セロトニンと睡眠の関係について

神経伝達物質

セロトニンは神経伝達物質の1つであり、ノルアドレナリンやドーパミンなどと同じ種類の物質です。
興奮や好奇心などを司る神経伝達物質の中でも、セロトニンは、精神を安定させる役割があると言われています。
セロトニンは物質の1つなので、増やすことも減らすこともでき、体で不足すると以下のようなことが起こります。

・眠りの質が下がる

不足すると精神のバランスが崩れるために、体がリラックスせずに、不安定となり、睡眠の質を下げます。
体が興奮しやすくなってしまい、また睡眠に関わるホルモンのメラトニン生成の材料ともなるために、眠りにくくなる、睡眠が浅くなるなど起こります。

・感情に関係する

セロトニン不足は、精神を不安定にして、興奮してもその気持ちにブレーキをかけられなくなります。
そのために、怒りっぽくなる、情緒不安定になるなどして、さらには集中力も欠きやすくなります。
ノルアドレナリンなどの抑制にも関わるので、セロトニン不足は、怒りやすくなり、攻撃的な性格にしてしまいます。
さらには、何かに依存してもその気持ちを抑えられにくくなり、お酒やギャンブルなどの依存症になりやすくします。

感情を抑えにくくなり、コントロールしにくくもなるので、気力もわきにくくなり、無気力無感情になりやすいです。
鬱病などの精神に関わる病気は、日常的なセロトニン不足も関係していると考えらます。

セロトニンを増やすには

生活リズムが崩れると、セロトニンが不足しやすく、生活リズムを改善するだけで、セロトニンを増やせます。

・朝太陽の光を浴びる

朝起きたときは、すぐに朝日を浴びるようにしましょう。
目に入る光の量が多いと、セロトニン分泌を促してくれます。
睡眠中には分泌されないセロトニンは、朝日を浴びると分泌されていきます。
紫外線を浴びれば、ビタミンD生成を促す効果もあり、ビタミンDはセロトニン生成を助けてくれます。
さらには、太陽光を浴びれば、体内時計を一度リセットして、生活リズムを整えてくれる効果も期待できます。

・運動をする

ウォーキングやスクワットなどの運動は、セロトニン分泌を活性化させます。
運動を始めて5分後ぐらいから活性化していき、20分から30分後ぐらいが、活性化のピークです。
セロトニンの事だけを考えると、30分以上の運動は効果がないですが、体のことを考えると、長く運動するのも良いでしょう。
日頃運動習慣のない方であれば、ウォーキングなど、負担の少ない運動がおすすめです。

一定の動きのある運動はセロトニンを分泌しやすくするので、食事でもよく噛んで、顎を動かすのも効果的です。
顎を動かすのもセロトニン分泌を促し、ガムを噛んでも効果が得られます。


コメントは受け付けていません。