うとうと時のビクツ!「ジャーキング」について

ジャーキングとは?

ウトウトと居眠りしている時などに、瞬間的に体が動きビクっとなる症状をジャーキングと言います。
入眠時のぴくつきやひきつけなどとも言われます。
ジャーキングの起こる部分は、頭や足など人により違い、また回数も1回や数回連続するなど、これも人それぞれです。

年齢も問わず起こる現象ですが、成人してから体験する人が多く、成人の6割程度が体験したことがあります。
強いストレスを抱えるとき、眠る体勢が悪いときなどに発せしやすく、入眠時の眠りの浅いとき以外にも、完全に眠っているときにも起こります。
大きな音や声を聞くときにも起こりやすく、外部からの刺激によって発生することもあります。
ただこれは睡眠時の現象であり、病気ではありません。

ジャーキングの起こる原因

・入眠時

睡眠はノンレム睡眠から始まり、レム睡眠に移っていき、2つを繰り返します。
ノンレム睡眠の時は、脳を休めて体をメンテナンスしている時であり、脳みそは休息し、筋肉の力は抜けていきます。
この状態になると、脳みその働きが不安定になり、間違った指令を受けるために、体が動いてしまいます。
肉体や精神の疲れも関係していると考えられており、特に外部から刺激を受けると、とっさに脳みそに命令が伝わり、体が動きます。
脳みそが不安定になり、高いところから落下していると錯覚するために、体を反射的に動かすこともあります。

・レム睡眠

深い眠りに入っているレム睡眠時も、ジャーキングは起こります。
この状態の時は、起きているときに得た情報を整理する時間であり、脳みそは活発に働き、夢も見ます。
レム睡眠のジャーキングは、高いところから落ちる夢を見ているときに起こりやすく、夢を現実だと勘違いすると、体を動かして、落ちないようにと反射的に動きます。

アロマで快眠

ジャーキングの酷いような方は、周期性四肢運動障害という病気の可能性があり、一度診察を受けると良いでしょう。
睡眠しても、足の痙攣や肘を曲げて伸ばす運動を繰り返すので、睡眠を邪魔します。
病院に行くと、ジャーキングがどれぐらいの割合で発生するか検査し、病気かどうか判断します。
必要であれば、治療を受けることになります。

ジャーキングにしても、疲労やストレスによって発生することもあります。
そのために、これらの原因と取り除くと、ジャーキングが起こらなくなることもあります。
快適に眠るにはアロマを使うのもよく、リラックスさせて集中力を高めて、眠りやすくしてくれます。
アロマは入眠を促す効果もあるので、眠りに入りやすくして、深い眠りを誘います。
アロマの種類によっても、リラックスしやすくしてくれる、眠りやすくしてくれるなどあるので、目的に応じたアロマを使うと良いでしょう。


コメントは受け付けていません。