グリシンと快眠効果

グリシンはアミノ酸の1つ

アミノ酸は私たち人間の健康に欠かせない物質であり、体内で生成できる非必須アミノ酸と生成できない必須アミノ酸があります。
グリシンは、非必須アミノ酸の1つであり、体内で生成される物質です。
このグリシンは、最近まであまり注目されることがなく、体内で生成できるので、特に意識することも少ないです。
しかし、最近になり、グリシンは睡眠の質と関わりがあるとわかってきており、眠りの質を変えたい人に良いアミノ酸と言えます。

2002年に行われた実験によると、グリシンとプラセボ効果も見るために、偽の薬を用意し、グリシンを摂取した被験者が、怠惰感が改善されたという結果が出ました。

快眠効果のあるグリシン

グリシンには快眠効果があることがわかっており、これにより睡眠の質を高め、疲れを取りやすくしてくれます。
寝付きが良くなって眠りやすくなり、しかも眠りも深くなります。
眠っている時は、内臓など体の深い部分温度は下がり、温度が下がることよって、熟睡できます。
逆にこのような深い部分の体温が下がっていかないと、熟睡を妨げます。

グリシンは、血管を拡張させ、それにより体温放熱を促していき、体の深い部分の温度を下げます。
血液循環を高めていき、末端まで血液が流れていき、体の末端が放熱版のような役割を果たして、体温を下げます。
グリシンを摂取していけば、眠りやすくなるのです。

さらには眠りの質を上げることも期待できます。
人が眠ると、ノンレム睡眠とレム睡眠を繰り返しますが、最初の3時間のノンレム睡眠が、睡眠の質には重要だと言われます。
この3時間でのノンレム睡眠の状態のときに、一番深い眠りに入るために、3時間の中でのノンレム睡眠が少ないと、いくら長く眠っても熟睡した気になりません。
グリシンは、ノンレム睡眠とレム睡眠それぞれを整える働きがあり、深い眠りに入るまでの時間を短くして、熟睡しやすくしてくれます。

グリシンは眠りの質をあげて、熟睡したい方には良い物質であり、肉類や魚介類、乳製品など多くの食べ物に含まれます。
バランスの良い食事を心がけると、グリシンも摂取でき、鰹節やきなこ、ピーナッツなどにも含まれます。
特にこの食べ物を積極的に食べるべきと言うことはないですが、栄養バランスを考えて食べれば問題ないです。
普段の食事をしていれば、グリシンは不足なく摂取できます。

ただ意識して摂取するならば、眠る前に牛乳にきな粉を入れて飲むと良いです。
ココアや牛乳だと、手軽にグリシンを摂取できるので、おすすめです。
または夕食にエビやイカとチーズを料理に使う、しらすと鰹節を使うなどして、夜ご飯に食べれば、眠る前にグリシン体に取り込んで、睡眠の質を上げてくれるでしょう。


コメントは受け付けていません。