腸内フローラと睡眠の関係について

腸内環境と睡眠の質

睡眠の質は、あまり知られてはいませんが、腸内環境も関係しています。
深い眠りを得るならば睡眠環境を整えるなどの他に、腸内環境も整えると良いです。
睡眠ホルモンとも言われるメラトニンは、脳内で分泌され、朝陽を浴びると分泌が減り、夜に近づくと分泌が増えていき、眠気を感じるようになります。

メラトニンは、セロトニンを材料として生成され、セロトニンはアミノ酸の1つであるトリプトファンを材料にして作られます。
つまり大元となるアミノ酸のトリプトファンがあると、メラトニンが作られて、そのメラトニンによって深い眠りに入れます。
メラトニンは、睡眠の質に関係するので、多いと質の良い眠りが行えるのです。

食事からトリプトファンは摂取することが出来ますが、セロトニンにするためには、ビタミンが必要となり、多くのビタミンを使います。
それは腸内でビタミンを吸収し、そのビタミンを使い、トリプトファンにしていきます。
そのために、沢山のビタミンを摂取するのが良いですが、いくら野菜やサプリメントでビタミンを摂取しても、腸内で吸収できないと、そのまま体外に出て行ってしまいます。

ビタミンを効率よく体に吸収するためには、腸内環境を整える必要があり、いくら沢山ビタミンを摂取しても、腸内環境が悪いと、ビタミンの吸収を悪くしてしまいます。
腸内環境を整えるのに必要となってくるのは、腸内細菌の1つである腸内フローラです。

腸内フローラについて

腸内フローラは、腸内にいる細菌たちのことであり、腸内細菌叢とも言われます。
特定の細菌のことを指すのではなく、腸内にいる細菌の状態を言います。
通常腸内には、善玉菌と悪玉菌がおり、また腸内環境によりどちらかに変化する日和見菌がいます。
腸内には100種類以上もの細菌が生息し、その数は100丁以上とも言われます。
腸内の細菌がコロニーを形成し、そのコロニー群の状態が顕微鏡で見るとお花畑のように見えることから、腸内フローラと言われます。

腸内環境を整えるには、まずは栄養バランスの良い食事が大切です。
栄養が偏ると、腸にも栄養が不足し、腸内環境が悪化してしまい、悪玉菌が増えていきます。
腸には、食物繊維やオリゴ糖などを摂取するとよく、これらは善玉菌の栄養となります。
乳酸菌の多い食べ物を摂取しても良いでしょう。
グルタミンも腸内で栄養源となるので、肉や魚などをバランス良く食べると良いです。

運動することも腸内環境を改善します。
運動すると血行を促進するので、腸にも血液が巡りやすくなり、酸素や栄養が腸に多く届き、腸内環境を改善します。
運動する習慣のない人は、軽い運動からでも良いので、ある程度まとまった時間運動すると良いでしょう。


コメントは受け付けていません。