オルゴールの睡眠効果

自律神経を整える効果

人間の耳は、一定の周波数の音しか聞くことが出来ませんが、高周波や低周波など耳が音として認識できない範囲の音は、脳幹を活発にする働きがあります。
この活発にするのに最適な音が、オルゴールの音と言われます。
脳幹は自律神経の働きを整える、ホルモン分泌を行うなどのことをしており、脳みその中の脳幹からホルモンは出ていき、体全体に巡り渡ります。

脳幹の働きが悪いと、自律神経は乱れていき、ホルモンも少なくなり、睡眠にも悪い影響を与えます。
逆に脳幹の働きを活発にすると、自律神経を整え、ホルモンも沢山分泌するようになるので、睡眠しやすくなり、質の良い睡眠に繋がります。
オルゴールの音によって、脳幹を刺激し、脳幹への血流を改善し、睡眠改善にも繋がります。

オルゴールの音と睡眠の質

高周波や低周波の音は、喧噪のある都会ではほとんど発生せず、森や川など、自然が多く静かな場所に行かないと、そのような音は感じられません。
音として耳が感じることは出来ませんが、脳みそは確実にそのような音は体感します。
そして、川のせせらぎの音や、鳥のさえずりの音は、人が聞けば心地よいと実感し、森林浴などを楽しむ人もいます。

そのような音は人をリラックスさせてくれて、実はオルゴールもこれらの音と同じなのです。
ただオルゴールの音でも、CDやパソコンなどだと、すでに加工されており、高周波や低周波部分がカットされています。
オルゴールの音を聞くならば、オルゴールそのものから発する音を聞くようにすると、睡眠にも良いでしょう。

人工的な音の周波数は、20~2万Hzと、人間が実際に音として関知できる範囲の周波数しかないです。
音として聞こえない部分の周波数は無駄となり、また人工的な音のデータにすると、データ容量が多くなるために、無駄な部分はカットして削除しています。
しかし、オルゴール本体から発する音の周波数は、3.75~10万2千Hzとなっており、人間が音として聞こえない周波数帯も含まれるのです。

オルゴールの音を聞くと、脳幹が刺激され、ホルモン分泌を促してくれます。
その分泌されるホルモンは、何も眠りに関するものばかりでなく、生活で必要となるホルモンも分泌されます。
このために、オルゴールの音を聞くと、生活で必要となるホルモン分泌を促し、それは健康に関わるホルモンも多くあるので、健康を促進するのにも役立ちます。
脳幹は副交感神経にも関わっているので、活発にすると、副交感神経を優位にして、体をリラックスさせてくれます。
脳幹を活発にすることは、睡眠の質を改善するばかりでなく、総合的に健康にも良いのです。
睡眠前にオルゴールを聞くほかにも、日常的に聞くと良いでしょう。


コメントは受け付けていません。