• カテゴリー別アーカイブ 睡眠コラム
  • メジャースリープとは

    長いまとまった睡眠のメジャースリープ 熟睡して体を十分に休めるには、8時間眠るのがよい、夜10時から翌2時までの間に眠るのが良いなどと言われてきましたが、最近になってこれが間違っていることがわかってきました。 ただ人間が熟睡するには、ある程度まとまった睡眠を行うのが良く、これをメジャースリープと言います。 つまり眠り方の事を意味しており、1日8時間眠るにしても、夕方と夜に4時間ずつ眠るよりも、夜か…


  • うとうと時のビクツ!「ジャーキング」について

    ジャーキングとは? ウトウトと居眠りしている時などに、瞬間的に体が動きビクっとなる症状をジャーキングと言います。 入眠時のぴくつきやひきつけなどとも言われます。 ジャーキングの起こる部分は、頭や足など人により違い、また回数も1回や数回連続するなど、これも人それぞれです。 年齢も問わず起こる現象ですが、成人してから体験する人が多く、成人の6割程度が体験したことがあります。 強いストレスを抱えるとき、…


  • グリシンと快眠効果

    グリシンはアミノ酸の1つ アミノ酸は私たち人間の健康に欠かせない物質であり、体内で生成できる非必須アミノ酸と生成できない必須アミノ酸があります。 グリシンは、非必須アミノ酸の1つであり、体内で生成される物質です。 このグリシンは、最近まであまり注目されることがなく、体内で生成できるので、特に意識することも少ないです。 しかし、最近になり、グリシンは睡眠の質と関わりがあるとわかってきており、眠りの質…


  • オルゴールの睡眠効果

    自律神経を整える効果 人間の耳は、一定の周波数の音しか聞くことが出来ませんが、高周波や低周波など耳が音として認識できない範囲の音は、脳幹を活発にする働きがあります。 この活発にするのに最適な音が、オルゴールの音と言われます。 脳幹は自律神経の働きを整える、ホルモン分泌を行うなどのことをしており、脳みその中の脳幹からホルモンは出ていき、体全体に巡り渡ります。 脳幹の働きが悪いと、自律神経は乱れていき…


  • 腸内フローラと睡眠の関係について

    腸内環境と睡眠の質 睡眠の質は、あまり知られてはいませんが、腸内環境も関係しています。 深い眠りを得るならば睡眠環境を整えるなどの他に、腸内環境も整えると良いです。 睡眠ホルモンとも言われるメラトニンは、脳内で分泌され、朝陽を浴びると分泌が減り、夜に近づくと分泌が増えていき、眠気を感じるようになります。 メラトニンは、セロトニンを材料として生成され、セロトニンはアミノ酸の1つであるトリプトファンを…


  • セロトニンと睡眠の関係について

    神経伝達物質 セロトニンは神経伝達物質の1つであり、ノルアドレナリンやドーパミンなどと同じ種類の物質です。 興奮や好奇心などを司る神経伝達物質の中でも、セロトニンは、精神を安定させる役割があると言われています。 セロトニンは物質の1つなので、増やすことも減らすこともでき、体で不足すると以下のようなことが起こります。 ・眠りの質が下がる 不足すると精神のバランスが崩れるために、体がリラックスせずに、…