メジャースリープとは

長いまとまった睡眠のメジャースリープ

熟睡して体を十分に休めるには、8時間眠るのがよい、夜10時から翌2時までの間に眠るのが良いなどと言われてきましたが、最近になってこれが間違っていることがわかってきました。
ただ人間が熟睡するには、ある程度まとまった睡眠を行うのが良く、これをメジャースリープと言います。

つまり眠り方の事を意味しており、1日8時間眠るにしても、夕方と夜に4時間ずつ眠るよりも、夜から8時間眠った方が良いのです。
まとまったコアな眠りの時間帯を作ると、睡眠に一定の構造が表れ、これがメジャースリープと呼ばれています。

入眠から3時間の間に、脳みそを休めるノンレム睡眠の中でももっとも深い眠りに入り、時間が経つにつれて眠りは浅くなっていきます。
また入眠から90分の周期で、ノンレム睡眠とレム睡眠が交互にサイクルになって表れます。
メジャースリープはこのような睡眠の構造を保ち、最初の3時間の深い眠りは、脳みその中でも大脳皮質を休めるのに需要だと言われます。

深い睡眠では、成長ホルモンも分泌され、細胞修復やタンパク質同化などに使われるホルモンで、お肌を美しくみずみずしく保つにも役立ちます。
皮膚の細胞修復も行うために、睡眠から3時間ぐらいの間に分泌されます。

昔は、夜10時から翌2時までの間の間に眠るようにして、この時間帯をゴールデンタイムといい、この時間帯に眠ると、成長ホルモンが分泌されると言われてきました。
この時間帯以外に眠ると、成長ホルモンが分泌されないので、お肌には良くないとも言われていました。
しかし最近になる、どの時間に眠っても、睡眠から3時間ぐらいの間に、成長ホルモンは分泌されるとわかってきています。

居眠りはメジャースリープを崩す

メジャースリープを行って質の良い睡眠をするには、まとまった時間だけ眠らないとなりません。
睡眠時間が短い、または短い時間だけ繰り返して眠ることはメジャースリープを崩します。
また夜眠る方であれば、日中に昼寝などすると、夜の睡眠の質を下げることになってしまい、多くても30分以内の昼寝にしましょう。

深い眠りが出来なくなると、体の深い部分の体温が下がらず、これによって脳みそや体が十分に休めず、疲れが残ってしまいます。
夜長い時間眠っても疲れが取れないのは、昼寝などが原因かもしれません。
ただ日中でも昼寝や休憩をしたいというならば、30分以内であれば構いません。
日中の少しの休みは、頭を休めて集中力を高めるので、仕事の効率を上げるのに役立ちます。
また、夜眠るにしても、いくらメジャースリープを意識しても、寝具が体に合わない、熱すぎる寒すぎるなどは睡眠を妨げるので、睡眠環境も意識すると良いです。


コメントは受け付けていません。