• オルゴールの睡眠効果

    自律神経を整える効果

    人間の耳は、一定の周波数の音しか聞くことが出来ませんが、高周波や低周波など耳が音として認識できない範囲の音は、脳幹を活発にする働きがあります。
    この活発にするのに最適な音が、オルゴールの音と言われます。
    脳幹は自律神経の働きを整える、ホルモン分泌を行うなどのことをしており、脳みその中の脳幹からホルモンは出ていき、体全体に巡り渡ります。

    脳幹の働きが悪いと、自律神経は乱れていき、ホルモンも少なくなり、睡眠にも悪い影響を与えます。
    逆に脳幹の働きを活発にすると、自律神経を整え、ホルモンも沢山分泌するようになるので、睡眠しやすくなり、質の良い睡眠に繋がります。
    オルゴールの音によって、脳幹を刺激し、脳幹への血流を改善し、睡眠改善にも繋がります。

    オルゴールの音と睡眠の質

    高周波や低周波の音は、喧噪のある都会ではほとんど発生せず、森や川など、自然が多く静かな場所に行かないと、そのような音は感じられません。
    音として耳が感じることは出来ませんが、脳みそは確実にそのような音は体感します。
    そして、川のせせらぎの音や、鳥のさえずりの音は、人が聞けば心地よいと実感し、森林浴などを楽しむ人もいます。

    そのような音は人をリラックスさせてくれて、実はオルゴールもこれらの音と同じなのです。
    ただオルゴールの音でも、CDやパソコンなどだと、すでに加工されており、高周波や低周波部分がカットされています。
    オルゴールの音を聞くならば、オルゴールそのものから発する音を聞くようにすると、睡眠にも良いでしょう。

    人工的な音の周波数は、20~2万Hzと、人間が実際に音として関知できる範囲の周波数しかないです。
    音として聞こえない部分の周波数は無駄となり、また人工的な音のデータにすると、データ容量が多くなるために、無駄な部分はカットして削除しています。
    しかし、オルゴール本体から発する音の周波数は、3.75~10万2千Hzとなっており、人間が音として聞こえない周波数帯も含まれるのです。

    オルゴールの音を聞くと、脳幹が刺激され、ホルモン分泌を促してくれます。
    その分泌されるホルモンは、何も眠りに関するものばかりでなく、生活で必要となるホルモンも分泌されます。
    このために、オルゴールの音を聞くと、生活で必要となるホルモン分泌を促し、それは健康に関わるホルモンも多くあるので、健康を促進するのにも役立ちます。
    脳幹は副交感神経にも関わっているので、活発にすると、副交感神経を優位にして、体をリラックスさせてくれます。
    脳幹を活発にすることは、睡眠の質を改善するばかりでなく、総合的に健康にも良いのです。
    睡眠前にオルゴールを聞くほかにも、日常的に聞くと良いでしょう。


  • 腸内フローラと睡眠の関係について

    腸内環境と睡眠の質

    睡眠の質は、あまり知られてはいませんが、腸内環境も関係しています。
    深い眠りを得るならば睡眠環境を整えるなどの他に、腸内環境も整えると良いです。
    睡眠ホルモンとも言われるメラトニンは、脳内で分泌され、朝陽を浴びると分泌が減り、夜に近づくと分泌が増えていき、眠気を感じるようになります。

    メラトニンは、セロトニンを材料として生成され、セロトニンはアミノ酸の1つであるトリプトファンを材料にして作られます。
    つまり大元となるアミノ酸のトリプトファンがあると、メラトニンが作られて、そのメラトニンによって深い眠りに入れます。
    メラトニンは、睡眠の質に関係するので、多いと質の良い眠りが行えるのです。

    食事からトリプトファンは摂取することが出来ますが、セロトニンにするためには、ビタミンが必要となり、多くのビタミンを使います。
    それは腸内でビタミンを吸収し、そのビタミンを使い、トリプトファンにしていきます。
    そのために、沢山のビタミンを摂取するのが良いですが、いくら野菜やサプリメントでビタミンを摂取しても、腸内で吸収できないと、そのまま体外に出て行ってしまいます。

    ビタミンを効率よく体に吸収するためには、腸内環境を整える必要があり、いくら沢山ビタミンを摂取しても、腸内環境が悪いと、ビタミンの吸収を悪くしてしまいます。
    腸内環境を整えるのに必要となってくるのは、腸内細菌の1つである腸内フローラです。

    腸内フローラについて

    腸内フローラは、腸内にいる細菌たちのことであり、腸内細菌叢とも言われます。
    特定の細菌のことを指すのではなく、腸内にいる細菌の状態を言います。
    通常腸内には、善玉菌と悪玉菌がおり、また腸内環境によりどちらかに変化する日和見菌がいます。
    腸内には100種類以上もの細菌が生息し、その数は100丁以上とも言われます。
    腸内の細菌がコロニーを形成し、そのコロニー群の状態が顕微鏡で見るとお花畑のように見えることから、腸内フローラと言われます。

    腸内環境を整えるには、まずは栄養バランスの良い食事が大切です。
    栄養が偏ると、腸にも栄養が不足し、腸内環境が悪化してしまい、悪玉菌が増えていきます。
    腸には、食物繊維やオリゴ糖などを摂取するとよく、これらは善玉菌の栄養となります。
    乳酸菌の多い食べ物を摂取しても良いでしょう。
    グルタミンも腸内で栄養源となるので、肉や魚などをバランス良く食べると良いです。

    運動することも腸内環境を改善します。
    運動すると血行を促進するので、腸にも血液が巡りやすくなり、酸素や栄養が腸に多く届き、腸内環境を改善します。
    運動する習慣のない人は、軽い運動からでも良いので、ある程度まとまった時間運動すると良いでしょう。


  • セロトニンと睡眠の関係について

    神経伝達物質

    セロトニンは神経伝達物質の1つであり、ノルアドレナリンやドーパミンなどと同じ種類の物質です。
    興奮や好奇心などを司る神経伝達物質の中でも、セロトニンは、精神を安定させる役割があると言われています。
    セロトニンは物質の1つなので、増やすことも減らすこともでき、体で不足すると以下のようなことが起こります。

    ・眠りの質が下がる

    不足すると精神のバランスが崩れるために、体がリラックスせずに、不安定となり、睡眠の質を下げます。
    体が興奮しやすくなってしまい、また睡眠に関わるホルモンのメラトニン生成の材料ともなるために、眠りにくくなる、睡眠が浅くなるなど起こります。

    ・感情に関係する

    セロトニン不足は、精神を不安定にして、興奮してもその気持ちにブレーキをかけられなくなります。
    そのために、怒りっぽくなる、情緒不安定になるなどして、さらには集中力も欠きやすくなります。
    ノルアドレナリンなどの抑制にも関わるので、セロトニン不足は、怒りやすくなり、攻撃的な性格にしてしまいます。
    さらには、何かに依存してもその気持ちを抑えられにくくなり、お酒やギャンブルなどの依存症になりやすくします。

    感情を抑えにくくなり、コントロールしにくくもなるので、気力もわきにくくなり、無気力無感情になりやすいです。
    鬱病などの精神に関わる病気は、日常的なセロトニン不足も関係していると考えらます。

    セロトニンを増やすには

    生活リズムが崩れると、セロトニンが不足しやすく、生活リズムを改善するだけで、セロトニンを増やせます。

    ・朝太陽の光を浴びる

    朝起きたときは、すぐに朝日を浴びるようにしましょう。
    目に入る光の量が多いと、セロトニン分泌を促してくれます。
    睡眠中には分泌されないセロトニンは、朝日を浴びると分泌されていきます。
    紫外線を浴びれば、ビタミンD生成を促す効果もあり、ビタミンDはセロトニン生成を助けてくれます。
    さらには、太陽光を浴びれば、体内時計を一度リセットして、生活リズムを整えてくれる効果も期待できます。

    ・運動をする

    ウォーキングやスクワットなどの運動は、セロトニン分泌を活性化させます。
    運動を始めて5分後ぐらいから活性化していき、20分から30分後ぐらいが、活性化のピークです。
    セロトニンの事だけを考えると、30分以上の運動は効果がないですが、体のことを考えると、長く運動するのも良いでしょう。
    日頃運動習慣のない方であれば、ウォーキングなど、負担の少ない運動がおすすめです。

    一定の動きのある運動はセロトニンを分泌しやすくするので、食事でもよく噛んで、顎を動かすのも効果的です。
    顎を動かすのもセロトニン分泌を促し、ガムを噛んでも効果が得られます。


  • フォスフレイクス枕の紹介

    ポリエチレン樹脂の枕

    デンマークにあるフォスフレイクス社の製造した枕であり、快適な寝心地を追求しています。

    ・頭にフィットする

    ポリエチレン樹脂を伸ばして薄くしており、これをフォスフレイクス素材と言います。
    羽毛やそば殻に似たような形状の素材と言っても良いでしょう。
    1つ1つは小さくなっており、頭を枕に乗せると、頭の形に合わせて形状を変化させるので、良く馴染みフィットします。
    まるで頭の一部のように枕が感じられます。
    をフォスフレイクス素材は、1つ1つが不揃いの形や大きさになっているために、それぞれの素材の隙間に空気が入り込み通気性を確保し、熱がこもりにくいです。

    ・復元力

    復元力が高いのも特徴であり、形状記憶並に復元します。
    そのために、頭を置いて枕を圧迫したとしても、弾力性があり、とても寝心地が良くなっています。
    羽毛のように頭を優しく包み込むので、柔らかく使用感が良いです。
    会社の耐久試験では、1万回圧縮したとしても、97%ほどの元の形に復元したと言います。

    ・丸洗いできる

    ポリエチレン樹脂を使っているので、水洗いしても問題なく、丸洗いできる枕であり、清潔に保てます。
    またポリエチレン樹脂なので、虫がわく心配もありません。
    さらには、100回洗ったとしても、その復元力は失われることはなく、ふわふわのクッション性は保たれます。

    繊維状ではないために、枕カバーを除けば、フォスフレイクス素材は埃が出にくいです。
    高密度な素材になっているために、ダニも発生しにくく、清潔に使えます。
    そのために、赤ん坊にも安心して使うことが出来るのです。
    丸洗いできてダニは発生しにくいので、アレルギーのある方でも、安心して使えます。

    洗うときの注意点

    フォスフレイクス枕の素材は、水に浮きやすいポリエチレンとなっており、洗濯機で洗うときは、少しコツがいります。
    特に縦型の洗濯機だと、そのまま枕を洗濯槽に入れて洗うと、沈まずに浮いてしまい、ほとんど洗えないということがあります。

    洗濯機で洗うときは、まずは枕を十分に濡らしてから洗濯槽に入れます。
    またはタオルなどと一緒に洗うと、それらが重りとなり、枕を沈めて十分に洗えます。
    手洗いする時なども、よく水に濡らしてから洗うと良いでしょう。
    洗った後は、素材の隙間の水分も乾かし、良く乾かしてから使うようにします。

    使うときは、羽毛のように弾力性のある枕なので、そのようなふかふかな枕を使いたい人におすすめです。
    埃の出にくい枕や、ダニの発生しにくい枕、丸洗い出来る枕を探している人にも良いでしょう。
    反対に硬いあまり弾力性のないような枕や、そば殻のようなゴツゴツした感触の枕を探している人には、他の素材の枕を使った方が良いでしょう。


  • そば枕の紹介

    そば殻の枕

    そば枕は、素材としてそば殻を使っており、日本人には古くから馴染みのある枕でしょう。
    蕎麦として作るために中身を取り出した殻を選別し、ゴミなどを取り除き、そば殻として枕に使います。
    使用するそば殻は、煮沸消毒や熱風での乾燥をさせており、さらに洗剤で洗浄し、綺麗な状態にして枕に使います。
    このために枕用として市販されているそば殻は、綺麗な状態になっています。

    少し堅めのあまり弾力性のない枕であり、通気性が良く、クッションのように柔らかい枕は好まないという人におすすめです。
    通気性が良いので、枕に熱がこもりにくく、夏なども快適に眠れます。
    高さも自由に調整出来るので、購入したそば枕が、思ったよりも高くても低くても、自分でちょうど良い高さに出来ます。
    ただ蕎麦の殻を使っているので、蕎麦アレルギーの人は使うことが出来ません。

    そば枕のメリットとデメリット

    ・メリット

    通気性があり吸湿性があるので、熱がこもりにくいです。
    そば殻の隙間の部分に空気を吸い込み、通気して吸湿し、夏でも熱がこもりにくいです。
    このような特徴があるので、昔から根強い人気のある枕です。
    またそば殻はずれにくく、一度高さを調節すれば、あまり枕が変形せずに使えます。
    寝返りを打っても変形しにくい枕で、頭を安定させて眠れます。

    枕の高さが合わないと思うならば、枕の中のそば殻の量を調節して、簡単に高さあわせを行えます。
    そば殻を購入すれば、枕に入れて好きなように調節できます。
    また使えばそば殻は粉になっていくので、ある程度予備のそば殻は合った方が良いでしょう。

    ・デメリット

    そば殻という天然素材なので、枕を使用すると、どうしても時間とともに粉になっていきます。
    枕の中でそば殻同士がすりあわされて粉になり、枕の外に飛び出てきます。
    そのために1週間に1回程度は、枕の表面に出てきた粉を、払いのけるなど掃除して綺麗にします。
    可能ならば、年に1回は、枕からそば殻を全部だし、枕とそば殻に付いた粉を取り除くようにします。
    また、粉によってそば殻の量が減るので、時々は追加でそば殻を足した方が良いです。

    天然素材の食べ物の殻なので、どうしても虫は発生します。
    毎日使っているようなそば枕であれば、人間の臭いが染みついて、それほど虫は発生しません。
    しかしもし虫が発生したときは、枕からそば殻を出して、虫を取り除き、日光でそば殻を乾燥させると良いです。
    可能ならば一度水洗いし、乾燥させた方が良いです。
    店頭に置いて売っているそば枕も、虫が発生していることがあります。

    そば枕は、蕎麦の殻なので、蕎麦アレルギーの人は使ってはいけません。
    また使用すると粉になり、枕の表面に粉が出てきて飛び散ることもあるので、喘息の人も使わない方が良いでしょう。


  • パイプ枕の紹介

    パイプを入れた枕

    パイプ枕は、枕カバーの中に短く小さいプラスチック製のパイプを無数に入れており、使いやすいです。
    通気性がとても良く、夏などでも通気性を確保でき、通気性がよいのでカビやダニも発生しにくいです。
    自分の頭の高さに合わせて調節しやすく、また手軽に洗えるので、清潔に保ちやすいです。
    値段に対する性能を考えると、優れた枕と言えますが、パイプに慣れていない人は、使うと違和感があるので、使い方のこつがいります。

    快適に使うコツ

    ・頭にフィットさせる

    購入時は、メーカーがパイプを多く入れてあることもあり、枕に弾力性がさほどなく、頭にフィットしないことがあります。
    そのような場合は、まずはパイプを少し取り出し、枕が変形しやすくして、頭と首にフィットするように調節しましょう。
    首と枕の間の空間が多いと、フィットせず眠りにくくなります。
    それでもフィットしないときは、タオルを敷く、または柔らかいパイプに変えます。

    交換用のパイプが売っているので、自分の好みの堅さのパイプを買って、パイプごと全部交換すると良いです。
    詰め替え用のパイプであれば、1kgほど買うと十分に枕になります。
    プラスチックやポリエチレンのパイプが多いですが、ある程度弾力を求めるならば、エラストマーというゴムで出来たパイプもあります。
    ストローを切ってパイプ代わりにするのは、すぐ劣化するので止めた方が良いでしょう。

    ・枕がずれる

    眠っていると、枕がずれて眠りにくいときは、逆にパイプの量を増やします。
    増やすことで、枕が変形しにくくなり、頭を乗せても枕が動かず、快適に眠れます。
    しかしそれでも枕が動いてずれるときは、安定しやすい構造のパイプ枕に変えてみましょう。
    パイプを小分けに袋に入れて、枕カバーで覆っているような製品は、枕がずれにくくなっています。

    洗濯方法

    パイプ枕は、プラスチックのパイプを使っているので、洗うのもそれほど大変ではありません。
    手洗いするときは、冷たい水か温めのお湯を使い、バケツなどで洗うと良いです。
    汚れが酷いときは、30分か1時間つけ置きすると、汚れが落ちます。
    洗った後はしっかりすすぎ洗剤をよく落とし、よく乾かしておきましょう。
    洗濯機でも洗うことができ、枕カバーを外してそのまま洗濯できます。
    ただパイプを入れている袋が破ける可能性があるので、洗濯ネットに入れて洗った方が良いでしょう。

    洗った後の乾かし方は、袋からパイプを取り出して乾かしても、そのまま枕ごと乾かしても問題ありません。
    ただ日光で乾かすと、熱でパイプが変形する可能性があるので、あまり熱すると良くありません。
    また、パイプの中に水が入るとなかなか乾かないので、パイプは枕から取り出して、乾かした方が無難でしょう。