、日本の気候にあわせて製造しているので、
日本人が快適に使用をすることが出来るのではないでしょうか。
まさに『日本人のための会社』であることが言えると思いました。

フランスベットは、ベッドやマットレスをはじめ、他にも色々な商品が販売されています。
長年培った技術力を生かし、福祉における療養ベッドも生産していたり、
ソファーや枕やかけ布団も販売されているとのことです
殊のほか、羽毛布団にも力を入れているとのことで、ベッドやマットレスと一緒に使えば、
より快適で心地よい眠りが手に入れられそうなので、あわせて購入を考えています。

またフランスベットは、独自の規格や基準をもっているとのことです。
その独自の規格や基準は、JIS規格よりも厳しく設定がされているとのこと。
この厳しい基準をクリアしない限りは、商品化されないというのは、
高品質な商品しか提供をしていないんだろうなと感じました。
業界におけるトップクラスを走り続ける理由が伺え知れます。

品質が良い寝具を使えば、寝心地が良く、上質な眠りは約束されたようなものです。
それだけでなく、デザインも高級感あふれ色使いもシックなものが多いので、
フランスベッドのベッドを寝室に置くだけで、リッチな雰囲気になります。
寝室という寝るためだけの部屋が、気持ちを豊かにしてくれる空間になります。
居心地の良い空間でゆったり読書をして、心を落ち着かせる・・・
そのまま心地よい眠りにつけば良い夢が見れそうな気がします。

フランスベットは、日本人による日本人のための会社で、
リッチな気分を味わうことが出来る商品が、沢山揃っている会社なのではないでしょうか。


コメントは受け付けていません。